荻村伊智朗の名言

荻村伊智朗のプロフィール

荻村伊智朗、おぎむら・いちろう。日本の卓球選手、指導者。国際卓球連盟会長。静岡県出身。日本大学芸術学部映画学科卒業。全日本卓球男子シングルス優勝、世界卓球選手権優勝など輝かしい成績を残す。その後、指導者として国際的な卓球の普及に尽力。世界卓球殿堂入りを果たした。卓球指導者・競技者向け著作を多数執筆した。

荻村伊智朗の名言 一覧

自分の前に立ちはだかる強敵は、時として一生の友になる。彼の一挙手一投足に隠された努力の質と量が一瞬で読み取れ、尊敬の念さえ湧いてくるからです。


荻村伊智朗の経歴・略歴

荻村伊智朗、おぎむら・いちろう。日本の卓球選手、指導者。国際卓球連盟会長。静岡県出身。日本大学芸術学部映画学科卒業。全日本卓球男子シングルス優勝、世界卓球選手権優勝など輝かしい成績を残す。その後、指導者として国際的な卓球の普及に尽力。世界卓球殿堂入りを果たした。卓球指導者・競技者向け著作を多数執筆した。

他の記事も読んでみる

山本梁介

自律型感動人間を育てるために最も重視しているのは、上司と部下との対話です。新入社員を例にあげると、まずその人の長所を明らかにします。笑顔が素晴らしいとか、声が大きいとか、そんなことでもいいのです。上司はそれを伝え、大いに伸ばしていくことで、部下の自信につなげるのです。自分に自信を持って初めて、自律型で動けるようになるからです。


柳井正

誰も期待しないのであれば、少なくとも自分が自分に期待しないといけない。


井上礼之

目先の目標に向かって猪突猛進するタイプは、突発的で劇的な変化が発生する時代は厳しいと思います。走りながらも目標を確認し、必要なら修正できるしなやかさがない人は難しい。当たり前と思っていた社会や業界、専門やマーケティングといったものをまず一度否定してみる。自分で否定と肯定の振り子を振りながら正しい方向を見つけるべきです。


浅野悦男(農業)

「野菜を売る」んじゃダメなんですよ。作っている人ごとファンになってもらわないと、「もっと安く作ります」「もっと早く納品します」という競争相手に、簡単に代わられてしまいます。


北尾吉孝

お金は人を狂わせます。持ったら持ったで、さらに欲が出る。次に、失いたくないという気持ちが強まり、次第に人間を変えてしまいます。そういう例を、いくつも目の当たりにしてきました。ストックオプション、株式の新規公開でいちどに大きな利益を得た人が、その後、他人に対して傲慢な態度をとってしまうのを見て、「お金って怖いなあ」と感じたことが何度もありました。


松沢幸一

お客様の方を向かなくてはいけません。童話の「ウサギとカメ」なら、我々はカメでいい。ゴールだけを目指して着実に進みます。


宮脇富子

大きな店でないと十分な品揃えができないと思い、父に進言したら「本屋と屏風は広げたら倒れるで。広げることはわしは賛成でけん」と言われました。「25坪のところを50坪くらいの木造建てにするんならええけども、あんたがいうような300坪の店舗はいかん」と父は尻込みしたんですね。だけど私はそのくらいしとかんといかんと思った。


浦沢直樹

(ネームのときに)アドリブを入れるんですよね。「ああ面白い」「それ面白い」というのを思いながら描かないと楽しくないので。「あっ、いいこと思いついた」とか。


徳重徹

僕は以前、シリコンバレーでベンチャー企業の起業支援の仕事をしていたんですよ。米国の起業家たちを見ていると、いろいろ準備をして「6割方、行けそうだ」と思ったら資金調達に動き出す。出資する側も、それを分かっているんですよ。当社の出資者の皆さんは、米国流のやり方に理解がある人たちなんです。


トム・ピーターズ

下手をするとクビになることを知っているから、大企業の若いエンジニアや商品開発部隊を放っておくと、失敗のリスクを恐れ、陳腐な製品しか生み出すことができなくなる。危険を承知で挑戦することが当たり前であり、挑戦しないことが企業の業績を危うくするという組織文化を醸成することが重要なのだ。


外山滋比古

知識に引っ張られて空を飛ぶのはパラグライダーのようなものです。それに対し、考えるのは、自力のエンジンで飛ぶ飛行機です。一見、ふたつは似ていますが、中身はまったく違います。自分でテーマを設定し、自分でその答えを探していくのが論文を書くことなのですから、知識があるだけのグライダーでは、書けないのは当然です。


永井浩二(経営者)

ミスをしてしまったり、至らない点でお客様にご迷惑をおかけしたりすることもありましたが、それで逃げていても仕方がありません。一生逃げられるなら、そのまま逃げた方がいいのかもしれませんが、それは無理なことです。逃げないことだと思います。


夏野剛

決算書の読み方はそれが仕事に必要なら勉強しておくべきですが、使わないなら別に読めなくても構わないと思います。それよりも、たとえば営業職なら自分の扱っている商品の需要が全国でどれくらいあって、そのうち自分の担当エリアは何%を占めるのか、自分の会社は市場でどれくらいのシェアを持っているのか、といった自分の仕事に関するデータを頭に入れておくべきです。そういった数字を覚えておくと、商談や営業戦略を組み立てる際に必ず役に立ちます。


山本真司

企業でも個人でも、競争で勝ち残るために不可欠なのは、唯一無二の存在になること、自分を差別化する戦略です。そのためには、差別化できる分野に、時間とエネルギーを集中させなくてはなりません。その際、資源は有限ですから、「これはやる。これはやらない」という「捨てる意思決定」が必要になります。


佐久間昇二(佐久間曻二)

会社が危機的な状況に陥っている。そのことを社員にも分かってもらうためにはどうしたらいいか。いろいろ考えた末に打ち出したのが「家計簿経営」です。1992年度を例にすると、346億円の売り上げに対して200億円もの赤字を出しているありさまでした。ところが数字を聞いても社員はピンと来ていない。そこで私は単位を置き換えて説明することにしました。我が家の年収は346万円なのに、1年間に546万円もお金を使って、200万円の借金を作ってしまった、と。こんな家が破綻するのは当たり前だと訴えたのです。


ページの先頭へ