名言DB

9412 人 / 110637 名言

荻原健司の名言

twitter Facebook はてブ

荻原健司のプロフィール

荻原健司、おぎわら・けんじ。日本のスキー・ノルディック複合元選手、指導者、政治家。群馬県出身。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業。アルベールビル五輪、リレハンメル五輪ノルディック複合団体でそれぞれ金メダルを獲得。長野五輪で日本選手団主将を務めた。引退後、衆議院議員、経済産業大臣政務官を経て北野建設スキー部部長として後進の育成にあたった。

荻原健司の名言 一覧

「競技を続ける理由」が明確になれば、選手に「主体性」や「責任」が生まれます。それが、厳しい練習や逆境を乗り越える動力になる。


指導者の私がいなくても、選手自らの力で成長しようとする状態に育てることが理想。私は彼らのために一生懸命、動こうと思います。「わあ、このおじさん、僕たちのために必死になってくれているな」と感じてもらえれば、自ら成長しようと思ってくれるのではないでしょうか。


自我を明確に持っている選手たちの「自分を認めてもらいたい」という承認欲求に応えることが、指導者の役目だとも思うんです。認めて褒めてあげることが、やる気を引き出す「自己肯定感」を育むと思います。


指導者がメダルを獲らせようと情熱を傾けても、選手自身が「何が何でもメダルを独りたい」と思わなければダメなんですよ。その気持ちをもっと強め、長く維持させるためにどう指導すべきかを、常々考えています。


結果を残す姿を見せれば、多くの人が「僕も仕事を頑張ろう」と勇気づけられ、子供たちは「あんな選手になりたい」と夢を持つ。それがトップアスリートだからできる社会貢献でもある。


まず、指導者と選手の信頼関係が重要だと考えました。気をつけたのは、「私の考えや方針をしっかり伝え続ける」こと。選手にしてみれば、荻原という指導者がどんな考えで北野建設に戻り、どんな方針で指導をするのか知りたいはず。だから私は就任直後も今も、言い方は違えど一貫して、同じメッセージを伝え続けています。「私は君たちに結果を求めない。ただし、なぜスキー選手という職業に就いたのかを考えなさい」と。


引退後、「若者に激励する話をしてください」という依頼が増え、全国各地で講演していました。でもそのうち、「若者に頑張れ! と言いっぱなしなのは無責任じゃないか……」と思い始めた。「ただ『頑張れ!』とメッセージを送っているだけの自分は、一体何ができるのだろう」。そう考えた時、彼らが頑張れる環境を作ることではないかと思ったんです。


メダル稚得が厳しくても、やっぱりあきらめたくない。前に進みたい。そんなふうに改めて自分の気持ちに正直になった時、「人の期待に応えるのはもうやめた。僕のことは放っておいてほしい。自分のためにやらせてもらう」と決めました。誰のためでもなく、自分のために競技をすれば、一時は嫌いになったスキーを、もう一度好きになれるとも思った。


荻原健司の経歴・略歴

荻原健司、おぎわら・けんじ。日本のスキー・ノルディック複合元選手、指導者、政治家。群馬県出身。早稲田大学人間科学部スポーツ科学科卒業。アルベールビル五輪、リレハンメル五輪ノルディック複合団体でそれぞれ金メダルを獲得。長野五輪で日本選手団主将を務めた。引退後、衆議院議員、経済産業大臣政務官を経て北野建設スキー部部長として後進の育成にあたった。

他の記事も読んでみる

見舘好隆

せっかく採用した新人が思うように働いてくれない。強く言うとむくれて出社しなくなりそうだし、下手すると辞めてしまう。最近、企業の人事担当者ばかりでなく、部下を持つ30代、40代の管理職の人たちからもこういう悩みをよく聞く。そういう場合、私はこう答えるようにしている。飲食業、たとえばマクドナルドのアルバイト育成法に学んだらどうでしょう、と。


長井鞠子

言葉にしなければ何も通じません。言葉で戦えるのか、ということを認識することが問われている時代ではないでしょうか。


染谷光男

何事も粘り強く取り組まなくてはいけないとは常々考えています。総菜の素についても、今度は洋風版に照準を当て、1つのカテゴリーとして確立させることを狙っています。これらの取り組みが消費者に受け入れられれば、小売り側も価格訴求とは別の切り口でお客様を呼び込むことができます。


熊谷正寿

創業期から「仕事相手に感謝の気持ちを持ち、思いやりの気持ちを届ける姿勢」を徹底することを心がけてきました。そうした姿勢が評価され、ピンチに直面した時に支援の手を差し伸べてくださった方もたくさんいた。


藤田晋

プレゼンは最初の印象が肝心です。市場背景から知りたい相手もいるかもしれませんが、相手の経験や知識レベルに合わせて、説明の仕方を変えなければいけません。それができる人は、実は少ない。だからこそ、できると非常に賢く見えます。


シェイクスピア

人間の生活においても、ある種の潮流がある。満ち潮に乗れば、幸運に導かれる。無視をすれば、人生の旅は苦しみの浅瀬に漂うだけとなる。私たちはいま、そういう海に浮かんでいる。だから、その潮流に乗らなければならない。さもなければ、賭けているものをすべて失くすことになるのだ。


椋木修三

どんなに記憶に自信がない人でも、さすがに隣の席で働いている同僚の顔と名前は覚えているはず。それは毎日会うことで記憶が「反復」されるからです。他の人に対してもその反復の機会を、意識的になるべく多くつくり出しましょう。たとえば、会話中にあえて相手の名前を繰り返すようにするなどです。


鈴木敏文

自分の特徴を追求して突き進むことが大事。どこかの物まねをしていてはダメ。


川村益之

JTBモチベーションズ立上げの際、国内でも例のない事業だったので、役員の多くは反対でした。しかし、私は必要だと考えていたし、何としても成し遂げたいと思っていたので、役員が何といおうと立ち上げたかった。最後には社長に直接プレゼンして、説得しました。


高城幸司

仕事について語るときは必ず相手の意見を聞き、その見解を確かめましょう。意見を言ってもらった時点で相手を当事者として加えることができますし、どう協力してもらえるかも見極められます。


井上和幸(ヘッドハンター)

人間は場面が変わっても同じような行動や判断をしてしまう生き物であり、生活習慣が仕事に出てしまうのです。


高橋滋

スタッフがお客様に対してミスをして、そのあといい加減な処理をしたら、僕はものすごく叱ります。ときに涙を流してまでも。たとえていえば、僕の体温がいつも100度だからいいんです。僕が100度だから、僕の下の者の体温が80度なんです。そして、その下の各セクションのリーダーが60度でお客様に接すれば、お客様は40度の体温を感じるわけです。実際に伝わっていくごとにさめちゃいますから。もしオーナーである自分が40度の体温で仕事に入っちゃったらもう駄目です。大勢のスタッフが全部同じ気持ちでいられることなんてないんです。だからこそトップが思い切り熱い気持ちを持っていなければいけないんです。


大浦溥

私は若いころ、富士通で中興の祖と呼ばれた岡田完二郎さんの秘書として、彼の物事の決め方をそばで見てきました。岡田さんは周囲の反対を押し切ってコンピュータ産業への進出を決めたわけですが、この決断がなければいまの富士通はありません。私はそういう姿を見ながら育ち、大変貴重な経験をさせてもらいました。次世代の経営者を育てるという意味でも、トップの決断は大切だと思います。


古川裕倫

三井物産で働いた若い頃、上司によく怒鳴られました。ただその後、必ずフォローがありました。今は厳しく言えない上司も多いですが、それでは部下は成長できず、厳しい時代を生き残れません。


寺尾玄

何かをやろう、やりたいと思った時に、「でも、普通はこうだよね」と考えて諦めてしまうことがあると思います。この「普通はこうだよね」というのが、自分の中にある常識です。可能性を信じて使っていくためには、常にこの常識と対決し、打ち破っていく必要があります。