名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

若尾裕之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

若尾裕之のプロフィール

若尾裕之、わかお・ひろゆき。日本のマーケティングコンサルタント、作家。岐阜県出身。立教大学経済学部経営学科卒業後、電気メーカーで電子部品の法人営業を担当し社長賞を受けるほど活躍。その後、日産自動車に移り、マーケティングやCMなどを担当。その後独立しマーケティングコンサルタントとして活躍。著書に『結婚したいと思われる人の共通点』『ハッピーなお葬式がしたい!』『マイハッピーエンディングノート』ほか。

若尾裕之の名言 一覧

どんなに素晴らしい話をしても、話し方が悪いと、良い印象を持ってもらえません。


完璧な人間などこの世の中にはいません。親しみを覚えるのは、むしろ失敗談やドジな話だったりします。完璧さや優秀さを演じるより、ときには自分の失敗談を交えながら話をすると、相手に親近感を持ってもらいやすくなります。


男性の話を聴くときは、褒める言葉を返してあげることで、好感度が一気に上がります。男性も女性のことをオーバーなくらい褒めるとよいでしょう。褒め言葉こそ、気持ちをつかむコツです。


自分があまり関心のない話をされたらどうでしょうか? 思わずスルーしてしまう人も多いかもしれません。でも、相手が話したがっていることを聴いてあげれば、好感度が急上昇します。


話しやすいのは相手の見た目の印象です。しかし、容姿についての発言は気をつけなければなりません。自分が良かれと思って発した褒め言葉だとしても、相手にとってはコンプレックスに思っていることで、気分を害するおそれがあるからです。会って間もない頃は、容姿についてのコメントは避けたほうがよいでしょう。


自分が知らないことを話されても、どう返していいのかわからない……。そんなときに使える必勝テクニックが「おうむ返し」です。たとえば、自分が興味のないゴルフの話題をされたとしましょう。「ゴルフのコンペで優勝したんですよ」「おめでとうございます。優勝したんですね。さすがですね」「スコアが90を切ったんだよ」「すご~い、90を切ったんですね」どうでしょうか? 自分にゴルフの知識がなくても、相手が言ったことを繰り返し言うだけで、会話が弾み、相手を気持ちよくさせることができます。


恋愛の場面では、ゆっくりとしたペースで話すほうがベターです。そのほうが相手に話がしっかり伝わりますし、何よりも「優しそう」「おおらか」「温かい」「ソフト」などのプラスのイメージを持たれやすいでしょう。


恋愛の場面で失敗しがちなのは、やたらと早口で話をすること。緊張しているせいなのか、いろんなことを短時間で話したいと思う気持ちが強いのか、マシンガントークをしてしまう人がいます。でも、これはほとんどの場合、悪い印象を与えてしまいます。「自己主張が強そう」「落ち着きがない」「気が短そう」「感情的」「頭が良いことを自慢している」など、マイナスイメージを持たれてしまう可能性があるのです。


恋愛上手とは、話し上手ではなく、聴き上手。話す時間は自分が2割、相手が8割ぐらいの気持ちで臨みましょう。自分から話すのではなく、相手と自分との共通点がないか、相手にどんな良いところがあるのかを質問し、相手を理解していくことが重要です。気持ちよく話を聴いてもらえる人だと思われたら、恋愛はきっとうまくいくはずです。


話し上手が恋愛上手だと勘違いしている人もいます。「話すのが苦手だからモテない」と思い、無理してしゃべりまくってしまう人もいます。でも、これは逆効果。一方的なコミュニケーションでは相手はげんなりし、心のシャッターを閉じてしまいます。


若尾裕之の経歴・略歴

若尾裕之、わかお・ひろゆき。日本のマーケティングコンサルタント、作家。岐阜県出身。立教大学経済学部経営学科卒業後、電気メーカーで電子部品の法人営業を担当し社長賞を受けるほど活躍。その後、日産自動車に移り、マーケティングやCMなどを担当。その後独立しマーケティングコンサルタントとして活躍。著書に『結婚したいと思われる人の共通点』『ハッピーなお葬式がしたい!』『マイハッピーエンディングノート』ほか。

他の記事も読んでみる

松井忠三

「勉強になった」と思うだけでは意味がない。アイデアをモノにするには、「とにかくすぐやってみよう」と、行動に変えることも非常に大切。


大室正志

仕事がどれだけつらくても、土日に趣味を楽しめるうちは大丈夫です。ところが、それすらも面倒な気分になったら黄色信号。このシグナルが出たら、産業医や上司に相談したほうがいいでしょう。


新将命

50代半ばからは事業立ち上げや企業再生に携わってきましたが、ここで比較的短期間で成果を出せたのも、ひとつひとつの会社でじっくり腰を据えて仕事に取り組んだ経験がアウトプットにつながったからかもしれません。


ヨルゲン・ランダース

重要なのは誰の立場から物事を見るかでしょう。


岩出雅之

私が学生に求めるのは、人からの指示を待つのではなく、自発的に物事を考えて行動することができる自己解決能力ですが、これは他者とのコミュニケーションを深めることで磨くことができます。たとえば、学生同士で話し合いを重ねることで、人の考え方が学べます。また自分の考えを言葉にすることで、自分の思考も磨かれます。他者との言葉の交流が、自発的な思考や言葉の力を育てていくのです。


奥田務

日本では長い低迷期を経て、あらゆる業界で企業の統合再編が進みました。スムーズに統合を終えた企業がある一方で、矛盾やいびつな構造を抱えたままの企業も多く見受けられます。失敗の大きな要因が、スピードの欠如だったのではないでしょうか。


宮内義彦

我々のような金融サービス業と製造業は時間軸が異なります。ただ、顧客の嗜好が多様化し、商品やサービスの寿命がどんどん短くなっていることを考えれば、「今日1日が新しい日」という考え方は業界によらず必要になるのではないでしょうか。


榎本博明

上司であっても部下の前で完璧である必要はありません。自分の弱みを認めたうえで、自分なりの上司像を築いていけばいいのです。それは部下も同様です。自分の弱みを受け入れることで、上司のアドバイスを素直に吸収して自分を成長させることができます。


窪田良

異なる知識や経験を組み合わせることで、思考の幅が広がり、仮説の精度が上がる。新しいコンセプトはそれまでの知識や経験の延長にしか生まれません。ただ、インプットしたモノを組み合わせて止揚しないと、イノベーションは生まれないと思います。


眞保智絵(鳥海智絵)

社長選任の理由を聞いたことはありませんが、「自分ができること、できないこと」をわきまえているからかな、と思ったことはあります。得手不得手が分かっているから、過信して何でも思うように進めてしまうこともないし、自分がやることを見極めたうえで、他人に任せるべきことは任せられる。「こいつなら無茶はしない」と思われたのかもしれません(笑)。


熊谷正寿

とにかく、何かの世界でナンバーワンになりたかった。そのための手段として上場を目指しました。


鈴木純(経営者)

計画が現実にならなかったときにプランB、プランCを発動できるかが大事。仮定だからそれはしょうがないのですが、その時にプランBが必要になる。生産ラインを転用したり、営業部隊を見直したりして、できるなら大丈夫だろうと判断します。一方、「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。それは会社の経営じゃない。ばくちです。