名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

若宮正子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

若宮正子のプロフィール

若宮正子、わかみや・まさこ。日本のプログラマー。東京都出身。高校卒業後、三菱銀行に入行。定年後、パソコン操作を独学で習得。81歳でゲームアプリ「hinadan」をリリース。著書に『明日のために、心にたくさん木を育てましょう』『60歳を過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります。』。

若宮正子の名言 一覧

歳を取ると頭や身体の働きが鈍くなるため、できないことや諦めることが増え、世界が狭くなってくるものです。しかし、何歳からでも新しい何かを得ようとする姿勢を忘れなければ、新しい世界を切り開くことができます。そうすれば、残りの人生を豊かにできるのではないでしょうか。


パソコンを始めたことで、今までに想像もしていなかった新しい世界が広がっていきました。60歳までキーボードにも触れたことのなかった私が、現在ではシニア向けのパソコン教室で講師をするようになり、アプリを開発しているのです。


ゲームアプリ「hinadan」リリース後、ありがたいことに高評価を受け、これがきっかけでアップル主催のWWDC2017というイベントへ招待いただき、CEOのティム・クック氏とお会いすることができました。今は、もう少しプログラミングをちゃんと勉強して、さらに良いゲームアプリを開発したいと考えています。


「hinadan」というゲームアプリを開発しました。なぜ、このアプリを開発したのかというと、シニアが楽しめるゲームがなかったから。今でこそ、シニアがスマートフォンを持つことは当たり前になりましたが、未だに若い人が楽しむアプリしかないのです。そこで、東日本大震災のボランティア活動で知り合ったプログラマーに、「シニア向けのアプリを作って欲しい」と依頼をしました。すると、「わからないことがあれば教えますから、ご自身で作ってみてはいかがですか?」と提案いただいたのです。しかし、プログラミングなど学んだことがないので、基礎から学ばなければなりません。ただ、一から学び始めたのでは、時間がいくらあっても開発できるようにならないと感じました。そのため、まずは「とにかくhinadanを作る」という目標を決め、開発に必要な知識だけを教えてもらいました。実は、私はプログラミングのすべてをマスターしているわけではないのです。


パソコンを始めたのは、還暦を迎えた60歳のとき。きっかけは、母親の介護でした。外出するのが難しくなったので、出かけなくても外の世界とつながれるインターネットを始めようと思ったのです。ただ、私はそれまでパソコンを使ったことがありませんでした。そこで、いろいろな人にアドバイスをもらい、専門書を片手に独学で使い方を勉強しました。無謀な取り組みだったので、とても苦労しましたが、そのぶんチャットで友達とおしゃべりできたときは、本当に嬉しかった。一方で、「この歳になっても新しいことをマスターできるんだ!」という達成感がありました。この経験が、パソコンにのめり込んでいくきっかけとなったのです。


若宮正子の経歴・略歴

若宮正子、わかみや・まさこ。日本のプログラマー。東京都出身。高校卒業後、三菱銀行に入行。定年後、パソコン操作を独学で習得。81歳でゲームアプリ「hinadan」をリリース。著書に『明日のために、心にたくさん木を育てましょう』『60歳を過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります。』。

他の記事も読んでみる

藤森義明

「できない」と思っている部下に、頭ごなしに絶対できるはずだと押し付けても難しいです。とことん議論をします。なぜ、できないと思うのか。理由の半分以上は本人が考えている限界にすぎません。議論をしているうちに、相手もだんだんできるような気持ちに変わっていきます。


木村秋則

お米農家の人に講演をしたとき、私は最初に「誰がお米をつくっているんですか」と質問しました。するとみなさん、「私たち人間に決まっているじゃないですか」という顔をする。それで私は言いました「米をつくっているのは人間じゃない。人間の身体に米一粒実りますか?実らないでしょ。米をつくり、みなさんの生活を支えてくれるのは稲や土なんです。今日ここまで来たクルマもいま着ている服も、稲や土のおかげで買うことができたんでしょ。今年、田んぼに『ありがとうございました』と言った人はいますか?きっと田んぼの土は、『うちの主人は冷たいな。稲を育てたのは私だよ』と言っていますよ。だから今晩の宴会はやめて、そのお酒をもって田んぼにお礼を言いに行ってください」と。


トマス・J・スタンリー

結婚相手が浪費家だったら、一代で財を成すのは不可能だと思った方がいい。夫婦のどちらかでも金遣いが荒いようだったら資産は貯まらない。夫婦で事業をしている場合には特にそうだ。浪費癖を直さずに資産を築くのはまず無理だろう。


小倉広

自分の判断に自信を持ち、情熱をもってやり遂げていくためには、信念のようなものが必要になります。日頃から正しい行為を積み重ねていくことで、自らの信念を揺るぎないものにしていくことができます。ひいてはそれがビジネスを推し進める力となり、人を動かす力になっていくのだと思います。


松下幸之助

感謝の心が高まれば高まるほど、それに比例して幸福感が高まっていく。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

ゴマすりと気遣いの決定的な違いは、「誰のためにやっているのか」ということ。ゴマすりは自分が認められるための「行為」だけれど、気遣いは相手のために尽くす純粋な「厚意」なんだ。


三枝匡

実は、改革案が妥当だったかどうかの分かれ目は、「改革方針」そのものより、「現状の何がまずいのか」という反省論が甘い場合が圧倒的に多いのです。現状認識と反省が核心を突いていなければ、方針や戦略も的外れになるのは当たり前です。


上田祐司(経営者)

ビジネスツールとしてホームページを作成するなら、内容をきちんと読んでもらうより、まずは潜在的な顧客に訪れてもらうことを考えなくてはなりません。いかによい文章を書くかより、いかにたくさん書くかがカギとなります。検索エンジンにひっかかる確率を高くするためです。


生田正治

課長時代に当時の永井社長の政策秘書を2年間勤めた経験があります。そのときに自分の次元を超えた大きな政策判断を目の当たりにし、政財界の付き合いに同行したことで思考回路の幅を広げてもらったと思っています。


金田一秀穂

残る言葉と残らない言葉。その差はどこにあるのでしょう。流行語が、その後、一般的な言葉として残るときは、それが「言葉の欠落を埋めた」とき。言葉で言い表せないビミョーな感情。それを言い表す日本語を持ち合わせていない状態があるわけです。その言葉の欠落を埋めるような表現が生まれたとき、隙間を埋めるパズルのピースのように、新しい言葉が今後も使われる表現として残る可能性が高い。「ずっと表現したかったけれど、いい言い回しがなかったんだよ!」とスッキリしますからね。


秋元義彦

私はパンづくりが大好きです。パンづくりは本当に面白い。


五百田達成

人間関係がストレスになるとき、人は例外なく「自分」を意識しています。自分のよさが伝わらない、好かれているかどうか不安だ、評価されないのが腹立たしい、などです。気を使いすぎて疲れるのも、自分がよく思われたい気持ちを満足させられないために起こるストレスです。この自分への意識が肥大化すると厄介です。私はこれを「自分病」と呼んでいますが、自分可愛さが高じると、少しの出来事で「否定されている」と感じて傷つきやすくなるのです。逆にいえば、この意識を沈静化すれば、ストレスはなくなるということです。