名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

若田光一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

若田光一のプロフィール

若田光一、わかた・こういち。日本の宇宙飛行士。埼玉県出身。九州大学工学部航空工学科卒業、九州大学大学院工学研究科応用力学専攻修士課程修了後、日本航空に入社。整備訓練部、成田整備工場点検整備部、技術部システム技術室機体技術グループなどに勤務。その後、新聞に掲載されたNASDA(宇宙開発事業団)の宇宙飛行士候補募集に応募。スペースシャトル・エンデバー号に搭乗。国際宇宙ステーション建設にロボットアーム操縦者として参加。日本人初のISSコマンダー(国際宇宙ステーション司令官)に選ばれた。

若田光一の名言 一覧

「自分は何なのか」「私たちの持っている文化、習慣は何か」といった自己認識が重要です。歴史も含めて自らの文化的な価値を把握する。それが相手が持っている背景を理解し、心から認め合うことにつながるのだと思います。


子供を相手に講演する時によく「自分がどういう人かをまず見つけてください」と話します。好きなことは、どんなにつらくても頑張り抜こうという気持ちになります。


NASDA(宇宙開発事業団)の宇宙飛行士候補試験を受けたのは、試験に落ちてしまったとしても、自分の知らない世界に目を向けたり、挑戦してみるという経験が自分のこれからの人生に必ずプラスになると思ったから。


少人数のプロジェクトで短期間で最大の成果を上げるにはフォロワーシップが欠かせない。聞く力だけではなく、リーダーに的確で建設的なフィードバックできる力も大切。


宇宙飛行士の仕事は、局面や状況に応じて、ある時はリーダーになり、ある時はフォロワーになるという柔軟性が欠かせません。一番習熟していることに関しては自分がリーダーシップを発揮し、他の仕事では自分がリーダーを支えるのです。


「グローバル化」という言葉がよく使われます。何だろうと考えることがあります。世界の基本は、個と周りとの関係です。国内でも国外でも、宇宙空間でも、境界というのは本来、自分とそれ以外との境を指します。重要なのは相手を尊重し、異なった考え方を認め合えること。世界が同じだったら面白くありません。お互いを認めた上で、協働していく価値観を共有できるのが、グローバルな社会なのだと思います。


国際宇宙ステーションでの仕事は、役割や内容が異なる世界各国の乗組員と協力して行わないといけません。そこで求められる資質は4つあります。「自己管理能力」「リーダーシップ」「チームワーク」、そして「フォロワーシップ」。フォロワーシップとは、リーダーを支援し、リーダーが仕事をしやすい環境を作る力。


東京は成熟した都市です。安全・安心度は世界一でしょう。その強みを生かし、海外の人も障がい者もアクセスできる環境を積み上げていけるかがカギです。多言語、多習慣、多文化に対応する、あらゆる意味でのバリアフリー化された社会を目指すべきです。都市が成熟すると、大きな飛躍はありません。長期的な展望を持ち、持続可能な形で努力を重ねるしかない。日本人にはハーモニーを大切にする「和の心」があります。地球人としての価値観を共有できる場所になれるかどうかが、東京の都市力につながるのではないでしょうか。


若田光一の経歴・略歴

若田光一、わかた・こういち。日本の宇宙飛行士。埼玉県出身。九州大学工学部航空工学科卒業、九州大学大学院工学研究科応用力学専攻修士課程修了後、日本航空に入社。整備訓練部、成田整備工場点検整備部、技術部システム技術室機体技術グループなどに勤務。その後、新聞に掲載されたNASDA(宇宙開発事業団)の宇宙飛行士候補募集に応募。スペースシャトル・エンデバー号に搭乗。国際宇宙ステーション建設にロボットアーム操縦者として参加。日本人初のISSコマンダー(国際宇宙ステーション司令官)に選ばれた。

他の記事も読んでみる

本田宗一郎

こんなところで遊んでないで、さっさと帰って油まみれになって働け!
(覚書き|経営者向け勉強会に講師として呼ばれたときに発した言葉。理論や勉強は大切だがそれ以上に実務の中で培われるものを大切にし、一生懸命汗水たらして自分の事業を行えと戒めた言葉。)


鈴木亜久里

目標が上手くいかないことがあることは当たり前です。すべての仕事が上手くいくなんてあり得ません。でも、そうやって最短距離でゴールに到達することばかり考えてるから、壁にぶつかるとすぐに挫折して諦めちゃうんだよね。


紫関修

今後も当社がこのまま続くと思ったら大間違いです。当然、お店を長く続けていけば、お客様から要求される商品やサービスのレベルは高くなると思います。時代の変化やニーズに対応しない店は生き残っていけません。


北島素幸

環境や他人のせいで嫌いになるなんていうのも、結局はその人本人の責任なんだもんね。どんなに悪い条件のときにも、前向きに考える余地はあるはずですから。


佐々木常夫

口先だけで「成長しろ」「貢献しろ」と言っても、部下には響きません。そう言っている本人が、その志を持っているかどうかを、部下たちは見ているからです。


金井誠太

「ひとつの理想型を追求し、それを可能な範囲で多方面に展開」を行えば、生産でも革新を起こせる。


田原総一朗

価格を下げるということは、価格に見合う付加価値がないということ。当たり前ですが、付加価値を生み出せない商売は長続きしない。より安く売るところと我慢比べになって、最後は倒れるだけ。


片田珠美

部下に小言を言うだけでも感情が爆発しそうになる人もいるだろう。それを防ぐには、正しい小言の言い方を知っておくことが大切である。この場面でやることは2つだけ。なぜその人がうまくいっていないのかという原因究明と、その打開策についての話し合いである。


三浦善司

リーダーは、イエスかノーかを速く判断することが大切です。明確に言えなくても「明日決める」など、何かしら答えを出しています。


レフ・ヤシン

私はこれからも完璧ではない。


中村天江

転職後に業績貢献をしたと答えた人ほど、職場での軋轢も経験しています。軋轢を乗り越えて活躍する条件の一つは、「アンラーニング(学習棄却)」の実践です。これは「それまで身につけた経験・やり方をあえて捨てる」という意味。たとえ都市の大企業で成功した業務効率化の施策でも、地方の中小企業の風土や仕組みには合わないこともあります。それを上から目線で押しつければ、軋轢が生じやすくなって当然です。やみくもに以前のやり方を押しつけるのではなく、本当にそこで役立つノウハウや情報を見極め、時には自分から過去の知見を捨てる判断も必要ということ。


棚橋弘至

緊張に飲み込まれないためには、場数を踏むことも大切。実は、僕は昔から赤面症で、人前で話すことが大嫌いでした。でも、プロレスラーになると、そうもいっていられません。リング上ではマイクアピールをしなくてはいけないし、試合以外でもインタビューを受けたり、テレビやラジオ番組のゲストに呼んでいただいたりして、何かと話す機会が多いんです。最初はもちろんヘタでした。でも、場数をこなすうちに少なくとも緊張で真っ白になることはなくなった。要は慣れです。