名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

花光雅丸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

花光雅丸のプロフィール

花光雅丸、はなみつ・まさひろ。日本の経営者。subLime(サブライム)社長。和歌山県出身。青山学院大学卒業後、レインズインターナショナルに入社。その後24歳で独立し「沖縄鉄板屋台subLime」を開店。同社を大きく成長させた。

花光雅丸の名言 一覧

僕はゼロか100かの勝負をいつもしたい。それは事業買収の話だけじゃなくて、すべてにおいて挑戦する人生を選びたいんです。後悔するのは嫌です。


人の意見は素直に取り入れます。でも自分のやり方を貫く。僕は素直だけど、負けず嫌いのあまのじゃくなんです。


外食産業の縮小が続く中、新たなやり方をバチッと入れないとダメです。僕はサブライムで、おカネをかけずにリスクも利益もシェアするという新しいモデルを作りたい。


僕は大手居酒屋チェーンの店長を経て、24歳で独立しました。当時はめちゃくちゃ自己中心的な男でした。いい店を出して、利益を挙げて、車や家が欲しかった。でも、自分の欲しか考えられない男になって、人生楽しいのかという疑問が店を出すごとに湧いてきました。人に喜んでもらうことが、僕にとっての満足だと思うようになったとき、サブライムの経営理念であるオールウィンが生まれました。


サブライムは家賃が低い物件を選び、内装も自社で手掛けます。大手チェーンが1店舗を出店するのに1億円弱かかるところを、サブライムはわずか600万円しかかけない。初期投資が小さければ、売上が低くても利益は確保できます。この低投資と業務委託を活用することでサブライムは急成長を遂げました。


急成長するには事業買収が柱となります。きちんと収益を出して、純資産を貯める。そしてレバレッジをかけて企業を買収する。事業買収は店舗の物件情報と一緒です。大きくならないと情報は入ってこない。だから今は是が非でも成長しなければなりません。


既存の外食は豪華な本部や広告費など無駄なところにカネをかけている。僕たちの本部には経理と総務の数人しかいないし、販促や採用コストにカネをかけません。


独立したい人はサブライムに来て、ノウハウを盗んで独立すればいい。もしおカネがなかったら僕たちが投資します。


花光雅丸の経歴・略歴

花光雅丸、はなみつ・まさひろ。日本の経営者。subLime(サブライム)社長。和歌山県出身。青山学院大学卒業後、レインズインターナショナルに入社。その後24歳で独立し「沖縄鉄板屋台subLime」を開店。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

濱口秀司

基本は絶対に「質」よりも「量」です。たとえば会議で「アイデアを5個出そう」と言えばすぐに出ますが、「すごくいいアイデアを5個出そう」と言ったとたんに話し合いが止まってしまいます。いいか悪いかの「質」は主観であり、神様でも判断できないものです。


ジャック・ウェルチ

(ライバルと)差をつけることはきわめてむずかしい。それが簡単だと考えている人は組織にいるべきではなく、それができないと考える人もいるべきではない。


福川伸次

どうしたら優秀な外国企業を日本に根付かせることが出来るのかを絶えず考えてきました。外国企業が日本に来る時に最も重要なことは、異なった文化を持った企業が日本に入ってくることによって、新しい創造が生まれてくると思ったからなんです。


ジェームズ・ダイソン

私は他社製品をコピーして少し安く作ることには興味がありません。より良い製品にするための新技術を開発することにしか興味がないのです。


大川隆法

「一定の限界が出た」と思ったら、「それをどうブレイクスルーするか」ということを常に考える必要がある。


古舘伊知郎

「報道ステーション」の12年間は決して平たんな道ではありませんでした。降板の記者会見で申し上げたように、批判、非難を多く頂戴しました。1日600本の抗議があったこともあります。僕自身が毎日、目を通し、正直へこんだときもあります。しかし、苦しくなった時は「アゴを上げちゃいけない」って自分に言い聞かせてました。


藤原正彦

3年間の渡米で痛感したのは、反省や後悔の無意味さです。ネガティブで悲観的な思考は力を奪い、本来、持っている才能すら出てこなくなる。人生で一番重要なのは、楽観的であることだと気づきました。


熊谷正寿

インターネット産業は、非常に移り変わりが速い。ですから、その流れに合わせて、様々なところにアンテナを張りながら、試行錯誤していきます。ナンバーワンになるためにはいち早く戦略を練り、臨機応変に意思決定をし、実践していかなければいけません。


齋藤孝(教育学者)

話し上手な人が雑談上手というわけではありません。雑談力とは流暢に話すスキルではありません。雑談とは場の空気を作り出す技術のこと。たとえ口下手でも、朴訥な話し方で場を和ませる人もいますし、自分はほとんど話さず、相づちを打つだけで雑談を盛り上げる人だっているのです。


菅井敏之

人口が減るからこそ生まれるチャンスがある。全国を「アリの目」で見れば、有望な地域は必ずある。場合によってはレッドオーシャンである都内よりも有望かもしれない。


岩井俊二

最近は、文春砲の影響なのか、社会が「正しくないことはすべて悪だ!」みたいな雰囲気になっているのは息苦しいよね。恋愛って倫理や理屈で簡単に割り切れるものじゃないから、時代の流れがそういう方向に向かっているとしたら怖い。


ベンジャミン・グレアム

もしもあなたが慎重な投資家あるいは思慮深い実業家ならば、自分の出資分1000ドルに関する価値評価を、ミスターマーケットの言葉によって決めるだろうか?(覚書き|ミスターマーケット=投資の専門家、証券会社の人、株投資本の著者、コメンテーターなどなどを皮肉った言葉)