名言DB

9429 人 / 110879 名言

茂木克己の名言

twitter Facebook はてブ

茂木克己のプロフィール

茂木克己、もぎ・かつき。キッコーマン社長。慶應大学法学部卒業後、大日本麦酒に入社。当時の取締役茂木順三郎の養子となり、野田醤油(現:キッコーマン)に転じる。取締役、常務、副社長を経て社長、相談役。醤油業界最大大手にまで発展させ、積極的な多角化、国際化を推進した

茂木克己の名言 一覧

私が「任せて任さず、和して同せず」を座右の銘にしているのは、会社というものが決して個人の力で動くものではなく、いろいろな人間がそれぞれの立場で考え、行動することによって成り立っていると信じているからです。社長一人がいくら頑張っても、人間の能力には限界がある。あれもこれもと自分で抱え込んでいたら、かえって組織が円滑に動かなくなる場合も多い。


企業という人間の集団には和が大切なことは言うまでもありません。しかし、和を尊ぶあまり、個性を摘んでしまったのでは、組織が沈滞化してきます。業務にあった個性や能力を生かしながらチームワークづくりをするのもまた、上に立つ人間の役目だと考える。


成功のあいうえお・カキクケコ
 あ(諦めない)
 い(威張らない)
 う(裏切らない)
 え(えこひいきしない)
 お(驕らない)
 カ(感謝を忘れるな)
 キ(協力者の立場を尊重せよ)
 ク(苦労は進んで担え)
 ケ(健康に注意せよ)
 コ(公共のために尽くせ)


私はキッコーマンの品質を守るために、毎朝、利き酒ならぬ利き醤油をします。市場に出る商品を自分の目で見、舌で味わうことは製造業に携わる者の責任だと思うからです。庶民の味を守るためには、庶民でなければいけません。社長が雲の上の人になってしまって、社業の最前線が見えなくなったのでは失格です。


醤油という日本の伝統的な味が、アメリカやヨーロッパで広く愛用され始めた反面、これらの国々のオリジナルな食味も次々と日本に入ってきています。私たちは食という人間の本能を通じて、インターナショナルな交流を行っているのです。国際性、そして科学的指向が、この時代の経営者である私に与えられた課題です。


時代に適した業態を考え、商品を開発し、会社をより良い方向へ導いていくことが、トップの務めであり、代々の経営者に課せられた役目です。当社ではすでに昭和30年代から多角化、国際化戦略を展開し、超しょうゆ路線や海外工場の建設などを行っている。また、社内に醸造科学研究所や、食品開発研究所、生物化学研究所を作り、21世紀へ向けた新しいライフサイエンスの提案にも力を入れています。


人間やる気が起こると、それまで眠っていた能力にも火がついて、思いがけない力を発揮します。こうした人間が増えることによって、企業が活性化されるのです。


上司から部下へ、そしてそのまた下の人へと権限が移譲され、それぞれの人が自分の持ち場に適した能力を発揮することで、企業の組織力が生きてきます。トップはそのための交通整理をすればよいのです。もちろん、権限は部下に委譲しても、責任は常にトップにあります。「君に任せるけど、あとは知らんよ」では、部下が怖気づきます。反対に「後は引き受けるから、君の判断でやりたまえ」と言われれば、勇気百倍になります。またそのほうが、熱心に相談に来たり、経過報告に来る回数も多くなってきます。


茂木克己の経歴・略歴

茂木克己、もぎ・かつき。キッコーマン社長。慶應大学法学部卒業後、大日本麦酒に入社。当時の取締役茂木順三郎の養子となり、野田醤油(現:キッコーマン)に転じる。取締役、常務、副社長を経て社長、相談役。醤油業界最大大手にまで発展させ、積極的な多角化、国際化を推進した

他の記事も読んでみる

窪田規一

私達は外注業者というスタンスではなく、クライアント企業の研究開発部門という立ち位置で仕事をしている。


山田隆持

非常に厳しい状況だということはわかっています。ドコモという会社は急成長を遂げたわけですが、いま成熟期に入っています。ここでもう一度、明るく元気になって、お客様に喜んでいただける企業になりたい。そのために社員の情熱にもう一度火をつけます。それが私の使命です。


小沼勢矢

どのようにして集中力を高めればいいのか。脳にはタイプがあり、人によって違います。人間は、「視覚」「聴覚」「身体感覚(触覚)」「嗅覚」「味覚」の五感覚によって、情報を知覚しています。そして、どの感覚が優位に働くかは、人によって異なっています。自分がどのタイプかわからなければ、世の中に紹介されているいろいろな集中法を試してみてください。そうすれば、「これならフロー状態に入れる!」という方法が、きっと見つかるはずです。


青木紘二

私くらいの年齢になると、長く生活させてもらってきた写真界をよくしたいという気持ちが強くなります。そのためには、度を越した競争はやめて、利益率を上げることが必要です。これは、私と同じカメラマンを守るためでもあります。私たちフォトエージェントが安売り競争をすると、カメラマンが食べられなくなるし、結局はフォトエージェントも立ち行かなくなる。私たちは、絶対に過当競争をやってはいけないんです。ここにこそ、私は今、勝負をかけています。


秋山真之

平素極めて知恵に富み、しかも豪勇であると言われている人でも、いざ戦陣に臨み、重責の職に就いたため、責任の重さから心がくらみ、気が惑い、せっかくのその資質を発揮できぬという実例が多い。


織田大蔵

常に大きな夢、大きなことを考えて発言していると、いつの間にか気宇壮大になり、人間も大きく、大きな事業を成し遂げられるようになるものだ。


小林弘人

ほとんどの企業が売っているものは、「商品(プロダクト)」「経験(サービス)」「情報」のいずれかです。プロダクトを売っている企業は、その商品がもたらす経験(サービス)も売っている。その意味で、全ての製造業はサービス業でもあります。ならば、もたらす経験がどう違うのかを発信しなければならない。製造業にとっては、「商品」が始点で、「情報」が終点ですが、多くのユーザーには情報が始点であり、メディア化が急務です。


セルジオ越後

このままでは何も改善しないのに「危ない!」と言わないのは、日本サッカーのためになりますか? 僕も解説者としてお金をもらっているから、日本サッカーが強くなるためなら、厳しく意見する。大事なことは、日本のサッカーが強くなること。そのためなら空気を読んだり、サッカー協会のご機嫌取りをしている場合じゃない!


堀内利之

あなたが受けた恩は、その人には返せないことがほとんどです。あなたが恩を返したいと思ったとき、その人はもういないかもしれません。いたとしても、あなたの恩返しを必要としていないことが多いのです。でもあなたは、受けた恩に報いなくてはいけません。その人に恩返ししなくてもいいのです。その人の代わりに、自分が受けたのと同じように、他の誰かにしてあげたらいいのです。そうやって順繰りに恩返しをして、人類の歴史は回ってきたのです。


田村潤

高知支店長就任後、高知のビール市場や土地柄を把握するためです。時間がある限り現場に足を運び続けました。高知には土地勘がなかったので、飲食店や酒販店、さらに温泉施設まで、ビールが置いてある場所はすべて訪れ、「なぜキリンビールが売れないのか」を聞き回りました。こうして気がついたのは、「売りにくい条件がたくさん揃っていた」ことです。地方のビール市場は、首都圏の売れ方とは随分違いしました。また高知県内でも市街地と郊外の郡部などでは全然違っていた。シェアトップの時代に営業経験を積んでこなかった人が多いものだから、部下はどこをどう売り歩けばいいのかも分からない。私自身も、何から手を着ければいいか、見当がつきません。そうこうしている間にも、ライバルのアサヒビールの営業マンは、感心するほど郊外まで足を延ばしていた。「現場で聞く」ことを手がかりにするしかなかったのです。