荒木香織の名言

荒木香織のプロフィール

荒木香織、あらき・かおり。日本のメンタルコーチ、スポーツ科学博士。「園田学園女子大学人間健康学部」教授。京都府出身。日本大学文理学部卒業、ノーザンアイオワ大学修了、ノースカロライナ大学グリーンズボロ校博士課程修了。園田学園女子大学人間健康学部教授、ラグビー日本代表メンタルコーチを務めた。

荒木香織の名言 一覧

嘘でもいいから自信を持って堂々と振る舞うこと。周りからどんな人物だと受け止められたいかキャラクターを作り、そのように振る舞うとそのキャラクター通りの人物になってくる。


強豪チームはフィールドの外でも、選手としての自信、誇りを持った振る舞いをしている。


部下がミスをしたということは、「何のためにこの仕事をするのか」という目的や情報を共有し切れていなかったということ。それは上司の責任。


人と比べるくらいなら過去の自分と比べ、今どれだけできているか、できていないか、変化できているのかを考えるほうが健康的。


日本では自己犠牲をしてまで成果を出すことが美徳のように言われますが、それは違います。健全に自分の能力を全力で発揮できる環境が大事なのです。


周囲の期待はコントロールできませんが、期待の受け止め方はコントロールできるはず。今まで培ってきたことを全力で出し切るチャンスだと捉えればプレッシャーにはなりません。


プレッシャーとは自分で作り出すもの。実力以上の結果を周囲から期待されていると受け止めたり、実力以上の結果を出そうと気負ったときの、実力と期待の「落差」をプレッシャーと呼んでいるだけなのです。


メンタルが強い人とは、想定外のアクシデントが起きたとき、動じない人ではありません。不安材料を事前に徹底的に洗い出し、準備段階でそれを潰していく人です。だからこそ「どうしよう」と途方に暮れるような場面が減る。すなわち、何事にも対応できるメンタルが手に入るのです。


日本人は「頑張れば必ず結果が出る」と思い込みすぎている気もします。でも、その思い込みを一度外して「こんなもんだ」と思えるかどうかが大事だと思います。そして、この場では自分の能力を発揮できないとわかったら、違う環境へと自分を移す勇気も必要です。


私は今、大学で教えています。学生がとんでもないレポートを提出してくることがあります。そんなとき、自分が何を求めているかを伝え切れていなかったことを反省して、伝え直します。そのように、できない部下に苛立つのではなく、そう育ててしまった自分の指導力やリーダーシップを見直すべきです。


想定外が起きること自体、準備が甘いということでもある。自分のメンタルが弱いという自覚があるなら、想定外が起きないよう、あらゆる準備をして臨めばいい。そうすれば、過度の緊張や不安に苛(さいな)まれることはない。


ラグビー日本代表チームの合宿中のホテルや練習場ではペットボトルが散乱している状態でした。まずは「ペットボトルは片づけよう」「靴は並べよう」ということから始めました。身の回りのことですら「もういいや」と思う人の集団が、世界で勝てるわけがないのです。


自分でコントロールできない結果を気にするより、コントロールできる準備に集中することも大切。「失敗したら」「期待に応えられなかったら」と結果ばかり気にしていると、実際にうまくいくよう計画を立てることも、それを実行することもできません。本来、計画を立てて行動に移していれば、必ずそれに沿った結果が出てくるはず。とくに、スポーツではない分野はその差が顕著に現われます。ビジネスシーンはスポーツと違って、天候や風向き、相手のコンディションといった環境に影響を受けにくいからです。


「うまくいくにはどうするか」、プラスに考えて行動に移すことが大切です。「明日のプレゼンが不安」という人なら、事前に本番を想定しながら練習する。緊張に慣れてしまえばいいのです。さらに「30回練習したから大丈夫」など、ノートに書いて、不安になったらそれを見返す。努力した「根拠」を見ることで、落ち着くはずです。「本番前にコーヒーを飲む」といったルーティーンを決めて実践し、気持ちを切り替えるのも有効です。逆に「緊張した方がうまくいく」ぐらいに考えて、開き直るのがおすすめです。


ルーティーンとは、同じ動きを繰り返し、その動作に集中することが狙いです。同じ動きし、その動作に集中することで、「ゴールに入らなかったらどうしよう」という「内的障害」や、大歓声などといった「外的障害」をシャットダウンしている。プレッシャーから解放され、ストレスも軽減します。そして、同じ動作をすることで「今からキックだ」と体が反応する。もちろんすぐにできたわけではなく、3年半、練習を繰り返しました。ルーティーンの点数をつけ、精度を高めた結果、キックの成功率は格段に上がりました。


難しいのは、試合中に「勝ちたい」意識が強すぎると、今度はこれまでできたことができなくなってしまう点です。脳には物事を処理するために必要な「ワーキングメモリー」というものがあり、このメモリーには限界があって、一度にいくつものことを同時にはできない。頭の中で「勝ちたい思い」が70%くらい占めたら、普段は100%プレーに集中していたメモリが、「勝ちたい思い」を処理することに使われてしまいます。雑念が入り、実力を発揮できなくなる。重要なのは、結果を考えずに、その過程に集中することです。


日常生活でも、強豪チームを参考にして、「勝つための秘策」を取り入れました。強豪チームは「勝ちの文化」が出来上がっていて、試合以外の時間の過ごし方1つとっても違います。それを研究し、参考にしました。身の回りの整理整頓がその1つです。普段から身の回りの細部にこだわることが、いざという時に力を出すことにつながります。混沌とした展開でも規則を守り、失点につながるミスや反則をしないことが、ラグビーの試合でも重要だからです。


ラグビー日本代表のメンタルコーチとして、1年目に立てた目標は「勝ちの文化を作る」こと。つまり、結果を出すために、モチベーションを常に高く保つこと。そこで、徹底したのが「日本代表として、世界と戦うことを意識する」ことです。それまでチームは、「日本代表」として勝った経験がなかった。国にもっと誇りを持ち、国を代表する自分たちに自信を持ってほしいと考えました。そこで注目したのが「国歌斉唱」です。強豪チームは試合前、涙を流しながら大きな声で国歌を歌い、自分たちを奮い立たせている。一方、日本チームは国歌が流れている間、下を向き、歌っていない選手もいた。ここに差があると、選手との話し合いの中で気が付いたんです。


荒木香織の経歴・略歴

荒木香織、あらき・かおり。日本のメンタルコーチ、スポーツ科学博士。「園田学園女子大学人間健康学部」教授。京都府出身。日本大学文理学部卒業、ノーザンアイオワ大学修了、ノースカロライナ大学グリーンズボロ校博士課程修了。園田学園女子大学人間健康学部教授、ラグビー日本代表メンタルコーチを務めた。

他の記事も読んでみる

村田昭治

多くの経営者に第一に考えていただきたいのは、仕事とは何かということだ。私は仕事をするとは人間に役立つことで、社会にプラスすることだと思う。


堀川馨

眼鏡というのはコモディティ化が著しい商品だと思う人が多いでしょう。たしかに、中国が日本の数十倍もの生産量で価格競争力を高め、世界に輸出しています。生産量が増えれば必然的に技術力も備わってきます。私どもが本社を置く福井県鯖江市は、国内の95%を生産する眼鏡産業の集積地ですが、最近地盤沈下が目立ちます。しかし、そんな中でも圧倒的な技術力や、商品力を備ええていれば、世界で勝負することは可能です。


貝原益軒

老後一日楽しまずして、虚しく過ごすは惜しむべし。老後の一日、千金にあたるべし。


加藤丈夫

私は役員になりたてのころから、若い人と一杯飲むのが趣味でした。労務担当役員として、組合の人たちとも様々なテーマで対話の場を持ちました。


枡野俊明

病気は「気の病」と書くように、心と深く関係しています。心は、肉体にさまざまなかたちで表れてきます。次々と新しいことにチャレンジしていく人は、どれだけ忙しく働いても、見た目にも疲れを感じさせません。


石坂泰三

無事これ貴人。


依田平

定年制廃止の実施を決めました。高齢者雇用安定法によって65歳まで定年を延長することが義務づけられていますが、少子高齢社会において、何歳まで定年を延長するかという議論はふさわしくないように感じていました。定年制は、年齢を口実にした首切りと変わらないとさえ思っています。


正垣泰彦

今後、海外は貧富の差があったり、食べるものが貧しかったりする地域に積極的に出していきます。皆に食べて喜んでもらいたいという思いだけですから。どさくさに紛れて儲けようなどとは思っていません。経営理念は、どの国においても変わりません。


柿木厚司

私は(次期中計以降も)コスト競争力も含めた基盤整備は、まだまだ終わったとは思っていない。新技術開発にも積極的に取り組んでいきたい。一方で、引き続き基盤整備にも取り組んでいく。この両輪の取り組みは6次中期経営計画以降も継続していくことになる。


大山健太郎

株主に払うなら社員に払う。稼いでくれたのは誰ですか?株主はちっとも稼いでくれないじゃないですか。


三輪豊明

1年の留学期間はあっと言う間で、私は米国公認会計士の資格を取得する前にあえなく帰国。その後、証券会社とメーカーに勤めましたが、その間もなんとなく「あんなに面白かった会計の勉強をやりきれていない」と後ろ髪を引かれる思いがありました。最後に勤めたメーカーでは、世界各地に駐在し楽しく働いていましたが、海外の工場統括で大きなミスが起き、責任を感じて自ら退職。私は30歳過ぎで無職になりました。さてどうするかというとき、頭に浮かんだのが、ずっと気になっていた会計の勉強だったのです。


島正博

特にモノづくりでは学歴は関係ありません。むしろ、学歴があるとズル賢い発想が働き、仕事が遅い傾向がある人もいるほどです。


三原邦彦

昭和20年代の発売当初、日本人はコカ・コーラを「醤油みたいな色で薬臭い」と嫌いました。その時、営業担当者は「味はうまい」ということをわかってもらうために、とにかく人が飲んでいるシーンを見せてPRしたそうです。「隣の人が飲んでいるなら、うまいのだろう」と心理のハードルを下げさせたのですね。うちもそれを利用しました。まずA社で実績を挙げたら、それを取材して事例を作り、それを持ってB社、C社へ営業する。そうして何十社も続け、広げていったんです。


桜井正光

まずとにかくやってみようじゃないかという姿勢が求められる。やればやっただけのリアクションがお客様から、あるいは開発の結果から必ず返ってくる。つまり、仮説を立てて検証していくトライ・アンド・エラーというやり方ですね。そういった行動様式を社員一人ひとりが身につけなければいけない。


池田亀三郎

華商は東南アジアその他に広く活躍しているが、私も収益を得られる事業を、世界のあらゆる市場に持ちたいと思っている。相手は何も東南アジアだけに限らない。これからは視野を広くし、オーストラリア、ニュージーランド、アフリカ、中南米はもちろんのこと、先進国や共産圏諸国も含めて、各地の資源のあるところに工場を建て、技術移民をし、現地に骨をうずめるようにしなければならない。


ページの先頭へ