名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

若林栄四の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

若林栄四のプロフィール

若林栄四、わかばやし・えいし。日本の為替ディーラー、ファイナンシャル・コンサルタント。京都大学法学部卒業後、東京銀行に入社。東京銀行ニューヨーク支店次長、勧角証券(アメリカ)執行副社長などを経て「ワカバヤシ エフエックス アソシエイツ」代表。

若林栄四の名言 一覧

落ちた後に光は見えてくる。シュンペーターじゃないけれども、創造的破壊をきっちりやれば、新たな良い局面に移れるはず。


世の中はずっと悪いということはないが、良くするためにはそれなりの引き金が必要です。ピンチに陥ったときこそ、国民が怒り出し、政府がようやく重い腰を上げて思い切った手段を打てるのです。


若林栄四の経歴・略歴

若林栄四、わかばやし・えいし。日本の為替ディーラー、ファイナンシャル・コンサルタント。京都大学法学部卒業後、東京銀行に入社。東京銀行ニューヨーク支店次長、勧角証券(アメリカ)執行副社長などを経て「ワカバヤシ エフエックス アソシエイツ」代表。

他の記事も読んでみる

中村慶郎

当社は創業から12月決算ということもあり、1回目の決算は赤字でしたが、それ以降は黒字決算を続けてきました。その意味では、日々成長していると実感しています。ベンチャー企業ではありますが、比較的手堅く経営をしてきた結果ではないかなと思っています。


高原豪久

消費者の欲求が、階段を上がっていくのを待っていてはいけない。顧客より先に先に提案しないと絶対に階段を上がってくれない。


宮永俊一

世の中が、日本社会が、どう変わっていくか意識していかないといけません。いつも謙虚で頼りになるエンジニアで、お客様の先のニーズを勉強しながら一緒にやっていける。いわゆる未来志向のバイプレーヤー(わき役)であればいいと思います。社会、経済、産業がどう変わっていくかです。こうあるべき、ではなく。大事なのはメガトレンドを一生懸命意識して、社会の進化に合った中で貢献できるものを探していくことです。


森下裕道

あがりやすい人の多くが、過去の「あがって失敗した経験」を気にし過ぎています。そして「また同じ失敗をするのでは」と心配になり、ますますあがるのです。しかし、その心配には何の根拠もありません。前に失敗したからといって、また失敗するとは限りません。過去の失敗はきれいに忘れてトライしてください。


谷厚志

私はメモをとらなかったために失敗した苦い経験があります。「いま、私は3つの点について言った。繰り返してみなさい」と言われ、ひとつしか答えられず怒られました。それからは必ずメモを取り、話を聞き終わった後に確認しています。話した内容が伝わっているとわかれば時間も短くなるし、言った・言わないの争いを防ぎ、よい関係を築くことにもつながります。


安河内哲也

一人で勉強して、知識をつけ過ぎると、間違えることが怖くなり、話せなくなります。実は私も、大学時代にそんな時期がありましたが、アメリカを旅行したとき、考えを改めました。ユースホステルで、ネイティブとノンネイティブが国際政治や経済について議論していたのですが、前置詞なんてムチャクチャだし、「三単現のS」のルールなんて誰も守っていない。しかし、話は盛り上がっているのです。間違うのを恐れて黙っていた私は、その姿を見て、「なんてつまらないことを気にしていたのか」と気づかされました。


久保利英明

天職との邂逅がもたらす高揚感こそが人生だ。


嶋浩一郎

私はプレゼンで、相手の顔色をみて、反応によってシナリオを変えながらしゃべります。その場の雰囲気で、「この人には、こっちのアプローチのほうがいいのかもしれない」と判断して、想定しておいたいくつかのパターンのなかから、ふさわしいものを選ぶのです。


岸田一郎

市場に影響力を持ったカリスマ性のある雑誌をつくるには、すでにある流行をレポートしたり、次の流行を予想するだけでなく、流行をこちらから積極的につくりだしていかなければなりません。そこでつくり手に求められるのが、読者に見立てを提案する能力です。『LEON』では、提案を説得力のあるロジックで記事に落とし込みます。


白取春彦

私たちは、自分をダメなやつだとか、落ちこぼれだというふうに責めることがある。でも、そうやって自分の中に悪いところを見つけても、それは決して固定的なものではないということです。ダメな自分も意志次第で変えることができる。


笛吹雅子

時間を効率的に使うには、あえていえば、クヨクヨしないことでしょうか。というのもニュースの仕事は、毎日、反省だらけなんです。反省にはキリがない。課題を見つけて解決することは重要ですが、クヨクヨすることに時間を使っては仕方がないです。


松本順(経営者)

私たちの役割は、地域の交通事業会社としてその地域の人々の暮らしを支えること。少子高齢化は進んでいますが、会社を持続可能なものにしなければなりません。そこでいま、力を注いでいるのが、居住人口が減るのであれば交流人口を増やし、地域に多くの観光客を含めた来訪者を呼ぶ取り組みです。