名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

芥川龍之介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

芥川龍之介のプロフィール

芥川龍之介、あくたがわ・りゅうのすけ。日本の小説家。短編小説に優れ『芋粥』『藪の中』『地獄変』『歯車』『蜘蛛の糸』『羅生門』『鼻』『河童』『杜子春』そのほか多数の名作を残した。文藝春秋社の芥川賞は死後8年目に親友の菊池寛が創設した。東京大学英文科卒。大学在学中から同人誌新思潮を発行し文筆活動を行った。

芥川龍之介の名言 一覧

古来賭博に熱中した厭世主義者のないことは、いかに賭博の人生に酷似しているかを示すものである。


強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものは常に強弱の中間者である。


正義は武器に似たものである。武器は金を出しさえすれば、敵にも味方にも買われるであろう。正義も理屈をつけさえすれば、敵にも味方にも買われるものである。


人生はひと箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である。


あらゆる社交はおのずから虚偽を必要とするものである。最も賢い処世術は、社会的因習を軽蔑しながら、しかも社会的因習と矛盾せぬ生活をすることである。最も賢い生活は、一時代の習慣を軽蔑しながら、しかもそのまた習慣を少しも破らないように暮らすことである。


我々の生活に必要な思想は三千年前に尽きたかもしれない。我々はただ古い薪に新しい炎を加えるだけであろう。


天才とは、わずかに我々と一歩を隔てた者のことである。天才の悲劇は、こじんまりとした居心地の良い名声を与えられることである。


阿呆はいつも、彼以外の者を阿呆であると信じている。


芸術のための芸術は、一歩を転ずれば芸術遊戯説に墜ちる。人生のための芸術は、一歩を転ずれば芸術功利説に堕ちる。


軍人の誇りとするものは、小児の玩具に似ている。なぜ軍人は酒にも酔わずに、勲章を下げて歩かれるのであろう。


懐疑主義者もひとつの信念の上に、疑うことを疑はぬという信念の上に立つ者である。


私は不幸にも知っている。時には嘘によるほか語られぬ真実もあることを。


人生は常に複雑である。複雑なる人生を簡単にするものは、暴力よりほかにあるはずはない。


矜誇、愛欲、疑惑、あらゆる罪は三千年来、この三者から発している。同時にまた、おそらくはあらゆる徳も。【覚書き|矜誇(きんこ)=自分の能力を誇る気持ち】


運命は偶然よりも必然である。運命は性格の中にあるという言葉は決して等閑に生まれたものではない。
【覚書き|等閑(とうかん)いいかげん】


人間の心には、互いに矛盾したふたつの感情がある。誰でも他人の不幸に同情しないものはない。ところが、その不幸を切り抜けてよくなると、なんとなく物足りなくて、少し誇張して言えば、もう一度同じ不幸に陥れてみたいような気持になる。


芥川龍之介の経歴・略歴

芥川龍之介、あくたがわ・りゅうのすけ。日本の小説家。短編小説に優れ『芋粥』『藪の中』『地獄変』『歯車』『蜘蛛の糸』『羅生門』『鼻』『河童』『杜子春』そのほか多数の名作を残した。文藝春秋社の芥川賞は死後8年目に親友の菊池寛が創設した。東京大学英文科卒。大学在学中から同人誌新思潮を発行し文筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

安田弘

いまはITの時代。ボタンを押せば知識はいくらでも入ってきます。だからこそ、逆に人間力が問われる時代だと感じています。


潮田、滋彦

人は、自分で実感したとき、現実の世界で行動を起こしていきます。


鈴木修

部品や製品はもちろん、設備まで、いかに小さく、少なく、軽く、短く、美しくするか。それがコスト削減とともに、できあがったクルマの燃費向上へとつながる。小型車と同じ安全基準が適用される中でのこうした努力が「小さなクルマをつくることなら、誰にも負けない」というスズキの競争力を養う力になっていたと思います。


小宮一慶

私は、松下幸之助さんの『道をひらく』を数ページずつ読むことを20年以上「就寝前の儀式」にしています。本を読んだ回数は100回以上です。だから、何か仕事で悩んだとき、「松下さんなら、どう考えるか」と別の視点で状況を捉えられます。


坂本孝

40代は大変なことがたくさんあるでしょうが、そこで諦めたり腐ったりしてはいけません。40代が一番良い時期なのですから。体力や気力も十分だし、世の中のこともよくわかっている。ビジネスマンにとって、40代こそゴールデンエイジですよ。


兼元謙任

人間はお互い、問いと答えを投げ交わすことで、分かり合えるし、知恵も出せます。でも私は他人に対して問いを投げかけていなかったんです。そこで、「どんなことでも誰かに気軽に質問でき、それに詳しい人が丁寧に答えてくれたらいいな」という考えが芽生えました。そうした頭の中のイメージが、インターネットと結びついて現在の「Q&Aサイト」の構想につながりました。


和地孝

企業は強い経営力がなければ生きられない。だが社会に貢献しなければ存在する価値がない。


廣瀬禎彦

社長であればトップダウンで、いわば強権的に、論理的な判断に基づいた行動をさせることもできるでしょう。しかし、組織自体に論理的な行動を根付かせるのは難しい。社長ではない一般社員にとってはなおさらでしょう。そこで、私が有効だと思うのは、かつて日本企業で盛んにおこなわれていた「TQC活動」です。自分が所属する現場で、商品・サービスの品質や業務効率の向上のための改善策を考えるグループをつくるのです。社風を変えようなどと訴えても警戒されるだけでしょうけれども、現場の改善活動をしようと呼びかければ賛同が得られやすいでしょう。


泉谷直木

諦めない人は、人を喜ばせることに生きがいを感じる人です。自分の暮らしに対して愛情が深い人は、目標に対して執念を持っています。自分の成長を楽しんでいる人も容易に諦めません。自分はもっとできるはずだという気持ちがあるから、自分に対して諦めないのです。


奥田陽一

システムを提供する会社のトップの意見として驚かれるかもしれませんが、メールは決して万能のコミュニケーションツールではないと考えています。会議の日時など、シンプルな情報の連絡には、メールが大いに効果を発揮します。一方、複雑な問題でやり取りをすると、途端に誤解が生まれやすくなります。トラブルに発展すれば火消しに時間がとられます。誤解を防ぐために長い文章で説明しようとすると、メール本来の簡便さが失われてしまいます。効率化のためのツールであるはずなのに、使い方を間違えるとかえって仕事が遅くなるのです。


志村けん

とにかく面白いコントを作りたい。そう思わせた最大の要因は、やっぱり育ってきた家のなかの暗さにあったんじゃないかな。親父は小学校の教頭をやっていたんですけど、ガチガチの堅物でね。普段はニコッともしない。しかも講道館柔道の5段なんですよ。講道館柔道というのは実践的なケンカ柔道で、実質的には5段以上はいないと言われてて、ホント、こわくてね。下手に口答えでもしようものなら、すぐにバーンと足払いですから。そんな家に、笑いなんかあるわけないじゃないですか。そんな雰囲気のなか、夕飯のとき、お笑い番組をつけていると、それを見て親父がクスッと笑う。その瞬間、家のなかがパッと明るくなるのが嬉しくてね。「ああ、笑いの力ってすごいんだな」って。


矢野博丈

環境が変われば最適な方法が変わる。これはもう仕方がない。けれども、環境が変わっても変わらずに役立つものがある。それが努力だと私は思っている。自分の役に立つかどうかわからん他人のノウハウを吸収するより、自分で努力する力を磨いた方がよほどいい。