芥川龍之介の名言

芥川龍之介のプロフィール

芥川龍之介、あくたがわ・りゅうのすけ。日本の小説家。短編小説に優れ『芋粥』『藪の中』『地獄変』『歯車』『蜘蛛の糸』『羅生門』『鼻』『河童』『杜子春』そのほか多数の名作を残した。文藝春秋社の芥川賞は死後8年目に親友の菊池寛が創設した。東京大学英文科卒。大学在学中から同人誌新思潮を発行し文筆活動を行った。

芥川龍之介の名言 一覧

古来賭博に熱中した厭世主義者のないことは、いかに賭博の人生に酷似しているかを示すものである。


強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものは常に強弱の中間者である。


正義は武器に似たものである。武器は金を出しさえすれば、敵にも味方にも買われるであろう。正義も理屈をつけさえすれば、敵にも味方にも買われるものである。


人生はひと箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わなければ危険である。


あらゆる社交はおのずから虚偽を必要とするものである。最も賢い処世術は、社会的因習を軽蔑しながら、しかも社会的因習と矛盾せぬ生活をすることである。最も賢い生活は、一時代の習慣を軽蔑しながら、しかもそのまた習慣を少しも破らないように暮らすことである。


我々の生活に必要な思想は三千年前に尽きたかもしれない。我々はただ古い薪に新しい炎を加えるだけであろう。


天才とは、わずかに我々と一歩を隔てた者のことである。天才の悲劇は、こじんまりとした居心地の良い名声を与えられることである。


阿呆はいつも、彼以外の者を阿呆であると信じている。


芸術のための芸術は、一歩を転ずれば芸術遊戯説に墜ちる。人生のための芸術は、一歩を転ずれば芸術功利説に堕ちる。


軍人の誇りとするものは、小児の玩具に似ている。なぜ軍人は酒にも酔わずに、勲章を下げて歩かれるのであろう。


懐疑主義者もひとつの信念の上に、疑うことを疑はぬという信念の上に立つ者である。


私は不幸にも知っている。時には嘘によるほか語られぬ真実もあることを。


人生は常に複雑である。複雑なる人生を簡単にするものは、暴力よりほかにあるはずはない。


矜誇、愛欲、疑惑、あらゆる罪は三千年来、この三者から発している。同時にまた、おそらくはあらゆる徳も。【覚書き|矜誇(きんこ)=自分の能力を誇る気持ち】


運命は偶然よりも必然である。運命は性格の中にあるという言葉は決して等閑に生まれたものではない。
【覚書き|等閑(とうかん)いいかげん】


人間の心には、互いに矛盾したふたつの感情がある。誰でも他人の不幸に同情しないものはない。ところが、その不幸を切り抜けてよくなると、なんとなく物足りなくて、少し誇張して言えば、もう一度同じ不幸に陥れてみたいような気持になる。


芥川龍之介の経歴・略歴

芥川龍之介、あくたがわ・りゅうのすけ。日本の小説家。短編小説に優れ『芋粥』『藪の中』『地獄変』『歯車』『蜘蛛の糸』『羅生門』『鼻』『河童』『杜子春』そのほか多数の名作を残した。文藝春秋社の芥川賞は死後8年目に親友の菊池寛が創設した。東京大学英文科卒。大学在学中から同人誌新思潮を発行し文筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

吉永賢一

ビジネスマンとしての自分のステージをあげるための読書をするには、先の流れを読むことが必要です。目の前の業務に直結する本を読む人はたくさんいますし、それはそれで重要なのですが、それだけでは次のステージへは進めません。次のステージで必要になるであろう知識を予測し、早めに身につけておくことで、新しい仕事のオファーや昇進・昇格などのチャンスが訪れたとき、そのチャンスを掴みやすくなります。


永守重信

社員の意識が変われば会社も変わる。


佐藤義雄

人間関係が構築できていない上司には、部下も悩みを打ち明けないものです。普段からのコミュニケーションが大切です。


ピーター・リンチ

【株式投資20の黄金律-その10】小型企業への投資は、その企業が利益を出しはじめるまで控えた方がよい。


アイスキュロス

正しき思慮こそ、神の最上の贈り物なり。


長谷山彰

必ず物事には二面性、場合によっては多面性がある。一つの側面だけ見て、この歴史はこうなっていると思ったら絶対だめだ。必ず人物にしろ、国にしろ、事件にしろ、多面性があるので、こちら側から、あちら側から見たりしないと、なかなか歴史の真相は分からない。


岡田康豊

最近は社内での経験を積み重ねて昇進する、いわゆる「キャリアアップ」という考え方ではなく、職種や業種の壁を越えて経験の幅を広げ、キャリアを自分でデザインしていく働き方が注目されている。


ジョン・キム(法学者)

いまいるところから飛び出す選択が正しいかどうか、そこに気を取られて踏み出せずにいるのはもったいないことです。未来に対する選択には、不確実性が必ず伴います。ならば不確実なものを予測することに頭を悩ませるより、選択したあとの軌道修正に自分のリソースを集中させた方がいいでしょう。


秋元康

自分が敵わない人って、みんな天才だと思ってる。ビートたけしさんも石橋貴明も三谷幸喜も宮藤官九郎も、みんなそれぞれの分野で天才。だから僕は彼らと競う必要がない。そういう人たちと競うんじゃなくて一緒に何かをやるのが楽しいんです。


藤田晋

分厚い企画書は、それだけでダメですね。企画書を見て判断する人は、基本的にそこからリスクを探します。それがすぐに分かるように整理されていないと、企画書として成立しません。伝えたいことをすべて盛り込もうとして分厚くなってしまっている企画書は本当に残念ですね。結局、「何がいいたいのか」を伝え切れていません。


木村博史

交渉では相手の話を聞き、相手を知ると同時に、自分自身の特徴や良さ、欠けている点をしっかり把握することが大切。自分自身を知るツールとして私が作ったのが20項目からなるアイデアシートです。これを埋めることで自然に自分自身の売りや足りない点が分かります。


土井英司

普通の人は稼いだお金で、自分が食べるタマゴを買う。お金持ちになる人は、今日のタマゴをガマンしてお金を貯めてニワトリを買い、10羽、100羽と増やしてタマゴを売って儲ける。


門川義彦

笑顔で最も大切なこと、それは「アイコンタクト」です。相手の目を見るということは、相手の存在を認めているというメッセージであり、自分目身のアピールでもあります。


近藤太香巳

自分が若くして事業を始めたのでよくわかるんですが。若者にはステージとチャンスを与えて徹底的に期待すると、ものすごく伸びるんです。大人が若者にやるべきことは、背伸びをさせてあげることだと思っています。


土井英司

自分の専門を突き詰めるのも大切ですが、たまにはそこから抜け出して、視野を広げることも大切なことだと思います。本も人脈もそうですが、未知の分野に接するのは、確かにストレスがたまります。しかし、それを怠っていたのでは、いつまでたってもいい勉強はできないと思います。僕は医学書なども読んだりします。


ページの先頭へ