名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

船津浩三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

船津浩三のプロフィール

船津浩三、ふなつ・こうぞう。日本の経営者。「ニーズウェル」社長。長崎県出身。日立製作所、富士ソフトウェア研究所(のちの富士ソフト)取締役、富士ソフトABC常務、専務、サイバーコム会長、ニューズウェル顧問、社外取締役などを経て社長に就任。

船津浩三の名言 一覧

伸びている社員は、やる気のある人間です。どの企業でも同じだと思いますが、貪欲にやっていこうという気持ちがあれば、どんどん新しい技術を吸収することができます。


失敗も重要だと思っているんです。失敗を経験していれば、上に立ったときにその経験を活かしてコントロールすることができます。チャレンジ精神が大事だと思います。


会社が成長するには「人」が大事ですが、どんなに優秀な人材がいても、社員が意識を同じ方向に向けて、一生懸命仕事をしていかない限り会社は成長できません。ですから、会社を愛する社員をつくっていきたい。


好きな言葉は「人生はこれからだ」です。問題が起きた時、悔やんでも何の解決にもなりません。過去が取り戻せないのであれば、今日からまた気持ちを切り替えてまた頑張ればいいという意味です。苦しい時もありましたが、そこで悩まないで次を考えようという意識です。


私は「全員経営」を標榜しています。同じ目標に向かっていくために3か月に1回、全社員を集めて会社の状況を説明する機会を設けているほか、年に1回、予算を組んだときには全社員に方向性を説明しています。こうして全社員が顔を合わせることが大事だと思っています。


システム開発の上流工程から参画できることに強みがあります。お客様の業務内容まで理解している金融に強い技術者が多いからこそ可能になっていることです。


私自身、開発を担当していたとき、その管理を担当していたときに納期に間に合わないかもしれないということでお客様と一緒に徹夜するなど苦しい仕事も経験しました。しかし、結果的に苦しい経験を共にした方々とのお付き合いが続いています。


今後、考えているのが当社としての製品を開発することです。たとえば強みのある金融系で開発しているシステムを、同業他社にも販売するという横展開で収益力を高めるということを考えています。この形だと、最低限、現在お取引のあるお客様には導入していただけますから、仮に製品が思ったより売れなかったとしても、それほどリスクが高くありません。


一部上場の大手システムインテグレーターは上流工程から参画するケースがありますが、我々のような新規上場の会社は通常、二次請けになる場合が多いんです。しかし当社は、たとえば大手生命保険会社や大手ホテルチェーンなどと長年、直接取引をするなど実績があります。お仕事をさせていただく中で信頼していただき、それが直接取引につながったのです。現在、全体の売り上げの45%がエンドユーザーさんとの直接取引になっていますし、開発案件の受注の75%が継続での受注です。これが安定した受注、収益力につながっており、当社の強みになっています。


我々はどちらかというと、これまでは「受け」の姿勢でしたが、「攻め」に出ていかなければいけないと思っています。ただ「システム開発をしませんか」というレベルでは、今後ますます厳しくなるでしょう。そこで、お客様に対して「提案型」に持っていきたい。そのために武器が必要だということで、自社製品の開発にも取り組んでいきます。社名由来は、「ニーズ」はお客様のニーズ、「ウェル」は井戸です。ニーズが湧き出るような魅力ある会社にしたいという意味を込めています。


船津浩三の経歴・略歴

船津浩三、ふなつ・こうぞう。日本の経営者。「ニーズウェル」社長。長崎県出身。日立製作所、富士ソフトウェア研究所(のちの富士ソフト)取締役、富士ソフトABC常務、専務、サイバーコム会長、ニューズウェル顧問、社外取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

伊藤真(弁護士)

時間が限られているときには、話す内容に優先順位をつけることも大切ですが「いま、最も伝えたいことは何か」を考え、話をひとつに絞った方がいいでしょう。あれもこれも伝えようとすると、慌てたり焦ったりして、結局、何も伝わらないといったことに陥りやすいからです。


出井伸之

私は企業にとって後発参入というものはないと思います。後発でも構わず入っておけば、10年もしたら後発だなんて誰も思いません。トップになることも可能です。


金川千尋

商売は人と人とのつながりです。メーカーの製品は大きく「特殊品」と「汎用品」に分けられますが、品質で差別しづらい汎用品は価格競争に陥りがちです。それでも汎用品を他社より高い価格で売ってくる営業マンがいます。そういう人間は、取引先に「多少の差であればこの人から買いたい」と思われているはずです。


治山正史

常に「クセになる」、つまり一度着たら、また買いたくなる商品を考えています。リラックス効果を追求した「ストレス対策スーツ」を発売しましたが、「これしか着られない」というお客様が増えています。


磯崎功典

もう右肩上がりの時代ではない。今こそゲームチェンジしなければならない。ルールや戦い方も変えていく。


金田一秀穂

僕は「言葉は道具」という意識を持つことを勧めています。道具なんだから、どうせなら、自分にとっていい結果が出るように使いましょう。自分自身を鼓舞したい時は「俺はできる」と口にしたり、やたらと「疲れた」と言わないように気をつける、とかね。


平井一夫

薫陶を受けたのは、丸山茂雄さん(ソニー・コンピュータエンタテインメント会長)です。丸山さんには、人をどう巻き込むか。そしてその人たちを、どう同じ方向に導くか。そのための「人間力」「コミュニケーション能力」が大事だと、教えられました。「心配しても仕方がないことは、心配しない」ことも学んだ。自分でコントロールできないものを心配しても仕方がない。心配は、笑い飛ばしておしまい。丸山さんのこうした教えは、私のマネジメントスタイルに大きな影響を与えています。


山上晶則

ブルー・オーシャン戦略のポイントは、差別化と低コストを同時に追求し、新しい需要を創出することにある。


吉川晃司

生涯一歌手でいたい。映画も舞台も音符の肥やしです。俺みたいなタイプは、死ぬまで幻想と妄想の中を走りゃいい。夢見て生きて行けるんだぜ!みたいなものを、エンターテインメントとして伝えるのが仕事です。40代半ばなのに、バカだったって思われたいんですよ。


木瀬照雄

何のために仕事をするのか常に考えて欲しい。そのときは3つの見方で見るといい。ひとつは「未来から見る」こと。2つ目は「2ランク上の立場(役職)から見る」こと。そして3つめは「お客様の立場で見る」こと。


澤田秀雄

創業当時に本を読んで得たノウハウは、確かに今の経営の基礎を支えてくれています。しかし、本で得られるのは「知識」にすぎません。ゴルフの本を100冊読んでも、自分で10年間ボールを打っている人に勝てないのと同じですね。実務を通して「知識」を使うことで、「見識」や「胆識」にしていかなければいけません。そのためには、とにかく経験を積むしかありません。


福永雅文

ファンづくりは有効です。マインドシェアと言いますが、「車を買うなら、あの人から」というレベルのファンを増やせば、大きな成果となって返ってきます。