草刈正雄の名言

草刈正雄のプロフィール

草刈正雄、くさかり・まさお。日本のモデル、俳優、歌手、司会者。福岡県出身。高校在学中にスカウトされ芸能界入り。CM、映画、テレビドラマ、舞台で活躍。エランドール新人賞、コンフィデンスアワード・ドラマ賞・助演男優賞、東京ドラマアウォード助演男優賞を受賞。

草刈正雄の名言 一覧

僕は40年間、俳優という仕事にしがみついてきました。それは、プロ意識だとか役者魂というようなカッコいいものではなく、自分には役者以外の仕事は何もできない、役者を辞めたら生きていけなくなるという必死さによるものでした。


30代、40代で自己実現をできていないサラリーマンはたくさんいると想います。でも、皆さんにはやるべき仕事がある。仕事がなくて、屈折しているだけなら破滅的な人生になってしまうかもしれませんが、仕事があるなら大丈夫。その仕事にしがみついていれば、どうにかなる。しがみついていれば、転機はきっと訪れます。


30代半ばを迎えた僕は低迷期に入りました。仕事が来なくなったんです。来たとしても主役ではなく、脇役。そして、さらに、どんどん小さな役になっていく……。でも、僕は俳優という仕事にしがみつきました。どんな役でもやりました。僕は下手な役者でしたが、この道でやっていくしかないという強い思いは宿っていたんです。


テレビや映画の仕事が減っていった30代半ばの低迷期に、若尾文子さんに舞台やりなさいよ、と。いきなり舞台と言われても、いやぁ、こわかったです。僕のようなポッと出の俳優にとって、実力を問われる舞台に上がるのは覚悟をともなうことでした。実際、初舞台の『ドラキュラ その愛』では客席との距離の近さを感じて大変でしたが、どうにか舞台に立ち続けました。それが自分の自信になり、その後、フィルムに戻って演技をするときの糧にもなりました。


ドラマや映画の仕事もいただけるようになった頃、ドラマでご一緒した沢村貞子さんに「あんた、見てくれがいいんだから、そのぶん、3倍は腕を磨かないと、この世界から消えちゃうわよ?」と激励していただきました。その通りだと思いました。僕はモデル上がりで演技の基礎を勉強していない。それが、コンプレックスでした。だから、その裏返しで「二枚目」というレッテルがすごく嫌だった。


僕、草刈正雄には、何をやるにも必ず、ついて回る代名詞がありました。「二枚目」です。要求される演技は常に正統派の二枚目。だんだんと「二枚目」という代名詞が自分に貼り付けられたレッテルのように感じられるようになり、窮屈になっていきました。「二枚目」を崩したいと思うあまり、勝手にコミカルな演技をして、プロデューサーを困らせたりもしました。


草刈正雄の経歴・略歴

草刈正雄、くさかり・まさお。日本のモデル、俳優、歌手、司会者。福岡県出身。高校在学中にスカウトされ芸能界入り。CM、映画、テレビドラマ、舞台で活躍。エランドール新人賞、コンフィデンスアワード・ドラマ賞・助演男優賞、東京ドラマアウォード助演男優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

高原豪久

社員の中で最も困る存在は、いわゆるインテリヤクザです。インテリヤクザは、知識や思考を披露する局面では立て板に水ですが、何も行動しない。「私考える人、あなたやる人」という態度です。しかし、いくら素晴らしいことを考えても、それを行動に移さなければ、当人は成長しません。同様に高額の費用を支払って、コンサルタントの指導を受け、どれほど優れたメソッドを導入しても、それを徹底して行動に移さなければ、会社は変わりません。


小林佳雄

他人のブランドにぶら下がるのは、本質論ではない。自分を出していかないとお客は信用してくれないし、部下も信用してくれない。


千本倖生

僕はハーバード大学でも教えていましたが、クラスの学生の半分は起業家志望でした。新しい産業やサービスを起こすために必死で努力するのが真のエリートであり、リスクを恐れないからこそ尊敬されるのがアングロサクソンの伝統です。ところが、日本の場合は、狩猟民族と農耕民族の違いなのかもしれませんが、頭のいい人ほどリスクを嫌って大企業に就職し、しかもそこに安住しようとする。これでは、イノベーションなど望むべくもありません。


濱田純一

大学ランキングなど気にするなという声もあります。しかし、たかがランキング、されどランキングです。この順位を見て進学先を決める優秀な学生もいるでしょう。
【覚書き|いくつかの大学世界ランキングで東大の順位が大幅に下がっていることについて語った言葉】


本庶佑

超高齢化社会というのは、世界中で日本が最初に経験する特異な社会です。逆に言うと、それは新しいビジネスチャンスになる。


辻範明

今後はサービス関連事業を伸ばしていく。分譲マンションには、買い替え、仲介、リフォームの需要があり、今後は介護の必要性も出てくる。お客様の人生全体の住まいに対するサポートができるような会社にしたい。


藤冨雅則

電話営業で怒鳴られたり断わられたりしたら、「スクリプト(台本)が悪かったのだ」と思うこと。自分が否定されたという思いを払拭できるのに加え、そのスクリプトの改善すべき点も見えて一石二鳥です。


新井田傳

他社が完全なコミッサリー(自動化された食品加工工場)をなかなか作れないのには理由があります。店舗のメニューと連動してくるからです。メニューがたくさんあればあるほど、コミッサリーでは多様な食品を作らなければなりません。ハンバーグのパテを作って、次は同じ設備でメンチカツを作る。これではライン化することはできません。我々の強みは店のメニューと連動している点にあります。これは他社に真似はできない。メニューまでさかのぼらなければならないためです。ほとんどの外食産業は多品種少量生産ですよね。セントラルキッチンで作ることはできても、コミッサリーができない理由はそこにあります。


野中正人

お客様から当てにされるお店になりたい。新しいお洋服を買いたいとき、「しまむらに行けばあるんじゃないか?」と思っていただけるようになりたい。


ハンス-ポール・バークナー

日本は新興国を理解できる人材を育てていくことが必要です。逆に新興国から人材に来てもらって、日本の文化や風土をよく知ってもらう。その両方が欠かせないでしょう。そして、両者でインターナショナルなチームをつくりあげていけばよいのです。


島津義久

家を治めるほどの者は、また、国を治めることもできる。民を憐む者を、君の器と見なす。


シェイクスピア

私たちの疑いは反逆者であり、やろうとしないから失敗してしまうという安易な道に私たちを誘いこむのである。


永松茂久

僕のところに相談に来る方の中にも、「出資を募ってやりたい」という人がいますが、僕は「自己資金で小さく始めたほうがいい」とアドバイスしています。そのほうが独立独歩の姿勢でやっていけますから。


執行草舟

期待は人間から卑しいものを引き出します。私はロシアの小説家・ドストエフスキーの作品を死ぬほど読みましたが、彼の文学は否定の否定の否定を通り越して、その先を見ていく。すると軽い意味の希望ではなく、本当の憧れ、つまり真の生命感がつかめます。


小宮康正

伝統とは、技術の改良を積み重ねた集大成。逆説的ですが、伝統とは最先端技術でもある。


ページの先頭へ