名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

荘司紀夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

荘司紀夫のプロフィール

荘司紀夫、しょうじ・のりお。日本の経営者。「光陽物産」会長。三重県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、三井物産に入社。天然ガス第一部長、取締役、副社長、欧州三井物産社長、光陽物産会長などを務めた。

荘司紀夫の名言 一覧

大事なのは長期目線であり、社会のためになるか、天下国家のためになるかという判断。


荘司紀夫の経歴・略歴

荘司紀夫、しょうじ・のりお。日本の経営者。「光陽物産」会長。三重県出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、三井物産に入社。天然ガス第一部長、取締役、副社長、欧州三井物産社長、光陽物産会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

大嶋祥誉

「ちょっと急ぎの話なのですが」と急いでいることをアピールするのは、よほどのときでない限りやめたほうがいいでしょう。上司の視点からは大して急ぎでないと認識されると、オオカミ少年のように、「あいつの“急ぎ”はアテにならない」と思われてしまうからです。すると、本当に急ぎの要件のときに、すぐに対応してもらえなくなります。


田村潤

東京からでは見えないものが地方にはある。本社の会議室では見えないものが現場にはあるんです。そして、その逆の場合もある。


小林佳雄

多くの人がいれば、それぞれが異なる意思決定をするのが当たり前であるにもかかわらず、日本は結論を一つにしたがります。上席者が言ったことに賛同せねばならず、議論にならない。しかし、本来は深い議論の中でこそ開発が行われますし、それがクリエイティビティなはずです。上席者に対して自分の意見を控えることも気になります。和を重視するあまり、一人前になる意識が足りません。あえて遠まわしな表現をしたり、なぜ自分がそう考えるに至ったのか理由を明確に述べられなかったりする人が多くいます。せっかく色々なこと考えているのに、もったいないです。


吉野佳秀

私たちは常々「作った人には壊せない」と説いてきました。彼らは必ず足場を組み、クレーンを置いて壊そうとする。それは作った時の逆を辿っているのです。しかし、私たちはクレーンや足場を使わないことを是としています。その代り、私たちは今そこにある力をお借りします。例えば、重力という地球の力もその一つです。クレーンや足場を多用する解体は余計にお金がかかりますし、工期も長くなる。すると、高い所に人を長く上げ続けねばなりませんから、危険性も高まります。だから私たちは、「なるべく人を高所に上げない。足場を組まない。クレーンを使わない」と口を酸っぱくして言います。


野間口有

欠点や弱点を指摘するより、いい点を褒めて伸ばす。さらに単に褒めるだけでなく、自分より後輩であっても、その人の得意分野なら頼りにしてやること。そうした接し方、声のかけ方が人を育てることにつながると思います。


名越達彦

サービス開始前は厳しい意見をいただきましたが、お客様の信頼を得ようと努力してきました。100%子会社の小売り事業者を全国各地に8社設立。社名も「札幌電力」「東日本電力」など親しみのある社名にしました。お客様の支持も得られ、実績もでき、大手の子会社がしのぎを削る中、現在、業界24位のポジションの事業者になっています。


鎌田浩毅

競合が少ない分野でも、いったん成果を出すと、次々と競争相手が参入してきます。すると、ナンバーワンであり続けることが難しくなる。そこで、自分の専門性を活かしながら、別の分野へと活躍の場をシフトすることが必要になります。それができればオンリーワンになれます。


箱田忠昭

人は「3・3・3の法則」によって第一印象が決まるといわれます。「3・3・3」は「3秒、30秒、3分」の意味。初対面の相手に対して最初の3秒で外見で判断し、次の30秒であいさつや自己紹介の、声の調子や大きさをチェックし、その後の3分間の会話(雑談、世間話など)から、第一印象を決めているのです。


藤田精

テーマパークマンションは10人中9人が嫌う物件。しかし、そのリスクを取ったから実りがあった。リスクを果敢に取らないと、何も得られない。


山崎武也

器を大きくするには「人生の大きな目標を持つこと」「正しいことは何か、と考え、信念を持つこと」。もちろん、こういうことは大切なのですが、人間は弱い生き物ですからね。目標や信念を頭の中で意識したところで、日々の生活に流されて生きてしまうのも確か。それを日々の習慣にしていくことで、器の大きい人の思考パターンが体に染み付くはず。器の大きい人と同じ行動が自然ととれるようになるはず。


藤冨雅則

「お客様は反射的に断ろうとするもの」と認識しましょう。お客様は実は必要であるにもかかわらず「必要ないよ」と答えるものです。断わりは突然の売込みに対する当然の警戒反応として、いちいちショックを受けずに受け止めましょう。むしろ勝負は、「いったん断られたあと」なのです。


田中靖浩

リストラなどをめぐる労使の対立構造を見ても感じることですが、労使間で危機感の共有ができていない理由は、会社の数字を現場が把握していないことが大きい。ROA、ROEといった経営指標や数値を示されても、多くのビジネスマンは実感がわかないでしょう。危機感の共有には、現場の仕事にブレイクダウンした数値の共有が必要です。