名言DB

9412 人 / 110637 名言

菊池功の名言

twitter Facebook はてブ

菊池功のプロフィール

菊池功、きくち・こう。日本の経営者。ロボットエンジニアリングの上場企業・安川電気社長・会長。大分県出身。慶應義塾大学工学部卒業後、安川電機に入社。

菊池功の名言 一覧

玄人筋がうなる商品を作りさえすればよいという技術志向一本やりの商売はとっくに通用しなくなっている。市場の動向を読み取り、業績の拡大につなげていくのが課題だ。


菊池功の経歴・略歴

菊池功、きくち・こう。日本の経営者。ロボットエンジニアリングの上場企業・安川電気社長・会長。大分県出身。慶應義塾大学工学部卒業後、安川電機に入社。

他の記事も読んでみる

原谷隆史

ストレス状態が続いて解消できない場合には、上司や同僚、家族などに相談してください。それでも改善しないときは産業医などの専門家に相談してください。病気の可能性が疑われるときは早めに精神科や心療内科を受診して、診断、治療を受けることが大切です。


中西宏明

グローバルに戦うのは、非常にハードルが高い。本社に寄って俺に報告なんかしなくていいから、世界で勝っていく方法を考えろ、と思っています。


高杉晋一

運命学者が言うように、人間には自分の努力によって開くことのできる「後天運」というものがある。人間には知恵があり、考える力があり、さらにいろいろの教えがある。道徳は人間生活の破たんを未然に防ぐためにあるし、精神の救いには宗教がある。人間はこうしたものによってある程度自分の運命を開くことができる。


井上聡(経営者)

ボリビアで出会った貧しいアルパカ農家の人々はとても明るく、ずっと人間らしい生活を送っている。我々のほうがむしろ、人間らしさを失ってしまっているような気がしています。エコノミーはすっかり不自然になってしまっており、各地でひずみを生み出している。それはやはり「常に上を目指すべき」という発想が原因だと思うのです。


木島洋嗣

シンガポール日本人会のクラブハウス部長の仕事は本当に地味です。電球を取り換えたり、壊れた自動ドアの修理を手配したりします。ただ、コンサルタントの仕事というのは、あの人に相談してみようと思われないと始まらないし、何より「木島さんのおかげで助かったよ」と言われると、自分も嬉しい。
【覚書き|シンガポールの日本人関連の組織で率先して働いていることについて語った言葉】


和田毅

思うようにいかない日々がないと、きっと楽しい明日もないはず。


八木原保

うちの会社が残ってこられたのは、素材にこだわり、デザインにこだわり、クオリティの高い商品づくりに徹してきたから。


吉越浩一郎

決断するときの最後の判断基準は「やりたいのか、やりたくないのか」ということです。仕事では何をするにも必ず抵抗が出てきますから、最後は「何が何でもやりきるんだ」という気持ちを持ち続けることが仕事を完成させる秘訣でしょう。私はよく冗談で「成功するまでやれば成功する」なんていっています。


鈴木章

面白いと思うことがあったら、報酬はあまり関係がありません。仕事のしがいがあると判断したら、外国だろうと、どんどん出ていくべきです。若い人にはそのことを伝えたいと思います。


桑原祐

複数人のチームで動く、あるいは部門をまたいで仕事をするといった場面では、議論を全員が理解できる形にしなければ納得は得られません。スピードの面だけではなく、チームが一丸となって同じ方向に向かうためにも、ロジカルシンキングは重要です。


戸田利兵衛(二代目)

建設産業はある面からみれば受注産業の枠から出られない宿命的な産業であり、経営規模もいたずらに大を望むべきではない。【覚書き:建設業界に対する持論を語った言葉。この後に時流が変化した場合、この考え方に固執するのは成長機会を逃すことに繋がるとも語っている】


西本智実

筋力という点ではやはり男性との差をよく感じさせられました。でも、女性ということでメディアに紹介される機会もありましたからね。女性でよかったか悪かったかという点では、五分五分ということでいいのではないでしょうか。


佐々木毅

メディアの関心がいま起きていることに向くのは仕方がないことだと思います。ただ、「時間軸」と私は呼んでいますが、これを長くとる、あるいは短くとることで差別化する動きがメディアごと、あるいは一つのメディアの中であっていいと思うんです。そうしなければインターネット上のニューメディアに既存メディアは全て持っていかれるかもしれません。視線を複合化して奥行き、懐の深さを持つことが、メディアの一つのあり方ではないかと思います。


平山啓行

当社の成長の原動力は人です。大切なのは「義理」「人情」「浪花節」ですから。


宮内義彦

株主重視経営とは、株主から評価されることを最優先する経営のことです。どうしたら評価されるかと言えば、株主が望むことを実現すればいいわけです。しかし、ここでいう「株主」とはいったい誰のことを指しているのでしょうか。短期的に株価が上がることを喜ぶ株主もいれば、何年も株式を保有して中期的な利回りや値上がりを追求する株主もいます。重要なことは、あらゆる株主の要求にすべて応えることは不可能だということです。