名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

菅野敬一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

菅野敬一のプロフィール

菅野敬一、すがの・けいいち。日本の職人、経営者。航空機部品とその技術を応用した鞄や各種ケースなどを製造するエアロコンセプト社長。東京出身。早稲田実業高校卒業後、祖父が創業した菅野製作所に入社。後を継ぎ社長に就任。バブル崩壊に伴い倒産。同社を再建しエアロコンセプトを創業。航空機部品の技術を応用した鞄は世界で高い評価を得た。

菅野敬一の名言 一覧

若い世代に技術を伝えるのが自分の最後の役目です。若い職人に、「自分が信じたことなら、失敗を恐れず一度はチャレンジしろ」と言っています。


バイヤーから「ここに仕切りを増やしてほしい」とか「バッグをもう少し厚く」と頼まれるのですが、断っています。多く売れなくてもいい。それよりも自分が考えている良さが削がれる妥協のほうがよほど恐ろしい。


負債を抱え、死ぬしかないと追いつめられたとき、「生きている間に自分の欲しいものを、唯一自分に残った板金という技術で作ろう」と考えました。
【覚書き|エアロコンセプトを始めたきっかけについて語った言葉】


ライカのシャッター音のようにしたくて。ラチェットのバネの強さを調整するなど、この部分を完成させるためだけに半年くらいかかりました。
【覚書き|自社の鞄へのこだわりについて語った言葉】


菅野敬一の経歴・略歴

菅野敬一、すがの・けいいち。日本の職人、経営者。航空機部品とその技術を応用した鞄や各種ケースなどを製造するエアロコンセプト社長。東京出身。早稲田実業高校卒業後、祖父が創業した菅野製作所に入社。後を継ぎ社長に就任。バブル崩壊に伴い倒産。同社を再建しエアロコンセプトを創業。航空機部品の技術を応用した鞄は世界で高い評価を得た。

他の記事も読んでみる

鐙雅也

本業ではお客さんのモノを作っていて、自分のモノを作る機会がなかったんです。お店(ネットショップ)を持ったことで、自分の作品を世に出せて、売ることもできた。本業とは別のやりがいを手にした感じです。自分のデザインしたTシャツを見知らぬ土地の人が着てくれている。うれしいですね。今後は販路を拡大してセレクトショップに置いてもらったり、新しいデザインにも挑戦したいと思っています。


齋藤茂(経営者)

売れるゲームと売れないゲームの違いですか。それは難しい質問ですね。ただ、いえるのはクオリティは大切だということ。さらにもっと大切なのは納期。ゲームの元ネタである漫画、テレビ、映画が流行っているときにゲームを売らなければならない。それらが下火になったときに出しても全然売れない。クオリティがいくらよくても、またゲームとしての評価が高くても、商売としてはダメなんです。


星野佳路

20年近く前の話になりますが、当時運営していた長野・軽井沢の旅館では、従業員に働き続けてもらうために「宴会」を請け負うのをやめました。酔っ払ったお客様が失礼な態度を取り、それが嫌で辞めていく社員が続出したことが一因です。


テリー伊藤

私は部下たちと楽しい話しかしていない。若い彼らは、私とは違う音楽を聴いて育ち、違う映画や漫画を見て、違うファッションを楽しんできた世代だ。私が知らない素敵なことをたくさん知っている。そういう社員たちに私が何か正しいことを教えようとしたり説教をしたりするのではなく、逆に私に面白いことをたくさん教えてほしい。


的場文男

大井競馬場の周りも、今は高層マンションやビルばっかりになりましたけど、昔は馬場から富士山が見えたんですよ。僕は富士山が好きでね。若いころは苦労しても、がむしゃらに頑張って、じわじわとでも上に向かっていこうと。いつかは富士山のように自分も日本一になれるように、できることは精一杯やってきたつもりです。


竹内規彦

「仕事ができる」とは、どういうことなのでしょうか。「できる」という言葉は評価を含んでいるわけです。評価には自己評価と他者評価がありますが、この他者評価を本人がどれだけコントロールできるか、つまり極端に言えば「本当に仕事ができるかどうか」に加え、「できるように見えているかどうか」を自己管理することが重要です。


岡崎太郎

以前手がけたダイエット食品「いちごミルクダイエット」は月商1億円の大ヒット商品になりました。「ダイエットとあり得ない組み合わせの言葉はなんだろう」とか、「ダイエット食品はおいしくないから続けられない。では甘くておいしい味なら……」と連想していく中でアイデアが生まれました。


鈴木喬(経営者)

今の若い人はとても優秀です。これ以上勉強する必要はありません。相手を恫喝する。危なくなったら逃げる。捕まったら死んだふりをする(笑)。そんなハッタリやケンカの仕方を学んだ方がいい。そういうメンタルタフネスの根底にあるのは、基本的には体力です。自分は絶対死なない。そう思った方が勝ちますよ。


鳥居勝幸

私がよく言うのは、「交渉とは勝ち負けではない」ということです。売り切ってしまえばもう2度と会わない相手なら「勝ち逃げ」でもいいかもしれませんが、法人営業はそうではありません。お互いに安定した良好な関係を築き、長期にわたって利益を分かち合うのが法人と法人の付き合いです。私も会社を経営していますが、少しくらい値段が安くても、土壇場で手のひらを返すような企業とは怖くて取引できません。


米澤穂信

もう少し、もう一声できたかもしれないのに、自分が頑張れなかったから、「まぁこんなものか」で本を出してしまうというのは、読者に対して不誠実。でもそれ以前に、小説の登場人物たちにとって申しわけない。


石川太郎(石川彌八郎聖豊)

物欲がまったくないんです。上を見ればキリがないですからね。いまはレストラン経営は順調ですが、当社の歴史を振り返れば酒造部門も浮き沈みの繰り返しです。先代が事業に失敗し、次代は借金を返すのに精一杯ということもありました。一寸先は闇。それを知っているから、むやみに物を買う気になれないのです。


大塚寿

プレゼンでは中身が伝わればそれでいいわけではなく、相手の立場に立った伝え方をすることも大事です。たとえば「わかりやすい言葉で話すこと」や、「相手が具体的にイメージできるよう話すこと」「リラックスした楽しい気分で、話が聞ける雰囲気を作ること」などが求められるわけです。自分本位ではなく相手本位で考えれば、伝わる工夫はいくらでも生まれてきます。