名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

花沢健吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

花沢健吾のプロフィール

花沢健吾、はなざわ・けんご。日本の漫画家。青森県出身。高校卒業後上京。コンピューター関係の専門学校に進学。印刷会社勤務、漫画家アシスタントを経て『ルサンチマン』でデビュー。主な作品に『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『アイアムアヒーロー』。

花沢健吾の名言 一覧

いろいろ蛇行してもいいし、結果的にまったく違うゴールが見えてきてもそれはそれで面白かったりする。


言葉ではなく絵で感情が伝わってくれれば成功。


(目標は)やっぱり100年残る作品ですかね。そういうのが万が一出来れば本当に嬉しい。


やっぱり自分が楽しめないとダメなんですよね。


自由だと思うんですよね。それこそあらゆる自由な手法があっていい。だからこそ漫画なんで。


(ペン入れは)ビクビクしながらやっている感じですね。「この線で正しいのかなー」っていうのが常にあって。


この世界に入って、技術的に桁違いの人が本当にいるんですよ。そこの差をどうやって埋めていくか。それのために使えるツールはどんどん使っていきたい。


これぐらい(締め切り数時間前)からようやく筆がのってくるんですよね。追い詰められて。ここから楽しくなってくるんですよ。頭がなんか開いたような状態になるというか、ここからアイデアが出てきたりとかするんで。


花沢健吾の経歴・略歴

花沢健吾、はなざわ・けんご。日本の漫画家。青森県出身。高校卒業後上京。コンピューター関係の専門学校に進学。印刷会社勤務、漫画家アシスタントを経て『ルサンチマン』でデビュー。主な作品に『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『アイアムアヒーロー』。

他の記事も読んでみる

菅野寛

経営はスポーツ同様、理屈は一応分かっている必要がある。理論、つまり「サイエンス」の部分です。しかし、理屈だけ分かっていてもできるようになるわけではない。実地のトレーニングが必要です。経営の場合、実地でできなければ、ケーススタディを通して疑似体験をする。スポーツでは、オリンピックで金メダルを目指すくらいになると素質も必要かもしれませんが、経営のスキルを磨くにはそこまでハイレベルの素質が要るとは思えません。トレーニングを積めば積むほど、スキルは向上するものです。


河村亮

駅伝のコースの取材では、風や日当たりなどの自然環境や、道路の傾斜も確認します。「この場所では真正面から直射日光を浴びることになるな」「この上り坂は歩きでも相当キツいぞ」などと体感すれば実況する際の言葉の重みが違ってきますし、「徒歩でもあんなに大変だった傾斜を、選手たちは3分5秒ほどで駆け上がってくるんだ」といったデータも自然に頭に入ります。


南壮一郎

いま支払われている給料は、本当に自分の実力で稼いだものなのか、自分の市場価値に見合うものなのか、それとも年功や社歴が長いだけでもらっているのか、それを知るには転職活動をしてみるのが一番。転職活動を通じて、自分の現時点での市場価値がわかる。


安永竜夫

肉食系の国に行ったら、肉食系になる。


吉田鋼太郎

食えない時も将来への不安はありませんでした。いつか自分は売れる、って思い込んでいましたから。なんの根拠もないけど、自分では確信してたんです。そうじゃなきゃやってられないですよね(笑)。


藤田晋

仕事ができる人は、交渉やプレゼンテーションの場で、相手との「ベクトル合わせ」をしっかり行います。例えば、社外コンペなどで選ばれる人は、相手のことをよく理解していたり、自分が相手の味方であることを伝えるのがとてもうまい。たとえ自分の考えと多少違っていても、「そういう見方もあるな」と考えて「確かに」と賛同したりする。これは相手とベクトルを合わせようとする意識があるからこそできるのだと思います。


辻野晃一郎

現場に行ってたくさんの人の話を聞き、それを取り入れて自分の考えを高めていく。そうした地道な行動を積み重ねることで、迷わない自分ができていくのではないのかと思います。


稲垣公夫

例えば商品が売れないとき、「売れない背景は何か」「現状はどうなっているのか」とフォーマットに沿って自問を繰り返すだけで、課題が浮き彫りになる。


荒俣宏

『帝都物語』がヒットしたときには自分でもビックリしたけど、それまで大貧乏だったから、1億円も印税が入っちゃうと、つい嬉しくなって。高い本をガンガン買いまくって、みんな使っちゃった。翌年、収入の85%も税金に取られるなんて知らずに(笑)。税金を払わなきゃいけないから、また何千万円か稼がなきゃいけない。しばらくは年に20冊を目標にして原稿を書くはめになりました。でも、あの大失敗も自己投資の一つです。そこから新たな作品が生まれていったんですからね。


向笠千恵子

料理を味わうだけでなく、食卓にのぼるまでにたどってきた歴史や伝統まで考えることで、食の感動は深みを増します。和食は日本を知ってもらう第一歩になるのではないかと思います。


芳井敬一

事業は時代や環境の中で変わっていく。でも、人を残していけば企業は必ず成長していけるはず。


水野泰三(経営者)

安さは最大のサービス。