名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

芝本裕子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

芝本裕子のプロフィール

芝本裕子、しばもと・ゆうこ。日本の美容家、経営者。大ヒットした化粧品シリーズ「美肌一族」を販売するラブラボの社長。兵庫県出身。甲南女子大学文学部国文学科在学中、女性ファッション誌『JJ』の読者モデル、ライターを務める。そのほか、girlswalker.comのファッションコンテンツ立上げやイベント・コーディネーターなどを経て、化粧品企画販売会社ラブラボを設立。美肌一族シリーズを販売し大ヒットとなった。同商品は日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2008でヒットメーカー部門6位を受賞した。美容ライター、百貨店アドバイザーなども務めた。

芝本裕子の名言 一覧

私はエッジの利いた最先端のものをつくることはできないけれど、大勢の女の子の持っている感覚ならわかる。その意味では、自分は何ができるのか、そして何ができないのかということを、見極めることがすごく重要だと思います。


やると決めた仕事を曖昧なままにして、自分の中にためておくことは嫌だったんです。


「自分は何が得意か」「自分は何が苦手か」ということを見極め、「何を人に任せられるか」「何を任せた方がいいか」ということを、常に考えながら仕事をすることが重要です。


私はどんなに前の晩が遅くなっても、朝6時に起きて、その日にやるべき仕事を全部メモに書き出すという作業をしています。そして、やり終えたらペンで消していく。単純ですが、この作業はとても重要です。


紙に書き出したりして、いま自分がどんな仕事を抱えているかを整理し、その仕事に優先順位をつけていく。そうすれば自ずと、「自分でやるべき仕事は、この仕事のここまでで、あとは人に任せられる仕事」だとか、「意外と重要だと思っていた仕事が、後でいくつかの仕事とまとめてできる仕事」だったり、というのがわかります。


決めた仕事を曖昧な状態にしないことは、短期間で仕事を進めるうえでは、とても重要なことだと思います。もちろん、抱えている問題のすべてが即解決するわけではありませんが、まずはできることは何かを考え、できるならばすぐにとりかかる。人任せにすることができる仕事、人手に渡さなければいけない仕事は、すぐに人に渡してしまう。自分一人でたくさんの仕事を抱え込まないことは、重要なことだと思います。


美肌一族を売り出す際、不安がまったくなかった、というわけではありませんでした。でも私には、大勢の女の子が「こんな化粧品、可愛い」と感じたり、「こんな化粧品、使いたい」と思うものがわかっていたので。ある程度、人気を得られるという確信はありました。『JJ』という女性誌で読者モデルをやっていた時代に身につけた感覚なのだと思います。


何をつくるかが決まってからは早かったですね。「製造、シートマスク、化粧品」などの単語を検索サイトで検索して、出てきた製造会社に片っ端から電話をして、即、翌日にアポを入れ、話をしに行きました。
【覚書き|メーカー経験ゼロの状況から半年で、化粧品の企画から製造、そして販売までこなした当時を振り返っての発言】


まず、「化粧品をつくってみませんか?」というお話をいただいたのがきっかけで、化粧品の企画から販売まで携わることになりました。そのときには、まだ何をつくるかも決まっていない状態でした。そこで、いまの日本市場には、まだそう多くは出回っておらず、需要がありそうな化粧品を考えたときに思いついたのが、韓国で流行っていた、一枚一枚が個別包装されているシートマスクでした。これは、日本の女性にも需要があるはずだ!と。


お節介かもしれないけど、いいものは人に教えてあげなきゃ、と思うんです。


芝本裕子の経歴・略歴

芝本裕子、しばもと・ゆうこ。日本の美容家、経営者。大ヒットした化粧品シリーズ「美肌一族」を販売するラブラボの社長。兵庫県出身。甲南女子大学文学部国文学科在学中、女性ファッション誌『JJ』の読者モデル、ライターを務める。そのほか、girlswalker.comのファッションコンテンツ立上げやイベント・コーディネーターなどを経て、化粧品企画販売会社ラブラボを設立。美肌一族シリーズを販売し大ヒットとなった。同商品は日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2008でヒットメーカー部門6位を受賞した。美容ライター、百貨店アドバイザーなども務めた。

他の記事も読んでみる

マイケル・ゲルブ

ダ・ヴィンチの比類なき想像力の秘密は、異なる要素を関連付け、それを結び付けて一つの新しいパターンを作るという彼が生涯を通して行ったことにある。彼の多くの発明や設計は、自然界に存在する異なる形を想像力と遊び心で組み合わせて作ったものだ。彼が研究に寄せた真剣さや集中力は多大なものがあったが、同時に彼は冗談やなぞなぞが大好きで非常に遊び心が強かった。


重久吉弘

日常生活においても「何かビジネスにつながらないか」を常に考えてしまう。


福井威夫

コミュニケーションも含めて、信頼関係の大切さを実感しました。いくらいい話をしても、信頼してもらえなければ終わりですから。大切なのは、お互いの信頼関係だと思うんです。だから現場にもなるべくいきました。


澤田秀雄

会社を黒字にさせる方法は、大きく分けて2つ。コストを削減すること。もう一つは、並行して売上増を実現すること。


兒玉義則

お店ではいろいろなことが起こります。お客様から感謝されることもあれば、クレームをいただくこともある。クレームというものがどれだけ深刻な事態なのか、逆に感謝されることがどれほど嬉しいのか、(店頭に立つことで)身をもって感じることができました。


藤原弘治

間接部門を含めた業務の生産性が上がれば、収益構造も変わるでしょう。銀行はメーカーなどの一般企業と比べてまだまだ遅れている。異業種の社外取締役から知見を得る機会も増えました。意見を上手に取り入れて生産性を高めたい。


巻誠一郎

自分が見つけた道は、前線からの泥臭い守備や、味方を生かすような動き、そしてもちろん得点力。FWとして絶対に点を獲るという気持ちの強さでやってきました。


佐藤航陽

会社組織は利害を共にする共同体でありながらも足の引っ張り合いなどの競争が起こる。ただ社員間で同じ思想や価値観を共有できていれば、着地点を見つけやすい。逆に、共通認識のない組織は短命だと言えます。


坂下智保

社員が成長してこそ、お客様に提案ができ、付加価値を上げることができる。


志太勤

私は高校生の頃、野球部でピッチャーをしていたんですが、肩を壊して医師から一生ボールを握ることはできないと言われたんです。私の目標は野球で日本一になることでしたから、もうすっかり絶望してしまい、フラフラと歩いて自殺の名所である熱海の海岸に行ったんです。すると、私が自殺すると思ったのか、公園の管理をしている方が駆け寄ってきて、話を聞いてくれたんです。すると、その方は「野球だけが人生じゃない。日本一の商売人になればいいじゃないか」といって諭し、勇気づけてくれました。私はその言葉にハッとしました。そうか、商売でも日本一になる道はあるのか、だったら日本一の商売人を目指してみようと。だから、日本一の商売人にならないとあの人を裏切ってしまうことになりますから、途中でやめるわけにはいかないんです。


塚越友子(水希)

組織の中に自分の責任を回避し、自己正当化して出世していく人がいると、周囲の人たちは疑心暗鬼に陥り、諦め感が強まります。「あんな人が出世するなんて、ちゃんとやっている私たちの立場は?」と、上司に対しても猜疑心が起きて組織を離れ、いずれは組織自体が崩壊してしまいます。


高橋宏(経営者)

朝四時から四時半に起きる暮らしを始めて、20年ほどになります。これから空が白み始めようというとき、窓を全開にします。すると冷たい空気が部屋を満たし、体がシャキッとします。これが私にとって本を読む、物を書くのに絶好の時間です。