名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

草場滋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

草場滋のプロフィール

草場滋、くさば・しげる。日本のメディアプランナー、放送作家。福岡県出身。企画集団「指南役」代表。「フジテレビ・バラエティプランナー大賞」グランプリ獲得。著書に『情報は集めるな』。

草場滋の名言 一覧

同業他社のヒット商品に無関心ではいけません。まずは買ってみて自分で体験すべき。ヒット作には必ず消費者の心を掴む何かがあります。


「普通」とは何なのかを知ることが、企画や提案をする時に役立つ。マクドナルドがテスト販売を静岡で行うのもその一例。都会と田舎の中間で所得も中位の静岡を「売れる」基準にしているのです。


自分の得意分野を一つ持って、惜しみなく情報を出せば、勝手に自分が欲しい情報も集まってくる。人は「有益な情報を得たら、お返ししたい」と考えるものです。得意分野は仕事でなく趣味でもOK。何かに精通していれば、必ず良い情報が集まってきます。


今の映画だけを見ている人は、それらの多くが昔の作品の焼き直しであることに気づけません。どんな情報でも、正確な姿をとらえるためには、過去と比べることが不可欠。歴史を学んで損はありません。


仕事に関係のない自分の趣味の話でも、雑談や例え話で使えば、「○○に詳しい」と相手に覚えてもらえますし、営業や企画でも自分にしかない切り口がみつかります。重要なのは、些細なことでも自分の仕事に引き寄せてみること。すると活用法がつかめてきます。


僕だったら、その町で何十年と続いている飲食店へ行き、店のオヤジさんに「この町の景色もずいぶん変わりましたね」と話しかけてみる。そういう会話を通して得た情報から自分なりの視点を持つこと。それができて、はじめて情報は生きてくる。


ネットで拾ってきた情報というのは、言い換えれば誰にでも手に入る既存の知識です。それだけで新しい企画や提案、ビジネスにつながるものなんか一つもない。仕事に活用できるアイデアというのは、生きた情報からしか生まれてこない。


隣の部署や社外の人など、普段話さない人と話すと、思いもよらない情報が得られるものです。社外の人でも、「近くに来たので」と当日に連絡すれば、案外アポがとれます。


草場滋の経歴・略歴

草場滋、くさば・しげる。日本のメディアプランナー、放送作家。福岡県出身。企画集団「指南役」代表。「フジテレビ・バラエティプランナー大賞」グランプリ獲得。著書に『情報は集めるな』。

他の記事も読んでみる

山口悟郎

何ていうか、無性に野菜が食べたくなることってあるでしょう? 「体が欲している」みたいな。そういうのと一緒で、何で選ぶのかわかりませんけど、本能的に「もう1回、読んでみたい」と思う本を手に取る。すると「そうだったのか!」じゃないですけど、何かのヒントになったりすることはありますね。


荒井直樹

私が言ったことをしっかりと聞いていない選手は起用しないという姿勢を明確にしているので、選手たちも真剣に私の指導の感想や自分の悩みをノートに書き込みます。そこにはヒントが詰まっている。どんな格言や指導書よりも、このノートを読んだ方が勉強になりますよ。


小池淳義

従来の延長線や改善も大切ですが、一番大事なのは、今までになかったことへのチャレンジです。


佐藤可士和

自分の考えを上手く言葉にできないときは、とにかく頭の中の考えを書き出して可視化することです。表層的でも断片的でも単語の羅列でも構わないので、とにかく思いついたことをどんどん書いていく。そしてそれらを眺めて、「なぜそう考えるのか」と自問するのです。すると、より自分の感覚に近い言葉や別の考え方が浮かんできます。それを書き出してまた考える。この繰り返しで、自分の考えをかなり正確に言語化できます。この作業はいまも実践しています。


神田正

27歳の頃、私が働いていたラーメン店のオーナーが突然「店を辞める」と言い出した。急に仕事がなくなって、私も困った。どうしようかと思っていたら、店の建物の家主さんが「あんたがやったらいいじゃないか」。一生懸命働いているのを見て見込んでくれたうえに、開店資金を銀行から借りる保証人にまでなってくれました。ところが、自分で経営して分かりました。その店は2階で目立たないから何しろ客が来ない。働いていても「暇だなぁ」とは思っていたのですが……。もう借金はしているし、どうにもできません。仕方なく、前のオーナー時代から夜10時までの営業だったのをそのまま延ばしてみました。すると、夜遅くなるほどお客さんが来るのです。そこではつと気がつきました。岩槻市(のちのさいたま市)は人形の町で遅くまで働いている人が多い。でも、当時は夜やっている店なんてなかった。だから受けたのです。店は立地だけではない。時間を変えればすごいマーケットが取れるということをその時学びました。


石川康晴

ビジネスモデルが20年以上変わっていない業種でも、ITの力を使えば、売り上げを伸ばす余地がまだある。


中畑清

私がなぜ自分にキャッチフレーズをつけるかというと、自分のやりたいことをわかりやすく伝えたいからです。単純だけれど、こねくり回したものではなく自然に湧き出た言葉です。だからその分、人に伝わりやすいと私は思っています。


福沢諭吉

人は生まれながらにして貴賤貧富の差があるのではありません。学問に励んだ賢人は、社会的に高い地位を得、経済的にも豊かになり、学ばなかった愚人は、貧しく、社会にも認めてもらえない人になるのです。


萱野稔人

サラリーマンは1日の大半を仕事に使います。その時間にただ漫然と仕事をするのではなく、社外でも通用する力を、日常業務のなかで磨きましょう。


笹宏行

信頼を失った傷が、完全に癒えることはありません。そのことを胸に刻み、改善を続けていく。そんな思いを社員と共有し、新たなオリンパスをお見せしたい。


鑄方貞了(鋳方貞了)

後継者が経営者として求められる人間力を備えるには、まず自分自身の長所に気づき、それを仕事で徹底的に伸ばしてまわりから認められるようになること。そして認められるようになればなるほど謙虚に生きて少しずつ人望を得られるように、現経営者が導いてあげることが大切。


遠藤直紀

ユーザーを無視し、供給者サイドの視点でシステムをつくっている業界の現状はやはりおかしい。そこでやりたいと思ったのが、ユーザビリティの追求だったんです。
【覚書き|独立した理由について語った言葉】