名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

芥川龍之介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

芥川龍之介のプロフィール

芥川龍之介、あくたがわ・りゅうのすけ。日本の小説家。短編小説に優れ『芋粥』『藪の中』『地獄変』『歯車』『蜘蛛の糸』『羅生門』『鼻』『河童』『杜子春』そのほか多数の名作を残した。文藝春秋社の芥川賞は死後8年目に親友の菊池寛が創設した。東京大学英文科卒。大学在学中から同人誌新思潮を発行し文筆活動を行った。

芥川龍之介の名言 一覧

古来賭博に熱中した厭世主義者のないことは、いかに賭博の人生に酷似しているかを示すものである。


強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものは常に強弱の中間者である。


正義は武器に似たものである。武器は金を出しさえすれば、敵にも味方にも買われるであろう。正義も理屈をつけさえすれば、敵にも味方にも買われるものである。


人生はひと箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である。


あらゆる社交はおのずから虚偽を必要とするものである。最も賢い処世術は、社会的因習を軽蔑しながら、しかも社会的因習と矛盾せぬ生活をすることである。最も賢い生活は、一時代の習慣を軽蔑しながら、しかもそのまた習慣を少しも破らないように暮らすことである。


我々の生活に必要な思想は三千年前に尽きたかもしれない。我々はただ古い薪に新しい炎を加えるだけであろう。


天才とは、わずかに我々と一歩を隔てた者のことである。天才の悲劇は、こじんまりとした居心地の良い名声を与えられることである。


阿呆はいつも、彼以外の者を阿呆であると信じている。


芸術のための芸術は、一歩を転ずれば芸術遊戯説に墜ちる。人生のための芸術は、一歩を転ずれば芸術功利説に堕ちる。


軍人の誇りとするものは、小児の玩具に似ている。なぜ軍人は酒にも酔わずに、勲章を下げて歩かれるのであろう。


懐疑主義者もひとつの信念の上に、疑うことを疑はぬという信念の上に立つ者である。


私は不幸にも知っている。時には嘘によるほか語られぬ真実もあることを。


人生は常に複雑である。複雑なる人生を簡単にするものは、暴力よりほかにあるはずはない。


矜誇、愛欲、疑惑、あらゆる罪は三千年来、この三者から発している。同時にまた、おそらくはあらゆる徳も。【覚書き|矜誇(きんこ)=自分の能力を誇る気持ち】


運命は偶然よりも必然である。運命は性格の中にあるという言葉は決して等閑に生まれたものではない。
【覚書き|等閑(とうかん)いいかげん】


人間の心には、互いに矛盾したふたつの感情がある。誰でも他人の不幸に同情しないものはない。ところが、その不幸を切り抜けてよくなると、なんとなく物足りなくて、少し誇張して言えば、もう一度同じ不幸に陥れてみたいような気持になる。


芥川龍之介の経歴・略歴

芥川龍之介、あくたがわ・りゅうのすけ。日本の小説家。短編小説に優れ『芋粥』『藪の中』『地獄変』『歯車』『蜘蛛の糸』『羅生門』『鼻』『河童』『杜子春』そのほか多数の名作を残した。文藝春秋社の芥川賞は死後8年目に親友の菊池寛が創設した。東京大学英文科卒。大学在学中から同人誌新思潮を発行し文筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

よく、「上司がイヤなヤツだから、やる気が出ない」とかいっているサラリーマンがいますが、目的が明確なら、そんなことは気になりませんよ。評価や出世のためなら、イヤな上司とうまくつき合うなんて、お安いご用。イヤな上司のせいで、家が建たなくなるほうが、よほど愚かでしょ。要するに目的意識の強さの問題。


笠原健治

組織全体を少人数のチームに細分化するとともに、各自の裁量をできるだけ拡げて、自分の仕事を自分で動かせるようにしました。担当するサービスへの愛着が深まり、他人事ではなく自分事として、より積極的かつ自律的に取り組めるようになると考えたからです。


上村愛子

オリンピックでメダルは獲れなかったけど、すがすがしい気分。全力で滑れたことで点数見ずに泣いてました。


松井道夫

会社勤めには向いていない性格だと、いまでも思います。よく言えば他人に影響されない。悪く言えば唯我独尊。やっぱり画家的なんですよ。


伊庭正康

毎日忙しく、新人の頃はいろんなことに気をとられ、仕事が回らず残業ばかり。上司に言われて、作業ごと所要時間や目標値を掲げるようにしたら、変わりました。1つの作業に集中するため、今から1時間は電話を30件かけると決めて、それ以外の仕事はしないのです。許可を得て、会議室にこもって電話していました。単純なことですが、効果は大きかったです。


市川海老蔵(11代目)

争いを避け、みんなと仲良く歩調を合わせるのが、日本企業では歓迎されるのかもしれません。ですが、それでは本質を見失います。愛想笑いはもうやめましょうよ。早く八方美人をやめないと、組織はもたないのではないですか。このままでは日本は世界で勝負できないでしょう。


盛田昭夫

会社はお金を儲けるのを目的としているのだから、経理数字は会社の仕事を測るモノサシである。


萩原利男(経営者)

いわゆる「常識」には、実は根拠のない思い込みのようなものも多いんです。とくに専門性が高い分野では「業界の常識は世間の非常識」とでもいうべき事態に陥っている場合も少なくありません。


岩崎裕美子

ムリな残業で伸びた売上げは、一時的なものです。それより、社員が健康的に長く働ける土壌を作れたらと考えています。


青木擴憲

人は何があっても、生まれた時には何も持っていなかった。そう思えば、たとえ失敗したとしても次に頑張ればいいさ、と思えるようになる。


高田明(ジャパネットたかた)

リーダーに何より求めたいのは、ブレない信念を持ち、ありったけの情熱を傾けて、自己成長に向けて絶えず行動する姿勢。


稲垣精二

我々が技術を持っていなくても外部の会社さんとタイアップし、その技術を取り込むことでお客様に新しいサービスが提供できる。これがIT技術の発達で可能になってきていますし、今後も積極的にやっていきたい。