名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

荒木恭司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

荒木恭司のプロフィール

荒木恭司、あらき・きょうじ。日本の経営者。「島根電工」社長。島根県出身。駒澤大学法学部卒業後、東京の芸能プロダクションを経て島根電工に入社。出雲営業所所長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。島根県電業協会会長などを務めた。「日本サービス大賞 地方創生大臣賞」受賞。

荒木恭司の名言 一覧

仕事がなければつくるしかない。


電球1個の取り替えでも、お客様の詳細な利用履歴を残しています。利用履歴は、即座に引き出せるようになっています。ですから、お客様から電話を受けて「いつ購入されましたか」「品番はわかりますか」などと尋ねて、相手を煩わせたり、不快にさせることはありません。


私が入社したのは、高度成長のさなかです。ビジネスは弱肉強食の世界、食うか食われるかだと当時は思っていました。しかし今、地方の企業はそれでは立ち行きません。人口減少が続く地域で大切なのは競争よりも共生。当社は営業実績を前年度対比では見ていない。事業の拡大よりも、むしろ「利益がいくらあれば、会社を存続できるのか」という発想に立っています。


携帯端末「サットくん」は現場で料金を見積もって請求書を作り、さらに回収もできます。その場で支払う明朗会計だから、客も嬉しい。これによってコスト大幅減と、受注数の飛躍的な伸びを達成できました。帰社後のデスクワークが大幅に減ったため、ノー残業デーを実現できました。開発のきっかけは、社内の自販機の前で、清涼飲料水メーカーの人がポンポンと叩いていた小さなコンピュータ端末を見て、「これだ!」と閃いて、友人のソフト開発業者に頼んだんです。意外にも3、4か月程度で出来上がりました。


当初、社内では「そんなもの(一般家庭向け小口電気工事)は儲けにならん」と、相手にされませんでした。ただ、バブル崩壊とその後の不況で、当時は大口工事が減る一方。何か手を打たなければ会社を維持できない。新しい仕事をつくり出さればという危機感がありました。大口工事は競争が激しく、受注価格を下げないと仕事がとれない。下手をすれば粗利も出なくなります。一方、家庭向け工事は、1件の金額は小さいけれど、適正価格での受注ですから、確実に利益が出ます。小口工事を増やしていった結果、公共工事がどれほど減っても、経常利益率5%を確保する体質ができました。


荒木恭司の経歴・略歴

荒木恭司、あらき・きょうじ。日本の経営者。「島根電工」社長。島根県出身。駒澤大学法学部卒業後、東京の芸能プロダクションを経て島根電工に入社。出雲営業所所長、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。島根県電業協会会長などを務めた。「日本サービス大賞 地方創生大臣賞」受賞。

他の記事も読んでみる

山田昇(ヤマダ電機)

やっぱり郊外型のお客さんからすれば、近くにヤマダがあることが一番のメリット。当たり前ですよね。投資家さんからもCS(顧客満足)に関する質問をされるんですよ。今度はデータを使って説明できます。実はこうですと。


石黒不二代

最初は名もない企業でしたので、採用してもらうため、ありとあらゆる手段を使って成功事例を作り、それを増やしていきました。


安田正

世の中に感心されるぐらいの情報を持つには、約5年はかかります。しかし時間をかければ知識は増えるし、情報収集のスピードも上がっていく。


中田敦彦

個性を組み合わせる秘訣は、個々の才能を細かく分析することです。RADIO FISH活動初期には、その分析が雑で失敗したことがありました。4人のダンサーに振り付けを頼む際、1曲を単純に4分割して渡したところ、非常に出来のよろしくないものに(笑)。分析し直すと、振り付けが好きで能力も秀でているメンバーが1人いた。ならば彼に全部任せればよかったのです。他のメンバーも、踊りのスキル、完成品をチェックする能力、それを人に教える能力と、それぞれ違った才能がありました。個性は精密に見なくてはいけない、そうしないと適切に仕事を振れない。仕事を頼む者に不可欠な心得だと思っています。


杉村貴代

いまのように競争が厳しい時代には、「他とは違う自分」をアピールしなければ、その他大勢に埋もれてしまう。


矢野薫(NEC)

昨日と違う明日をつくろう。夢と情熱こそがNECがイノベーションを生み出し続ける原動力です。


ゲーテ

私はつくりあげてしまった作品には、かなり冷淡なほうだった。いつまでもそれに執着しないで、すぐに新しい作品のプランを練った。


秋津壽男

朝風呂と夜風呂では意味がまったく異なります。最も休息になるのは、夜に湯船へ入ること。湯船に入ると「はぁ~」とため息が出ますね。ため息が出るのは交感神経が下がって副交感神経が優位になり、リラックスしているサイン。寝る30~40分前に入ると、よく眠れます。朝のシャワーは交感神経を優位にして気が引きしまるため、仕事モードに切り替えるアクセルの役目を果たしますが、疲れを取ることにはなりません。


小林喜光

時間内に一定の成果を上げようとすると、自分たちだけでは達成できない場合があることに気がつきます。おのずと自前主義では難しいということを理解できるようになるんです。時間軸や市場のニーズを考えれば、「自前主義」を貫くことは通用しません。


桜井たけし(経営者)

時間をいかに有効に使うか、とくにスキマ時間にビジネスの発想を得ることは多いですね。


船川淳志

グローバル化が進む世界で活躍するビジネスパーソンたるもの、いつでも、どこでも、どこの国の人とでも一緒に働ける多文化スキルが求められる時代だということを強く認識しましょう。ですから海外出張こそ、シングルカルチャーで育った日本人にとって、その能力を磨き上げる絶好のチャンス。


岩田松雄

自分の意見と会社の方針が対立して見えるときも、双方が納得できる方法を考えること。ポジティブさを持って臨めば、道は必ず開けてくると思います。