名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

荻原規子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

荻原規子のプロフィール

荻原規子、おぎわら・のりこ。日本の小説家。東京都出身。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。『空色勾玉』でデビュー。『西の善き魔女』『RDG レッドデータガール』が漫画化、アニメ化された。日本児童文学者協会新人賞、赤い鳥文学賞、産経児童出版文化賞、小学館児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞を受賞。

荻原規子の名言 一覧

生きていくためには現実に絡め取られない何かがすぐ隣にあるということを想定したほうが世界のすべてに絶望した時にも、まだ残るもの何かを抱えていられると思う。


若い人を応援したい気持ちはずっと強く持ち続けています。いまだ先が定まらない、大人になりきっていない人たちの気持ちに添いたい。たぶん、私が小説を書く動機は、いつもそういうほうに向かっているんですよ。


人間同士のコミュニケーションがうまくいかなくても、神霊や人間外のものが周りにいると考えれば、世界の見え方に別の抜け穴があるってことに気づけるかもしれません。読書の世界ぐらい、現実よりも広い場所があるというのをみなさんに見せていければなと思っています。


読者に伝えたいのは、もう少し生きてみよう、という気持ちですね。若い人は意外とバッド・エンドも好きなようなんです。「泣ける」とか言って。でも、私は、死に向かう物語ではなく、生きているといろいろと大変だけども、それでもたまにはいいこともあるかもしれないから、もうちょっと生きてみようと思ってもらえるような話を書きたい。


ラストについても「その先どうなったか知りたいのに!」というご意見をたくさんもらいました(笑)。その気持ちはよくわかります。ただ、私が『RDG』で書きたかったのは人類の運命ではなく、とてつもなく大きなものと対峙せざるをえない宿命を負った女の子がどう生きていくかという点でした。だから、泉水子にしろ、他の子たちにしろ、まだまだ未来のある登場人物たちが、ずっと読者の心の中に在り続けるような存在でいてくれたら、それが一番うれしいのです。


荻原規子の経歴・略歴

荻原規子、おぎわら・のりこ。日本の小説家。東京都出身。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。『空色勾玉』でデビュー。『西の善き魔女』『RDG レッドデータガール』が漫画化、アニメ化された。日本児童文学者協会新人賞、赤い鳥文学賞、産経児童出版文化賞、小学館児童出版文化賞、日本児童文学者協会賞を受賞。

他の記事も読んでみる

小林栄三

以前は伊藤忠単体の約4000人ですべてをやっていました。今はグループ全体で約10万人。そのほとんどが川上か川下にいます。川の水がどう流れているのかをいつも監視。川下からの要望を川上にしっかり伝える。川上で供給がダブつき、日本市場で飽和状態であれば、海外で売ろうなどと考える。バリューチェーン化したことによって、各商社の特徴が出てくるようになった。最近では、取扱分野を見れば、どこの商社か一目瞭然でわかるようになったのです。


内藤誼人

身体の不調くらいなら、放っておいても自然治癒されることがあるが、人間関係が自然治癒されることは、ほとんどない。放っておけばおくほど、かえって溝は深まるばかりだ。人と喧嘩になったり、しっくりこないときには、自分から少し折れてみよう。ほんの少し歩み寄るだけでいい。


濱田秀彦

「ウソは駄目だが、ハッタリはいい」。これも若いころに聞き心に響いた言葉です。働くうえでは多少のハッタリという名のウソ、言い換えるならチャレンジ精神がなければ、新しいチャンスを手にすることはできず、能力を伸ばせません。


遠藤信博

「何か起きても、この人なら何とかしてくれる」という信頼感がなければ、お客様は絶対に書類にサインしてくれない。


國貞克則

このところ企業の人事部の人と話していると「自分は特別」と思い込んでいる新入社員が多いといいます。自分は特別な存在だと考えているようなのです。そのことをはなから否定するつもりはありません。けれども、それを前提に「特別な私に一番フィットする会社を探す」などといって、会社を転々とするのは、どこかおかしい。会社において新人はスペシャルでも何でもありません。謙虚になって、職場の先輩から受けた指示をしゃにむにこなしていってほしいと思います。


塚越寛

未上場企業なら、利益が出なくても構わないとも思っている。人件費を支払った上で、利益がゼロになったのであれば、何ら恥じることはない。それでも残った利益は「残りカス」だ。わざわざカスをひねり出すために、従業員の幸せを犠牲にする必要性はどこにもない。利益などというものは、その程度のものだ。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

多くのお金持ちも教育については熱心ですが、普通の人と違うのは、意識しているかいないかは別として、子供たちが将来お金に不自由しないように教育をする傾向があることです。そして、そのための投資は惜しみません。


樫尾和雄

技術というのは絶対に進化します。千年先まで、ずっとイノベーションです。既成概念から脱すれば、何でもできる。新たな価値を生んでいける。


佐藤天彦

直感が勝負を左右することは良くありますね。将棋は勝利に向かって理詰めで一手一手考えていく、とても論理的なゲームです。一方で「正解が一つではない」「考える時間が限られている」という特徴も持つ。だから必ず「この手かな」と動物的な「カン」を頼りに指さざるを得ない局面が出てきます。そして、直感が研ぎ澄まされている時はその選択が当たることは多い。勝利を手繰り寄せる可能性が高まるんですよ。


高田明(ジャパネットたかた)

改善によってみんなが成長していきます。論理的な思考が身についてくると、人は非常に力を発揮できるようになります。若手の中からも優秀な人材が育ってきています。


桜井博志

今できないものは、仕方がない。ただそれを、少しずつでも今日からやってみる。人が30分でできることに1日かかってしまうなら、時間を気にせず、1日かけてやる。のんびり、ゆっくりやっても、結果を出すことはできます。「できない自分」を認め、その部分を受け入れたうえで、少しずつ取り組み、できるようになればいい。長い人生、そのくらいの割り切りも大切。


柳沢慎吾

18歳のとき、NHK大河ドラマ『獅子の時代』では菅原文太さんと共演できてね。文太さんが「よお、主はおるか」といって店に入ってくると、「おいでなさいまし」というんですけど、この「お・い・で・な・さ・い・ま・し」という、わずか8文字の台詞が言えなかったんです。リハーサルでは、難なく言えていたのに、いざ本番となると「おでまし」とか「お、おでまそ」となってしまい、ほかのエキストラに代えられてしまったんです。泣いちゃったな、あのときは。「役者は無理だ。もうやめよう」と思ったもの。電車に乗っても、踏切の音が「駄目だ、駄目だ」に聞こえてきてね。一人、落ち込んでいたのに、小田原が近づくにつれ、なぜか踏切の音が「頑張れ、頑張れ」に聞こえてくるんですよ(笑)。実家についたときには、「まあ、これも修行、修行だな」って。