名言DB

9412 人 / 110637 名言

花輪陽子の名言

twitter Facebook はてブ

花輪陽子のプロフィール

花輪陽子、はなわ・ようこ。日本のファイナンシャルプランナー。三重県出身。青山学院大学国際政治経済学部卒業後、外資系投資銀行を経て独立。

花輪陽子の名言 一覧

人間というのは目標があれば、自然にやる気が出てくるもの。やる気が出てくれば、業績も自然にあがっていくでしょう。


息が詰まってしまっては、節約は長続きしません。自分たちの楽しみのためのお金は削りすぎないように注意。


出世する人の家計簿に共通するのは、夫が積極的に家計に携わっている、という点ですね。家計簿といえば奥さんがつけるもの。収入をまるごと渡して管理はおまかせ、というタイプに出世する人は少ないですね。


何でもよいのですが、目標金額を具体的に決めた方がいい。その方が無駄に使わず、お金を活かす使い方をするようになる。これはあとになって、仕事に必ずよい効果をもたらすでしょう。また目標があれば、節約しようという意識も高まります。


食費など、流動的に支出額力変わる費目は、固定費見直し後に削ったのですが、最終的には以前と比べて1カ月あたり約15万円カットしました。最低限の生活費でやりくりできるようになったので、夫婦の収入の50%を貯めて、残りで生活するよう心がけていました。貯蓄が加速度的に増えたのは、そのスタイルが定着してからです。


引っ越しをしたことで家賃は1カ月あたり約5万円安くなりました。「節約したければ固定費から」とよく言われますが、実体験からしてもそのとおりだと思います。


なんとなくで貯金の金額を決めてしまうのは非常に危険。それでは将来の自分の首をどんどん絞めることになる。月にいくら貯金したほうがいいかは、将来いくら必要になるかから逆算して考えなければいけない。


花輪陽子の経歴・略歴

花輪陽子、はなわ・ようこ。日本のファイナンシャルプランナー。三重県出身。青山学院大学国際政治経済学部卒業後、外資系投資銀行を経て独立。

他の記事も読んでみる

張富士夫

燃料電池車ではホンダがカナダのバラード社の電池を使っているのに対して、トヨタは内製化しています。その辺はトヨタの「モノづくり屋」としての伝統でしょう。自分たちで作っていきたいという思いが強いんです。うちの技術者たちがよくいうのが、「どれだけ失敗しているかが大切」ということなんです。人が開発したものを持ってくるのでは、失敗のノウハウが自分たちのものにならない。ですから、できるだけ自前主義を貫いていこうという気持ちを持っています。


田川博己

私が30代のころ、東京丸の内本社の営業で「サマーセールスキャンペーン」というのをやったんです。テーマは「夏は自然に帰ろう」でした。これを全国標語でつくった。そうしたら、北海道支店の連中が「いい加減にしてくれ、北海道の人はしょっちゅう自然に浸っているんだから、夏は都会で遊ぼうというキャンペーンをやってくれないか」と言ってきたんです。当たり前といえば当たり前ですが、そのときの経緯を覚えていて、50代で本社の役員になって、新しい企業体質をつくる際、地域は地域にそれぞれ合った形の旅行スタイルを貫くべきだとして、地元に権限やヒト、モノ、カネを与えたんです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

今は裕福でも、このままの生活を続けたら、5年後、10年後に必ず破綻してしまうという人は、話すとすぐにわかります。彼らは将来的な見通しが甘いんですよ。「自分株式会社の社長」であるにもかかわらず、将来の売り上げ計画を立てて、そこに向けてどう投資していくか、支出を抑えるかという企業として当たり前の経営計画がまったくないから、貯金もない。


石田淳(コンサルタント)

部下から信頼を得ていれば、きつい言葉で叱っても相手はしっかり受け止めてくれます。しかし、近くを歩いているおじさんにいきなり同じことを指摘されたら、たとえ正論でもカチンと来ます。発言内容は関係ありません。敵をつくるかどうかは、信頼関係次第です。


竹中平蔵

大成する人はものすごく聞き上手。彼らは人と話始めた時に相手にはどの程度の知識があり、価値体験を持っているかを探り、それに合わせて発言しています。


柳井正

私は社員自身も消費者だと考えているので、その人たちがモノを買って経済を回していくようにしていかなくてはいけないと思っています。
【覚え書き|賃上げした理由についてのコメント】


羽入佐和子

これまでも、組織を担う立場になった時には、まず職員とビジョンを定め、それを核に組織運営に当たってきました。保つべきことを保ちつつ、社会の変化を意識して対応していかなければなりません。


貝原益軒

疑いを人に問うは知を求むる道なり。自ら心に道理を思うは知を開くもとなり。


徳重徹

インドにいる日本企業の方と話していて、よく聞く文句は3つあります。まずひとつは価格です。アジアの他の地域よりコンペティティブで、3~4割安くないと勝負できない。2つ目は、人の問題。東南アジアの人は比較的こちらの指示を聞いてくれますが、インドの方は結構文句をいってくる。3番目が夜遊び。飲みにいける場所がなくて大変だというわけです。でも、僕からすると、それが何だと。何しろインド一国で、他の東南アジア全体と同じくらいの市場がある。こんな文句が出るあたり、本気ではない証拠です。


前澤友作

スタッフによく言うのは、「楽しんでる?」とか「仕事を通じてカッコいい人になろう」です。僕が理想とする会社は、利益至上主義の会社ではなく、「皆で仲良く楽しく働ける」「仕事を通じてカッコいい人を目指す」会社です。採用の時点でその価値観を強調するので、それに共感している人材しか入ってきません。一応、方向性を再確認するために、社員総会や社内報などで、そんなことを話しています。


浅野純次

独占は基本的には良いことではない。だから競争が存在する心持ちを忘れず安くて良い商品を提供し続けられるよう、関係の人たちには努力を期待したい。


堀之内九一郎

腰の低さを身につける秘訣は、相手を見ないこと。誰に対しても同じ態度で接することを心がけてみてください。


石坂典子

ブランドを高めることは、ビジネス上の利益にもつながる。


ルー大柴

服のセンスを身につけたり、肉体を鍛えたりして、外見的な要素で若く見せることも大いに結構ですし、否定する気は毛頭ありません。でも、それはあくまで若く「見える」ということです。しかし、気持ちを若く持っていれば、若く見えるのではなく、若く「なれる」と思うんです。


能町光香

ビジネスパートナーとしていい人間関係を築き、お互いに最高の結果を出すために、相手のことを知り、自分のことを知ってもらうには、一緒に食事をするのが一番です。