名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

船津浩三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

船津浩三のプロフィール

船津浩三、ふなつ・こうぞう。日本の経営者。「ニーズウェル」社長。長崎県出身。日立製作所、富士ソフトウェア研究所(のちの富士ソフト)取締役、富士ソフトABC常務、専務、サイバーコム会長、ニューズウェル顧問、社外取締役などを経て社長に就任。

船津浩三の名言 一覧

伸びている社員は、やる気のある人間です。どの企業でも同じだと思いますが、貪欲にやっていこうという気持ちがあれば、どんどん新しい技術を吸収することができます。


失敗も重要だと思っているんです。失敗を経験していれば、上に立ったときにその経験を活かしてコントロールすることができます。チャレンジ精神が大事だと思います。


会社が成長するには「人」が大事ですが、どんなに優秀な人材がいても、社員が意識を同じ方向に向けて、一生懸命仕事をしていかない限り会社は成長できません。ですから、会社を愛する社員をつくっていきたい。


好きな言葉は「人生はこれからだ」です。問題が起きた時、悔やんでも何の解決にもなりません。過去が取り戻せないのであれば、今日からまた気持ちを切り替えてまた頑張ればいいという意味です。苦しい時もありましたが、そこで悩まないで次を考えようという意識です。


私は「全員経営」を標榜しています。同じ目標に向かっていくために3か月に1回、全社員を集めて会社の状況を説明する機会を設けているほか、年に1回、予算を組んだときには全社員に方向性を説明しています。こうして全社員が顔を合わせることが大事だと思っています。


システム開発の上流工程から参画できることに強みがあります。お客様の業務内容まで理解している金融に強い技術者が多いからこそ可能になっていることです。


私自身、開発を担当していたとき、その管理を担当していたときに納期に間に合わないかもしれないということでお客様と一緒に徹夜するなど苦しい仕事も経験しました。しかし、結果的に苦しい経験を共にした方々とのお付き合いが続いています。


今後、考えているのが当社としての製品を開発することです。たとえば強みのある金融系で開発しているシステムを、同業他社にも販売するという横展開で収益力を高めるということを考えています。この形だと、最低限、現在お取引のあるお客様には導入していただけますから、仮に製品が思ったより売れなかったとしても、それほどリスクが高くありません。


一部上場の大手システムインテグレーターは上流工程から参画するケースがありますが、我々のような新規上場の会社は通常、二次請けになる場合が多いんです。しかし当社は、たとえば大手生命保険会社や大手ホテルチェーンなどと長年、直接取引をするなど実績があります。お仕事をさせていただく中で信頼していただき、それが直接取引につながったのです。現在、全体の売り上げの45%がエンドユーザーさんとの直接取引になっていますし、開発案件の受注の75%が継続での受注です。これが安定した受注、収益力につながっており、当社の強みになっています。


我々はどちらかというと、これまでは「受け」の姿勢でしたが、「攻め」に出ていかなければいけないと思っています。ただ「システム開発をしませんか」というレベルでは、今後ますます厳しくなるでしょう。そこで、お客様に対して「提案型」に持っていきたい。そのために武器が必要だということで、自社製品の開発にも取り組んでいきます。社名由来は、「ニーズ」はお客様のニーズ、「ウェル」は井戸です。ニーズが湧き出るような魅力ある会社にしたいという意味を込めています。


船津浩三の経歴・略歴

船津浩三、ふなつ・こうぞう。日本の経営者。「ニーズウェル」社長。長崎県出身。日立製作所、富士ソフトウェア研究所(のちの富士ソフト)取締役、富士ソフトABC常務、専務、サイバーコム会長、ニューズウェル顧問、社外取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

坂東眞理子

女性活躍への期待が高まっていますが「男性と同じように働けます」という働き方は女性にお勧めできません。自分だから、女性だからできることを考え抜く。闘争ではなく、協力する。奪い取るのではなく育て上げる。新しいリーダーシップの形を私自身、これからも追求していくつもりです。


秋元久雄

仕事を作業にしてしまっている人たちは、結局与えられた問題に対してしか答えようとしません。会社から与えられた課題をそつなくこなす。ただし、その問題は結局、分業化やマニュアル化の中で、非常に単純化されたものでしかない。一方、職人型の人材は自分で問題を作れる人。職人は自らのスキルを向上させるために、常に新たな課題やハードルを自分で見つけ出す。仕事の高次化が自ずとできてくる。


石井一久

大切なのは、ちやほやされたからといって浮き足立ったりせずに、自分を保ち、磨き続けていくことです。「あの人は野球だけではなくて、人間的にも魅力があるよね」とか「向上心を持って物事に取り組むことができるよね」という人であれば、たとえ引退して野球界を去らなくてはいけなくなったとしても、みんなから信頼されたり、尊敬を集めたりすることができます。社会から受け入れてもらえる。


武田双雲

伝えたいのは、あなたの可能性はまだまだ全然、開花してないよってこと。僕の書や言葉が花開くきっかけになったら嬉しいし、一人ひとりが変わることで、世界が変わるかもしれない。というか、世界の可能性を開きたい。僕は本気で、そう願っている。


川淵三郎

不器用でも何でも、嫌な話ほど面と向かって話す。それが長い目で見て、信頼関係や組織の連帯につながります。


脇若英治

会社というものは一定の目標を掲げ、それに合わせて働いてくれる人材を求めています。個人の方向性と会社の方向性が一致していればベストですが、一致しなければ自分の能力を最大限に発揮できません。全社員の方向性が会社の方向性と一致しているときに、企業は最大の価値を生み出すのです。


田島弓子

持続できない理由のひとつに目標に向かう途上の「漠然とした不安」があるうように思いますが、目標やタスクをリスト化することで不安要素が顕在化されます。それらを潰していくことで、不安も自信に変わるのではないでしょうか。


武田双雲

自分がどう思われるかばかりが先行している時は、うまくいかない。「どうだ!」という劣等感からくる変な強気は、全部空回りする。むしろ、「この人を元気づけたい。どうしたらいいかな?」と、好奇心を持って接するようにしたら、人が集まるようになっていった。つまり、こちらの心構えが変われば、相手も変わってくると知った。


竹島一彦

大事なポイントは問題点に早く気付き、迅速に対応策を考えること。


BNF(ジェイコム男)

株式投資をやめようと思ったことは何度もあります。資産が80億円になった今でさえ、「朝のたった10分間で1億円を損するかもしれない」リスク とプレッシャーで押しつぶされそうになる。正直、精神的にきついです。やめればいいんですが、そうすると儲けるチャンスを自ら放棄して1億円損をした気分になるので、それもきつい。どっちもきついなら、株をやり続けるしかないなぁって感じです。


藤田晋

新規事業は、「とりあえずやってみよう」の精神で何よりもスピードを優先し、少ない予算と人でチームを組み、小規模でスタートした方が良い。


草刈貴弘

ニュースなどでは、「地政学的リスクが意識され投資家が売買に動けない」などといったことが言われたりします。もちろん不確実性が高まっている点ではリスクと言えますが、見方を変えれば安値で買う大きなチャンスでもあります。我々のような長期投資家は、ある意味でそういう時を待っています。