若田光一の名言

若田光一のプロフィール

若田光一、わかた・こういち。日本の宇宙飛行士。埼玉県出身。九州大学工学部航空工学科卒業、九州大学大学院工学研究科応用力学専攻修士課程修了後、日本航空に入社。整備訓練部、成田整備工場点検整備部、技術部システム技術室機体技術グループなどに勤務。その後、新聞に掲載されたNASDA(宇宙開発事業団)の宇宙飛行士候補募集に応募。スペースシャトル・エンデバー号に搭乗。国際宇宙ステーション建設にロボットアーム操縦者として参加。日本人初のISSコマンダー(国際宇宙ステーション司令官)に選ばれた。

若田光一の名言 一覧

NASDA(宇宙開発事業団)の宇宙飛行士候補試験を受けたのは、試験に落ちてしまったとしても、自分の知らない世界に目を向けたり、挑戦してみるという経験が自分のこれからの人生に必ずプラスになると思ったから。


少人数のプロジェクトで短期間で最大の成果を上げるにはフォロワーシップが欠かせない。聞く力だけではなく、リーダーに的確で建設的なフィードバックできる力も大切。


宇宙飛行士の仕事は、局面や状況に応じて、ある時はリーダーになり、ある時はフォロワーになるという柔軟性が欠かせません。一番習熟していることに関しては自分がリーダーシップを発揮し、他の仕事では自分がリーダーを支えるのです。


国際宇宙ステーションでの仕事は、役割や内容が異なる世界各国の乗組員と協力して行わないといけません。そこで求められる資質は4つあります。「自己管理能力」「リーダーシップ」「チームワーク」、そして「フォロワーシップ」。フォロワーシップとは、リーダーを支援し、リーダーが仕事をしやすい環境を作る力。


若田光一の経歴・略歴

若田光一、わかた・こういち。日本の宇宙飛行士。埼玉県出身。九州大学工学部航空工学科卒業、九州大学大学院工学研究科応用力学専攻修士課程修了後、日本航空に入社。整備訓練部、成田整備工場点検整備部、技術部システム技術室機体技術グループなどに勤務。その後、新聞に掲載されたNASDA(宇宙開発事業団)の宇宙飛行士候補募集に応募。スペースシャトル・エンデバー号に搭乗。国際宇宙ステーション建設にロボットアーム操縦者として参加。日本人初のISSコマンダー(国際宇宙ステーション司令官)に選ばれた。

他の記事も読んでみる

田臥勇太

大学で怪我をしたときも挫折とは思わなかったし、デンマークやフェニックスでカットされたときも、これも経験かなという考えだから、挫折だと感じることはないです。そのとき一生懸命やった結果がそうなったので仕方ない。


田浦秀幸

「この方法を実践すれば誰でもできるようになる」ような、お手軽メソッドはない。まず現在の英語力がどのくらいあって、どのスキル(読む・聞く・話す・書く)をどのレベルにまで持っていきたいのか。万人に共通な勉強法があるのではなく、カスタムメードの勉強法が必要になる。現時点での英語力にバラつきが大きく、動機も目的も様々なビジネスパーソンの場合、特にそれが言える。


小林昌裕

デフレで賃金も物価も上がらない日本に暮らしていると、現在の銀行の超低金利に対しても「こんなものか」と思いがちです。ただ、世界基準で考えると、お金を眠らせておくことは、実は大損をしているということなのです。そのことをぜひ、理解しておいてほしいと思います。


ジャン・パウル

常に謙虚であるならば、褒められたときも、けなされたときにも間違いをしない。


田村重信

死んだあとどうなるかとか、死んだあとのことはあるから、そのために、徳を積んでいったほうがいい。死んだあとはないと思えば、今さえ良ければいいってことで、とんでもないことをやるのだけど。そういうの(死んだあとのこと)を考えると、良いことだよ。


髙松修身(高松修身)

人生は自己責任。不満の原因は我にあり。人生は待ってたらあかん。自ら道を切り開け。


和才博美

変革の時期を生き抜くには、近視眼的に今を見るだけでは駄目で、時代を中長期的に見渡す力が必要なのです。


永井浩二(経営者)

今後は得意分野をさらに強化する。顧客のニーズがあり、勝ち目のあるところに集中する。特にアジアでは、米欧投資銀行の撤退もあり、大きな商機がある。今後はアジアに立脚したグローバル金融サービスグループを目指す。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

私には私の高みがあるんだと思いますし、まだ5合目でこっから初心にかえれば、頂上に近づけるんじゃないかって、そんなふうに思い始めたんですよね。だから、嫌いだったこともやっています。


樋口廣太郎

社長に就任した当初、業績的には最悪の時でしたが、ところが社内を見まわしてみると、驚いたことに、社員たちはとにかく猛烈に明るかった。これは大きな発見でした。それは結局、前社長の村井さんが社内ムードを変える準備を全部しておられたんですね。村井さんも苦心されてマツダの再建を成し遂げた後、昭和57年からアサヒビールの社長をされていました。


山崎元

転職をためらって3年間、いまいる会社で我慢したとします。でも人間、働ける時間はだいたい30数年と限られていますから、約10分の1をムダにしたことになってしまうんです。


竹田和平

十分に力を持った人が変化して、新しい仕事に取り組んでいき、元の職場を他の人に残してやらないといけません。そして、金のある人は文化に投資し、消費していかなければなりません。格差がいけないのではないんです。能力のある人が文化に金を使わず、新しい仕事に移っていかないことが問題なんです。


三浦将

嫌々ながらも英語を勉強せざるを得ないときは、「アズ・イフ・クエスチョン」をしてみてください。「もし英語を自在に話せたら、何をしたいか」について突き詰めていくのです。


高城剛

移動しながら仕事をしているので、いつも気分転換しているようなものです。


有馬利男

我々はサービスの提供によって、お客様がイノベーションの種を生み出し、企業品質を高めていただくことに貢献したいと考えています。


ページの先頭へ