名言DB

9412 人 / 110637 名言

荒木直也の名言

twitter Facebook はてブ

荒木直也のプロフィール

荒木直也、あらき・なおや。日本の経営者。阪急阪神百貨店社長。兵庫県出身。京都大学経済学部卒業後、阪急百貨店に入社。郊外店舗開発室長、執行役員、阪急阪神百貨店執行役員(事業開発グループ事業開発室・CM室・博多開設準備室・統一阪急事業部担当)、取締役執行役員などをを経て社長に就任。

荒木直也の名言 一覧

私はアナログ人間ですので、パソコンで作成したきれいな紙の資料を会議で見ると、その出来栄えが見事であればあるほど、心理的に否定しにくくなってしまいます。それでは議論は深まりません。私は会議でホワイトボードを多用するのも、型にはまらない自由なスペースに書いた方が、修正が気軽なだけ、様々な発想が生まれやすい気がするからです。


いまは情報が氾濫している時代です。望まなくても情報は飛び込んできますし、知りたい情報もインターネットですぐに手に入ります。私はこういった類の情報を「知識情報」と呼んでいます。これに対して、自分が歩いて、見て、聞いて、感じたことは「皮膚情報」と区別しています。私どもは小売業ですから、売り場で感じた雰囲気などは極めて重要な情報になります。


手帳の後半部分についているフリーメモ欄には、皮膚情報(自分で見て聞いて感じたこと)を書きます。どこそこの売り場は活気がないとか、他社の店舗を見て気づいた集客の工夫などが多いですね。フリー欄に書くのは、まだ決定していない、柔らかい情報だからです。構想を練ったり概念図を書いてみたりするのは自由なページの方がいいのです。


荒木直也の経歴・略歴

荒木直也、あらき・なおや。日本の経営者。阪急阪神百貨店社長。兵庫県出身。京都大学経済学部卒業後、阪急百貨店に入社。郊外店舗開発室長、執行役員、阪急阪神百貨店執行役員(事業開発グループ事業開発室・CM室・博多開設準備室・統一阪急事業部担当)、取締役執行役員などをを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

午堂登紀雄

複数の得意分野を掛け合わせることで差別化を図り、希少価値の高い人材を目指すのもひとつの手です。


小林喜光

ひらめいたアイデアは大きめのサイズの付箋に書きとめます。そして手帳に貼り付け、仕事へとつなげます。以前は手帳に直接書き込んでいましたが、貼り付ける方式の方がはるかに手軽です。


植田辰哉

現実的で達成可能な最終目的を設定し、次に年単位の目標をマイルストーンとして設定し、さらに数カ月単位の目標、数週間単位の目標、今日の目標、と落とし込んでいきます。すると、今日何をすべきかが明確になり、選手たちに対しても、具体的な言葉で指示をすることが可能になります。選手の側も、「なぜそれを要求されているのか」を理解できますから、意識の共有もスムーズにできます。


福田健(話し方)

自分が駄々をこねるタイプだと自覚したら、周囲の人に叱られたときの態度を改めたい。まず素直に謝るように努める。相手の指摘に耳を傾けて反論しない。これは子どもじみた自分が成長するチャンスだと考えるといいだろう。5年、10年と経過するうちに「あいつは変わった」と周囲の見る目が違ってくるはずだ。


伊藤直彦

日本の鉄道貨物輸送も昭和50年の8日間ストライキでお客様の信頼を失ってしまった。立て直すのは私の使命であると自分にムチを打ってきた。


白石康次郎

海に出れば、船が壊れそうな嵐や、まったく風の吹かない日があるのは当たり前で、どちらも避けることはできません。しかし、これまで収まらない嵐はなかったし、風の吹かない日もありませんでした。つらいときは、この言葉を思い出してください。


古森重隆

教育現場には悪しき平等主義がはびこっている。皆で仲良くというぬるま湯の世界は真の優しさではない。子供達から競争を排除して、いずれ訪れる世界との熾烈な競争で勝ち残っていけるとでも思っているのか。


冨安徳久

事業計画とは途中で変わっていくもの。


篠原菊紀

勉強のテクニックは身も蓋もないですが、とりあえず始めることです。やる気が出てくるのを待つのではなく、いますぐやる。脳科学的にいっても、それがベストな方法です。始めると脳の奥にある大脳基底核のひとつで、やる気に関連する線条体という部位が勝手に発火して動き出します。これを作業興奮といい、次第に勉強が快感に変わっていきます。


テリー伊藤

毎月毎月お金が入ってくると思ったら人間、努力はしなくなる。でも、お金を稼ぐことの原点はもっとかっこ悪くて、食らいつくような貪欲さにあると思うんだ。特にうちみたいな小さい会社にくるヤツは、一流企業に入れないでくすぶっている中で起死回生にならねぇかなって入ってくるわけじゃない。だったら、入っただけで安心するんじゃなくて、そっからどういうふうに自分を奮い立たせるか。そういうパワーがないと。それはいま、転職を考えている人やリストラにあってしまいそうな人にも伝えたい。


清水久三子

ターゲティング(資料を見せ、行動を起こしてもらう必要性のある相手の人物像を明確化すること)は一見、資料をつくることから遠い行為のように思えます。しかし、資料づくりにおいて、実は最も重要です。にもかかわらず、ほとんどの人に軽んじられている作業だといえるでしょう。ターゲティングの善し悪しが、相手に行動を起こさせることができるかどうかの決め手となります。


丸幸弘

リーダーは永遠に向上心を持って、感謝し続ける人間。それを忘れたらリーダー失格。


沼田博和

創業者である私の父が最初に始めたのは、「フレッシュ石守」という食品スーパーの経営でした。売り上げが順調に伸びたことで、店舗も3つまで増やしました。しかし、当時はダイエー全盛の時代でしたので、このままだといずれ自分達も淘汰されてしまうだろうと考え、将来に備えて、製造小売に転換する準備を始めました。それで1992年、中国の大連に100%出資の会社を設立し、食品加工を行うための工場を作りました。メーカーとしてスタートを切ったわけです。


山下勇

運転士も人間だ。運転士がたとえ居眠りしても事故を防ぐことができる、そういうシステムを持たなければならない。


篠原雅直

カチッとした格好の良いデザインにするというよりは、その場所・その建物に合った施工をして市場に供給する。不動産は入居率が全てですから、物件の力量を踏まえた上での「不動産の生かし方」をマッチングする技術を身に付けているのです。当社ではこれを「大衆リノベーション」と呼んでいます。私たちはデザイナーを採用せず、下地の工事も自分たちで行うので、その分を賃料に反映できます。ですから他の物件よりも安い賃料で、テレビで見たことがある格好いい部屋に住んでいただくことができるのです。当社が狙っているのは、まさにその層なのです。