名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

荒谷卓の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

荒谷卓のプロフィール

荒谷卓、あらや・たかし。武道家、自衛官。「明治神宮武道場至誠館」館長。秋田県出身。東京理科大学卒業後、陸上自衛隊に入隊。特殊部隊設立に尽力。陸上自衛隊特殊作戦群初代群長を務めた。退官後、明治神宮武道場至誠館館長、予備役ブルーリボンの会幹事などを務めた。

荒谷卓の名言 一覧

現代の日本人は他力本願になり過ぎています。これでは絶対に世の中は変わりません。


成功するかどうかではなく、同胞のために力を尽くすかどうかが大切。ずっと何もしてこなかったという歴史と、一生懸命に行動に移したという歴史は全然違うと思いませんか。


先の戦争では、欧米がつくった国際秩序の中で競争して失敗しました。戦後も同じ道を歩まないようにするためには、日本人が得意とする協調秩序を世界に構築することです。そうすれば、黙っていても日本は、国際社会でリーダーシップを取る立場になるでしょう。そこにチャレンジする勇気、和の文化を守る武士道精神を発揮してもらいたいですね。


会社として社会に貢献することで、社員一人ひとりが社会から必要とされているという意識が大事だと思います。そういう会社組織であることが精神文化的にも、豊かさの面でも必要なキーワードですね。


ある企業が調査した「100年企業調在報告」では、日本は他を圧倒する老舗大国だとしています。そして、長持ちする企業は社会に対する貢献意識が強い。それから会社の中には、家族の様な心情的団結が築かれていると言います。まさにそれ自体が日本の文化そのもので、社会全体の一部としての会社、そして会社が社会そのものであることが、非常に日本的です。


特殊部隊を作ると言っても、どういった組織なのか未知数な部分があった。それで他国の特殊部隊の教育を受けて参考にしようとしたのです。でも最初は誰がやるのだと。私は当時既に40歳でしたし。でも最終的には言い出しっぺの私が手を挙げて行くことになりました。
【覚え書き|自衛隊時代を振り返って】


至誠館では、頭で理解するだけではなく、武道を通じて心身で学び実践することを大切にしています。心と体を使って精神鍛錬をし、その成果を社会に還元していくことを目指しているのです。


荒谷卓の経歴・略歴

荒谷卓、あらや・たかし。武道家、自衛官。「明治神宮武道場至誠館」館長。秋田県出身。東京理科大学卒業後、陸上自衛隊に入隊。特殊部隊設立に尽力。陸上自衛隊特殊作戦群初代群長を務めた。退官後、明治神宮武道場至誠館館長、予備役ブルーリボンの会幹事などを務めた。

他の記事も読んでみる

鑄方貞了(鋳方貞了)

経営理念を定める際にまず明確にすべきは、「この会社は何のために存在するのか。会社として何を最高のものと考えるか」ということ。それが会社の経営理念を形づくるからです。会社の存在理由や価値、それに社長の熱い思いを明文化した経営理念をつくり上げる。そしてそれを社員全員に自覚してもらい、徹底する。まずはそこからです。


小林一雅(小林製薬)

これまで、いろいろな企業や事業を買収してきました。成功したものもありますが、失敗したものも少なくありません。何が悪かったのかを振り返りますと、トップが深く知らない事業は、成果が出ていないことが多かった。


吉田茂

地下資源に恵まれない日本が繁栄するにはまず自分の国を愛する愛国心を失ってはいけない。それには世界諸国の理解を深め、仲良くお付き合いする国際心が無ければならない。


秋山ゆかり(コンサルタント)

言語にはそれを使う人間のメンタリティーが如実に表れる。現地語を学べば、その国の人々を理解しやすい。


田中角栄

人間は休養が必要だ。しかし、休んでから働くか、働いてから休むか。私は一貫して後者だった。


楠木建

早いうちから商売を丸ごと動かせるような仕事を社内に用意し、「これは」というセンスのある人をそうしたポストに就けて経験を蓄積させていけば、その人たちがセンスのいい人に育っていく可能性はあります。逆にいえば、センスの良い経営人材は、そういう方法でしか生まれないと思います。


西成活裕

考えついたアイデアがどれも良く見えてしまうときは、「メリット・デメリット表」を作るのが一番。案A、案Bなどそれぞれにどんな良い面・悪い面があるかを箇条書きし、比べてみるのです。


おちまさと

いまの社会状況を俯瞰して見て、未来を予測し、未来のために何が必要な情報なのか考えることが重要。たとえば、ビジネスマンが語学を学ぶ必要性。企業の英語公用語化を例に挙げるまでもなく、その重要性は明らかです。今後、移民もさらに増え、海外の在宅ワーカーとも雇用を奪い合うことになるかもしれません。それを踏まえて、今日、何をするか。流れを見れば未来がわかって、今すべきことも見えてくる。


シェリル・サンドバーグ

政治家に転身する気は全くありません。政治家は大変で、あまり面白くなさそうです。自分には合わないと感じています。女性が政治の分野でも活躍することは大切だと思うので、その分野を目指そうという人の気を削ぐことはしたくないですが、自分には向いていない。


川上量生

スタジオジブリを一言で表現すると、特殊な会社。ジブリほどの会社なら、儲けようと思ったらいくらでも儲けられると思う。でも営利を追求しないで、自分たちが作りたい映画のことだけを考えている。売り上げや利益の目標設定がどうやらないようだし、経営としてはめちゃくちゃです(笑)。


瀬戸大也

金メダルを獲るためには何が必要で、ひとつひとつのレースに対して何をしなければいけないのかという課題を持って挑むようになった。たとえば、このレースでは勝負にこだわって力を抑えるのではなく、タイムを狙って前半から積極的に挑んでみようとか。


佐々木常夫

40歳で課長になったのとほぼ同時に、妻が病気で入退院を繰り返すようになり、二人の子供の面倒や家事は私が一手に引き受けることになりました。朝は5時半に起きて朝食と子供のお弁当を作り、他の人より1時間早く出社して仕事をこなし、夕方6時には退社して、夕食作りや家事をこなす毎日が続いたのです。もちろん最初のうちは、周囲からあれこれ言われました。長時間残業が当たり前の時代でしたから、課長の立場にいる人間が定時で帰るなんてとんでもないというわけです。しかし、私が他の誰よりも高い成果を出すことがわかると、文句を言う人はいなくなりました。そして私自身も、家事や子育てを言い訳にするつもりは毛頭ありませんでした。あったのは、課長としての責務を全うしようとする覚悟のみです。