名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

菅野寛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

菅野寛のプロフィール

菅野寛、かんの・ひろし。日本のコンサルタント。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。東京工業大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。カーネギー・メロン大学でMBAを取得。日建設計、ボストン・コンサルティング・グループを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

菅野寛の名言 一覧

本人に学ぼうという主体的な意欲がないかぎり、育成はムリです。


学んだら、具体的にアクションをどう変えるのかというところまで考えるクセをつけることが大事です。


「成功の必勝法」があるなどという前提でいたら、もうその時点で失格です。万人に共通の成功の型なんてありません。みんな同じ「必勝法」をやれば、それこそ同質化競争に陥りますから。


学生には、「ビジネスというのは、卒業して社会に戻ればただちに成功させることができるなどという、甘いものではない」ということを、たびたび話すようにしています。もちろん、分析の武器としての「サイエンス」の習得は必要です。しかし、武器の使い方を覚えても、戦いに勝てる保証はありません。


経営者の育成のためには、修羅場を実際に体験させることが効果的です。情報が不完全で論理的な解決策もない、反対・抵抗する人も多い、というものすごいプレッシャーのなかで意思決定を下していかなければならない場を与えるのです。こうした経験を経ないと、立派な経営者にはなかなか育ちません。


修羅場に直面したとき、「自分は社会正義のために事業をしている」とか「この事業を通じて人々の生活が楽になる」とか、そういう使命感があれば、どんなにつらくても頑張れるものです。


私は、ビジネスには責任感と高い志の両方がなければダメだとみています。志だけなら自分の夢を追求しているにすぎず、利己的です。従業員や顧客や社会に対する責任にどこかで気づかないと、長続きしません。また、志だけの場合、周りがついてこない。自分さえ金持ちになればよいと思っていたら、それはどんなに隠しても、たいてい周りに伝わります。


ビジネスという競争の世界では「がんばれば報われる」と言うけれど、そもそも競争の土俵に上がりたくても上がれない人がいるということまで考えられる人になるよう、学生たちを徹底的に教育しています。


学びには、「ノウイング(knowing)」「ドゥイング(doing)」「ビーイング(being)」という三つの面があります。

  1. 「ノウイング」は文字通り、「知っている」ということ。たとえば、「財務諸表の読み方を教わったので知っている」の「知っている」です。
  2. 「ドゥイング」は「する」。「知っている」だけではなく、それを実際に「する」ことです。「ノウイング」で終わってしまう教育は話にならない。「ドゥイング」もしなければなりません。
  3. 「ビーイング」とは、「人となり」「人としてのあり方」とでも言えばよろしいでしょうか。人間性の側面まで踏み込むのが「ビーイング」の教育です。

経営はスポーツ同様、理屈は一応分かっている必要がある。理論、つまり「サイエンス」の部分です。しかし、理屈だけ分かっていてもできるようになるわけではない。実地のトレーニングが必要です。経営の場合、実地でできなければ、ケーススタディを通して疑似体験をする。スポーツでは、オリンピックで金メダルを目指すくらいになると素質も必要かもしれませんが、経営のスキルを磨くにはそこまでハイレベルの素質が要るとは思えません。トレーニングを積めば積むほど、スキルは向上するものです。


私は大学の教員になる前、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)で17年ほど経営コンサルタントの仕事をしていました。当初はコンサルティングに必要とされるさまざまな分析手法をなかなか習得できずに苦労しましたが、そのうち難しい分析手法もこなせるようになりました。それはそれでよいのですが、実は経営コンサルタントにとってこの時期が一番危ないのです。難しい理論にも分析にも精通し、自分は一人前のコンサルタントだと思いこんでしまう。人によっては、コンサルタントの仕事をやめてすぐにでも経営者になれるという者まで出てくる。しかし、分析のテクニックに優れているということと、実際に企業を経営して成果を出すということとは、異なる次元の話です。このことに気づいていないのは、経営コンサルタントとして一皮むけていない証拠。


経営者は「育つ」のであって、他人が「育てる」ものではありません。一人称、つまり自分自身の意志や努力で育つべきであり、誰かが自分を育ててくれると考えているようでは、まともな経営者になれないでしょう。経営者自身に学ぶ姿勢が必要なのです。


「経営者の才能は先天的な資質である」と主張する方がおられます。しかし、私はその立場を採っていません。いろいろな経営者の方とお話させていただくと、むしろ「経営者は育つ」とい意見のほうが多い。そもそも社会人になる20代の前半から経営者としての能力がフルセットある人などいるでしょうか。皆、血ヘドを吐くほど修羅場の経験を積みながらスキルをだんだんと学び覚えていくうちに、立派な経営者になるのです。


菅野寛の経歴・略歴

菅野寛、かんの・ひろし。日本のコンサルタント。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。東京工業大学工学部卒業、同大学院修士課程修了。カーネギー・メロン大学でMBAを取得。日建設計、ボストン・コンサルティング・グループを経て一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授に就任。

他の記事も読んでみる

ジョセフ・スティグリッツ

まずは規模の大小が問題にならない分野を産業単位や企業単位で見つける必要があります。グローバリゼーションは、かつては小国の市場規模では無理だったことを可能にしました。


池田輝彦

一過性の特殊要因もあり、経費は増大しています。ただし、戦略に対する投資も行わないといけません。必要なシステム投資や人員増は積極的に行っています。


伊藤喜之

バカキャラを前面に出したら、ちょっとしたことが好評価されるようになり、「なんだ、じつは頭いいじゃん!」とよく言われるようになりました。以前はバカがコンプレックスでひたすら隠していましたが、ウリにしたら逆にバカにされなくなったんです。


森下篤史

人との接し方とか考え方は、実はクセがある。そこで、うちでは肯定語を言う訓練をしています。朝礼のとき、笑顔で「任せてください」「いますぐやります!」「何でも聞いてください!」なんて、みんなで唱和します。すると、卵と鶏のどっちが先という話ではないけれど、何か頼まれるとすぐ嫌な顔で「いますぐですか?」と言う奴が、自然と肯定的な言葉を身につけます。


牛尾治朗

求められるのは、精神的な高さです。人間関係や生活の場面などで、高い精神性が尊ばれるようになる。昔は、備長炭で鍋を炊いてその薫りを楽しんだりしたものですが、そうした心を豊かにするような日々の暮らしを重んじる。あるいは、手作りのぬくもりや自然との調和に価値を見出したりすることではないでしょうか。


宮坂学

基本的に人は何かを表現したい生き物。もし、会社の中で自分を十分に表現できていない人がいるとすれば、それは会社の問題です。入社する時は皆キラキラした顔で志望動機を言います。それが何年か経って、現実に打ちひしがれて、やる気がなくなっていく。


坂根正弘

ミドル層が自分の考えをもって能力を発揮するには、組織全体の連帯感が欠かせない。


小山昇

私は経営者だから、大事なのは社員の情報。大企業の社長がよく「私は社員を大切にしています」と言いますが疑問ですね。では、上位10名のフルネームが言えますか? 私なんか社員のフルネームはもちろん、家族構成、社内で誰と付き合っているかまで、しっかり把握していますよ(笑)。


望月靖志

職人技にも近い高度なアナログ技術がなければ、デジタルの性能を引き出すことができないばかりか、製品に価値を付けることができません。ところが、ほとんどの日本メーカーはデジタルにあまりにも傾倒しすぎて、本来は重要であるべきアナログ技術をおろそかにしてきました。これから日本が再び復活していくには、10年あるいは15年をかけてでも優れたアナログ技術者をもう一度育成することが重要です。


徳谷智史

「昔から優柔不断で決断するのが苦手」「将来のことはわからないから決断できない……」という人も多いでしょう。でも人生は有限、時間には限りがあります。決断したら、それを周囲に宣言して、後戻りできないように追い込めば、あとは行動するだけです。


風間八宏

どんな状況でも、どうすれば自分の武器を出せるのかを考える。人とは違うやり方でいい。絶対に揺らがないものがひとつできれば、そこから一気に見えるものが増える。


中山讓治(中山譲治)

スタートはまず、モノを売ってくれている人、生産拠点の人に敬意を表することです。こういう人たちの汗があって初めて、我々はR&D(研究開発)という将来のための活動ができるのです。