草柳大蔵の名言

草柳大蔵のプロフィール

草柳大蔵、くさやなぎ・だいぞう。大正から平成にかけての評論家、ノンフィクション作家。戦後を代表するジャーナリストの一人。多数の著作を発行。海外の詩人・哲学者の翻訳も手がけた

草柳大蔵の名言 一覧

「さよなら」は大切な言葉だ。しっかりと、美しく言おう。別れの一瞬、相手の目をちゃんと見て、「さようなら」と言って、それから会釈をしよう。


優れたライターほどデータを捨てる技術にたけている。


草柳大蔵の経歴・略歴

草柳大蔵、くさやなぎ・だいぞう。大正から平成にかけての評論家、ノンフィクション作家。戦後を代表するジャーナリストの一人。多数の著作を発行。海外の詩人・哲学者の翻訳も手がけた

他の記事も読んでみる

北尾吉孝

時代は常に移り変わります。時代に合わせ、「自己否定→自己変革→自己進化」のプロセスを繰り返す必要があります。


高橋秀明

これまで日本企業は社員の多様性を生かし、個性を尊重することに前向きではなかった。だからといって日本人に個性がないわけではない。独創的な人は多いし、ソニーやファーストリテイリングのように、飛びぬけた発想で活躍している企業もあります。組織として調和を保ちつつ、個を大事にする。日本でも昔から「和して同せず」と言うではありませんか。


藤田近男

結局、仕事は人であると思って進めたのが、分社経営です。100人で1台の神輿を担ぐなら、3人がぶら下がっていてもばれない。10人で担ぐ神輿を10台作れば、1人がサボるとすぐにわかる。それに10人の神輿なら自分の貢献度も実感できます。組織の歯車にすぎないと思えば、自分で考えることをしなくなる。責任と権限を与えられれば、それぞれが創意工夫をするでしょう。


茂木健一郎

世間から褒められるだけの優等生には、破壊的イノベーションはなかなかできない。


深澤真紀

女性は真面目な人が多いので、一生懸命習い事に通うのですが、いつまでたっても上達しないという人もまた多い。それは「これを人に教えよう(披露しよう)」という意識がないからなのです。教える相手は友人や家族で十分ですから、意識してみましょう。


羽賀翔一

自分がいるからこそ、他人が存在し、他人がいるからこそ自分が存在している。


梅原勝彦

経営者に対して信頼感があれば、社員は自ずと会社に愛着を持つようになる。それが仕事へのモチベーションを高めるし、会社の成長を加速するパワーにもなってくれる。


小椋佳

新商品開発のために「国際財務サービス室」が新設され、その初代室長に任命されました。実は私は、以前から行内で「総合金融業化」を訴えてきました。25~26歳のころ、銀座支店で資生堂グループの担当になったのですが、同社は関連会社が多く、グループ内で大変な額のお金が動いていました。これらのお金をすべて取り扱えれば、大きな利益になります。そのためには、銀行業の枠を超えて総合金融業化する必要がある。その考えを「資生堂論」という論文に書いて提出したのです。そして論文を出した後も、ことあるごとに私は総合金融業化を主張してきました。上層部は、それを知っていたのでしょう。国際財務サービス室が新設されるときに、「あいつにやらせてみよう」という話になったようです。


桜井正光

製品というものは、そのハードだけに目を向けると、スピーカーを高音質にとか、操作性をどうやって改善するかとか、小さな側面ばかりに目を奪われがちですが、アップルは技術やスペックに必要以上に拘泥しなかった。たとえば高級感のある側面ボディは、高度な練磨技術のある日本企業がつくっています。優れた技術があればそれを使う。そのかわりに何に注力するかというと、消費者がその再生機を使って音楽を聴くときのシーンに徹底的にこだわる。それを楽しむシーンを全部数え上げ、それをシステムとして提供できるように考えたのです。


奥野宣之

業界紙の記者になってからは、手帳としてだけでなく、会議用や取材用など、いろいろなノートをつくりました。しかし、何冊ものノートを持ち歩くのはたいへんです。何をどのノートに書いたのか思い出せなかったり、ふと思いついたことを、どのノートに書いておいたらよいのか悩んだりすることもありました。そこで「すべての情報を一括管理できる万能ノートをつくれないだろうか」と試行錯誤した結果、たどりついたのが、一冊のノートですべての情報を整理する「百円ノート式」です。


井上陽介

新分野に挑む。会社を変える。イノベーションを起こす。どの課題も一筋縄ではいかないだけに、努力しても変わらない状況が続くと、組織全体に諦めの気持ちが広がりやすく、つい現状に甘んじてしまう人も増えてきます。それでも、未来はこちらの方向にあると明確に指し示して説得し、みずからの行動でその流れに人々を巻き込んでいくのが、リーダーのリーダーたる所以でしょう。


萩本欽一

才能がない子でも、運の神様が「スーパースター」の座を用意しておいてくれる場合があります。たとえばいじめられてる子に、運の神様はやさしい。一番つらいときには声をかけてくれないかもしれないけれど、その子がつらい状況をバネにして頑張っていれば、必ず道を開いてくれます。だから「いじめられてるな」と思ったら、「ラッキー!今、大きな運がたまってるんだ」と思ったほうがいい。


樋口泰行

マイクロソフトは多様な製品を持っているので、製品を個別で考えるのではなく顧客にとって全体最適の戦略を考えていかなければなりません。単体サービスを組み合わせ、いかに他社よりも付加価値を高められるか。この点が競争環境の厳しいクラウド市場で明暗が分かれる点でしょう。


村井勉

夜、時間があくと若い人たちを誘って飲みに出かける。みんなからいろいろな話を聞いているうちに、自分の若いころはどうだったかなど、わが身を振り返ってみたりする。こうした意思の疎通がすべての前提だと私は考えている。


田辺道夫

いろんな部署から質問を受け、知らないこともありましたから、何が何でも答えなきゃならないと思い勉強しました。ますます知識を豊富にし、自分を磨こうと努力するようになりました。「コンピューターのことは田辺に聞け」ということになっていきました。


ページの先頭へ