芦原義重の名言

芦原義重のプロフィール

芦原義重、あしはら、よししげ。日本の経営者。関西電力社長・会長。京都大学卒業後、阪神急行電鉄に入社。その後、関西電力の前身である関西配電に移り、常務を経て社長・会長・相談役などを務めた。

芦原義重の名言 一覧

大気汚染、水質汚濁、従来の鉄道や自動車に代わる交通手段、都市の冷暖房など国民の生活環境をよくすることに役立つ技術部門を先導部門としてとりあげたらどうか。
【覚書き:日本経済新聞の取材にて日本の今後の技術開発の方向性を聞かれた時の言葉】


芦原義重の経歴・略歴

芦原義重、あしはら、よししげ。日本の経営者。関西電力社長・会長。京都大学卒業後、阪神急行電鉄に入社。その後、関西電力の前身である関西配電に移り、常務を経て社長・会長・相談役などを務めた。

他の記事も読んでみる

米村でんじろう(米村傳治郎)

僕は60歳になりましたが、40歳で独立した当時を思い返すと、本当に若かった(笑)。40代なんてまだ人生の折り返し地点、まだまだ若い!


古森重隆

経営者は優れた独裁者であるべきだ。民主主義で多数決なんてしていたら、いつまでも決まらない。経営者の在任が長い会社に、業績を上げているところが多いのは、リーダーが優秀で判断が正しいから長続きするのではないか。


高橋淳(経営者)

企業が成長するにはイノベーションも必要ですが、それ以上に重要なのは基本の徹底です。当たり前のことを当たり前として実行する。この凡事徹底が飲食店にとって最も大切です。そのためにもチームのような一体経営をしていきます。


森川亮

やることがあまりに多すぎるとそれに取り組むエネルギーが分散してしまうので。やるべきことが、10~20件あった場合、まずは2~3件に絞って集中して取り組むと、効果が出る場合が多い。


伊藤洋一(エコノミスト)

よく言われることですが、就活ではコミュニケーション能力を高めること。自分の魅力をプレゼンすることが大事です。


中村健一郎(経営者)

社員たちと夢を共有し、ひたすら走ってきました。人生を共にできる仲間と出会う事が出来るのも、自分自身の夢に共感してもらったからだと思う。


松下幸之助

いくら熱心でもムダなことやったらいけません。それがムダかどうかはあなた自身で考えなさい。これはムダなことかどうか、一つひとつ検討しなさい。必ずムダなことをやっているにちがいない。


ヴォルテール

なんの宗教も持たないよりは、たとえいかさまでも宗教を持っているほうがはるかにいい。


安藤徳隆

38歳というのは経営者としては若く、未熟な部分もあるでしょうが、若さが強みになることもあります。体力だけはありますから、世界中を飛び回れるし(笑)。若さを弱みでなく強みに変え、精進していきたい。


新浪剛史

社長が実際に率先垂範でやらなければ、社員たちも「やってみはなれ」はできません。社長は体現する人だと思っています。まずはやってみないことには始まりません。


土井英司

結局のところ、面倒なことは続かないんですよ。ノートを活用するポイントは、やる気ではなくて、システムの問題だと気づきました。


酒井博文(経営者)

顧客企業との直接契約や自社製品の開発に力を入れることが社員の成長となり、結果として会社の経営を安定させる。


ハーマン・サイモン

ドイツでは国際化の重要性が理解されています。小学校の頃から、大量の交換留学を行っています。もし国際経験がなければ出世できません。出世するためには海外で経験を積む必要があります。それどころか国際経験のない人間はいい仕事に就くことができません。


和田秀樹

サラリーマンは儲からない職業だと思っている人が多いでしょ? それは大間違い。給料のほかにもうひとつ収入源を考えたらこれほどオイシイ職業はないですよ。


ロベルト・シンヤシキ

良きライバル関係からは、良き友情が生まれます。友情は特別な性格を持った人間関係です。たとえば恋愛では多くの場合、パートナーに完璧さを求めがちですが、友情においては、相手の欠点を知っても、変わらずに好きだということがよくあります。相手の勝利を純粋に祝福し合える関係です。友情とは、「不完全さに対する寛大さの勝利」だと言えるでしょう。


ページの先頭へ