名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

船津浩三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

船津浩三のプロフィール

船津浩三、ふなつ・こうぞう。日本の経営者。「ニーズウェル」社長。長崎県出身。日立製作所、富士ソフトウェア研究所(のちの富士ソフト)取締役、富士ソフトABC常務、専務、サイバーコム会長、ニューズウェル顧問、社外取締役などを経て社長に就任。

船津浩三の名言 一覧

伸びている社員は、やる気のある人間です。どの企業でも同じだと思いますが、貪欲にやっていこうという気持ちがあれば、どんどん新しい技術を吸収することができます。


失敗も重要だと思っているんです。失敗を経験していれば、上に立ったときにその経験を活かしてコントロールすることができます。チャレンジ精神が大事だと思います。


会社が成長するには「人」が大事ですが、どんなに優秀な人材がいても、社員が意識を同じ方向に向けて、一生懸命仕事をしていかない限り会社は成長できません。ですから、会社を愛する社員をつくっていきたい。


好きな言葉は「人生はこれからだ」です。問題が起きた時、悔やんでも何の解決にもなりません。過去が取り戻せないのであれば、今日からまた気持ちを切り替えてまた頑張ればいいという意味です。苦しい時もありましたが、そこで悩まないで次を考えようという意識です。


私は「全員経営」を標榜しています。同じ目標に向かっていくために3か月に1回、全社員を集めて会社の状況を説明する機会を設けているほか、年に1回、予算を組んだときには全社員に方向性を説明しています。こうして全社員が顔を合わせることが大事だと思っています。


システム開発の上流工程から参画できることに強みがあります。お客様の業務内容まで理解している金融に強い技術者が多いからこそ可能になっていることです。


私自身、開発を担当していたとき、その管理を担当していたときに納期に間に合わないかもしれないということでお客様と一緒に徹夜するなど苦しい仕事も経験しました。しかし、結果的に苦しい経験を共にした方々とのお付き合いが続いています。


今後、考えているのが当社としての製品を開発することです。たとえば強みのある金融系で開発しているシステムを、同業他社にも販売するという横展開で収益力を高めるということを考えています。この形だと、最低限、現在お取引のあるお客様には導入していただけますから、仮に製品が思ったより売れなかったとしても、それほどリスクが高くありません。


一部上場の大手システムインテグレーターは上流工程から参画するケースがありますが、我々のような新規上場の会社は通常、二次請けになる場合が多いんです。しかし当社は、たとえば大手生命保険会社や大手ホテルチェーンなどと長年、直接取引をするなど実績があります。お仕事をさせていただく中で信頼していただき、それが直接取引につながったのです。現在、全体の売り上げの45%がエンドユーザーさんとの直接取引になっていますし、開発案件の受注の75%が継続での受注です。これが安定した受注、収益力につながっており、当社の強みになっています。


我々はどちらかというと、これまでは「受け」の姿勢でしたが、「攻め」に出ていかなければいけないと思っています。ただ「システム開発をしませんか」というレベルでは、今後ますます厳しくなるでしょう。そこで、お客様に対して「提案型」に持っていきたい。そのために武器が必要だということで、自社製品の開発にも取り組んでいきます。社名由来は、「ニーズ」はお客様のニーズ、「ウェル」は井戸です。ニーズが湧き出るような魅力ある会社にしたいという意味を込めています。


船津浩三の経歴・略歴

船津浩三、ふなつ・こうぞう。日本の経営者。「ニーズウェル」社長。長崎県出身。日立製作所、富士ソフトウェア研究所(のちの富士ソフト)取締役、富士ソフトABC常務、専務、サイバーコム会長、ニューズウェル顧問、社外取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉田幸弘(コンサルタント)

言葉は武器にもなりますが、凶器にもなります。とくに感情が昂ぶったときにその場ですぐ口に出す言葉は、相手を深く傷つけます。


矢部輝夫

「みなさんは、お掃除のおばちゃん、おじちゃんじゃない。世界最高の技術を誇る新幹線のメンテナンスを、清掃という面から支える技術者なんだ」。これはある研修で言ったセリフだったと思いますが、この言葉を発した瞬間、聞いている人の目がまるでマンガみたいにキラッと光ったのです。そのとき「こういう言葉を待っていたんだ」と気づいたのです。


澤田貴司

結果を出すことに妥協しないことも大切だ。仮に、リヴァンプのパートナー(従業員)が、相手先の付加価値を高めることができないようであれば、別のものに交代させることも辞さない。現在の状況に満足しているわけではない。まだ取り組むべき課題は多く、安易な妥協は許されないと考えている。


河上和雄

テレビの出演に関しても、胡散臭そうな番組には出ないと決めています。だいたいタレントと一緒になってワイワイキャーキャーやるような番組って、面白いんですよ。タレントとも、ある程度知り合いにもなれるだろうしね。でも、そういうことをしてしまったら、これまで過ごしてきた自分の人生を汚すことになるので、やめようと。


齋藤孝(教育学者)

私はじつはメモを取るとき、相手の話やキーワードはもちろんですが、それよりもむしろ自分の発想や思いつきをメモすることが多い。相手の言葉、キーワードを書き込むと同時に、自分の頭の中でそれを膨らませて行く。するといろんな発想や記憶が出てくる。それをメモします。


高岡浩三

ビジネスチャンスを掴めるかどうかは、マーケティングを理解し、それをもとに目の前の課題をいかに考え抜くかにかかっている。


ダン・ニスター

営業担当者の内勤時間を短縮すれば、その時間をお客様との対面時間に充てられます。新しい仕組みの試験導入では、外勤時間が29%から45%に増えて、一日当たりの訪問件数も12件から18件に増加しました。商談時間が長くなれば、お客様に対してこれまで以上に提案が出来ます。その結果、追加受注は1.5%~2倍に増えています。


井上礼之

利益の許す範囲で、その企業らしい独自の貢献に継続して取り組むことが重要。単にお金を出すだけではない。CSR(企業の社会的責任)担当部署だけが関わればいいというのでもない。トップから社員まで、同じ意識で関わることが求められる。社会貢献の目的や意義を社員が共有しないまま惰性で活動しているようでは、いつの間にかマンネリ化してしまい、本来の目的を果たせなくなる。


秋元久雄

新人を一人前にするには教育コストがかかる。社員として抱えれば固定費がかさむ。でも職人はうちの生命線だからね。ほかみたいにコスト下げるために切ってしまうと生き残れないよね。口で言うのは簡単だけれど、創業当初は2年目のやつが新人を何人も面倒みたりしてね。社員全員が必死だったよ。


伊東龍也

これからもっと突き詰めていきたいと思っているのが、シニアの活用です。その世代はゴルフ好きが多いので戦力になります。社会である程度経験されてリタイヤされている人なので、しっかり会話できる人が多く、逆に我々の店長が知識で圧倒されてしまうこともあるほどです。現在、全店で社員94名、クルー134名の内、60歳以上の28名のクルーが、店頭で若者に負けないくらい元気に働いています。ゴルフ業界は、まだまだチャンスが転がっています。


野木森雅郁

まずは製品ありきです。私の使命は真に価値のある医薬品を開発し、日本、アメリカ、ヨーロッパなど地域ごとの売上を最大限に伸ばしていくことです。新薬の研究開発には10から15年と長い時間を要するので、短期的な数字に一喜一憂してはいられません。


島津義弘

昼夜ともに小路で高声で雑談したり、高笑いしたり、また、だらしない格好で、朝鮮に出兵している者や京都にいる者などの留守居の家の門の周囲を回って歩いたり、泊りこんだりすることは、厳禁と心得よ。