名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

草場滋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

草場滋のプロフィール

草場滋、くさば・しげる。日本のメディアプランナー、放送作家。福岡県出身。企画集団「指南役」代表。「フジテレビ・バラエティプランナー大賞」グランプリ獲得。著書に『情報は集めるな』。

草場滋の名言 一覧

同業他社のヒット商品に無関心ではいけません。まずは買ってみて自分で体験すべき。ヒット作には必ず消費者の心を掴む何かがあります。


「普通」とは何なのかを知ることが、企画や提案をする時に役立つ。マクドナルドがテスト販売を静岡で行うのもその一例。都会と田舎の中間で所得も中位の静岡を「売れる」基準にしているのです。


自分の得意分野を一つ持って、惜しみなく情報を出せば、勝手に自分が欲しい情報も集まってくる。人は「有益な情報を得たら、お返ししたい」と考えるものです。得意分野は仕事でなく趣味でもOK。何かに精通していれば、必ず良い情報が集まってきます。


今の映画だけを見ている人は、それらの多くが昔の作品の焼き直しであることに気づけません。どんな情報でも、正確な姿をとらえるためには、過去と比べることが不可欠。歴史を学んで損はありません。


仕事に関係のない自分の趣味の話でも、雑談や例え話で使えば、「○○に詳しい」と相手に覚えてもらえますし、営業や企画でも自分にしかない切り口がみつかります。重要なのは、些細なことでも自分の仕事に引き寄せてみること。すると活用法がつかめてきます。


僕だったら、その町で何十年と続いている飲食店へ行き、店のオヤジさんに「この町の景色もずいぶん変わりましたね」と話しかけてみる。そういう会話を通して得た情報から自分なりの視点を持つこと。それができて、はじめて情報は生きてくる。


ネットで拾ってきた情報というのは、言い換えれば誰にでも手に入る既存の知識です。それだけで新しい企画や提案、ビジネスにつながるものなんか一つもない。仕事に活用できるアイデアというのは、生きた情報からしか生まれてこない。


隣の部署や社外の人など、普段話さない人と話すと、思いもよらない情報が得られるものです。社外の人でも、「近くに来たので」と当日に連絡すれば、案外アポがとれます。


草場滋の経歴・略歴

草場滋、くさば・しげる。日本のメディアプランナー、放送作家。福岡県出身。企画集団「指南役」代表。「フジテレビ・バラエティプランナー大賞」グランプリ獲得。著書に『情報は集めるな』。

他の記事も読んでみる

永井一史

人間の脳は経験によって進化するといわれているので、たくさんの経験を積んで場数を踏んでいけば、結果的に仕事ができるようになると思います。


伊井哲朗

人生は限られている。なんとなく過ごしても一生。チャレンジして生きるのも一生。


徳岡邦夫

僕が第一次産業の改善や地域ブランドの活性化について意見を述べたり、それをメディアで発表したりするのは危機感があるからです。たとえば、美味しい料理にはいい食材が欠かせませんが、多くの農家や漁師の方々が収入の不安定さや後継者不足などの問題に悩まされています。それをこのまま放置しておけば、この国の第一次産業は取り返しのつかない状態になって、料理人がいくら腕を振おうにも満足のいくものはできなくなってしまうでしょう。


山田満(経営者)

当社の強みは地道に医療現場を回り製品を説明して回ったのと同時にユニークな商品、どこにもないような独自性を追求してきたことだと思います。


ロバート・アレン

裕福な人が裕福であるゆえんは、彼らがより多くのお金を持っているからではなく「自由になる時間」をより多く持っているからです。彼らの収入の流れは一度の労働に対し何度も支払われるタイプの収入であるため、やりたいことをやる時間がたっぷりあるのです。


山川直輝(漫画原作者)

マンガを描く上で、原風景にあるのは原子爆弾で焼け野原になった長崎の写真なんです。長崎の原爆落下中心地から一番近い学校を出たこともあり、幼少期からそれが心の中にありました。だから、常に興味の最上位にあるのは「命のやりとり」。それをどこかに絡めないことには、マンガが描けないんです。


平康慶浩

これまでは「雇われる力」が必要でしたが、今後は「稼ぐ力」が不可欠です。投資などで稼ぐも然り、自分にお金を払ってくれる人を増やすことが大事。仕事を任せたい、教えてほしい、と言われる専門性を身につけることですね。


栗山浩一(経営者)

顧客に感謝してもらえることが私たちにとって最大の喜び。


安渕聖司

ワークライフバランスとは、量ではなくいかにバランスよく質のいい人生を過ごすかだと思います。


浜口隆則

自由を「何でもOKなフリーダムな世界」とイメージする人は、独立の心構えがまだできていません。すべてを自分で決められるということは、逆に言えば、何の指示も方向性も与えてもらえないということでもあります。ある程度の制約があるほうが仕事を進めやすいというタイプの人もいますし、何より、経営者の自由には責任がともなうので、そこをしっかり考えておくべきです。


栗山英樹

野球の技術的なものは勉強できるけれど、人として持っているものはなかなか変えづらい。指導者には人への愛情、情熱が絶対になければいけない。選手たちをまず動かすものは、彼らをどれだけ思っているか。そういう思いを持っている人たちに来てもらった。
【覚書き|コーチの選定基準について語った言葉】


岩瀬大輔

大企業やベテランを巻き込み若手のクリエイティビティを発揮する場を作ることが、これから日本で大きなベンチャーを育てる。