名言DB

9413 人 / 110706 名言

舟橋正剛の名言

twitter Facebook はてブ

舟橋正剛のプロフィール

舟橋正剛、ふはなし・まさよし。日本の経営者。「シヤチハタ」社長。愛知県出身。米リンチバーグ大学経営大学院修士課程修了後、電通を経てシヤチハタ工業に入社。取締役、取締役執行役員、常務、副社長などを経て社長に就任。

舟橋正剛の名言 一覧

当社がどういう企業であるべきかを常に社員全員で考えています。数値目標はありますが、大事なのは会社のあるべき姿です。


当社には、製品作りにおいて、素材作りから自分たちで開発する文化があります。例えばスタンプの印面で使うゴムも、いろいろな薬剤や塩を練り込んでインクがうまく流れるものを開発しました。インクにしても独自開発です。製造現場の技術力は高いので、その強みをさらに生かしたいと思います。


オフィスで使う場合、最も求められるものは機能性です。しかし、個人が選ぶ場合は見た目の楽しさなど、機能に加えて個性的なものも必要になってきます。また、家庭での利用も事情が違います。家庭では子どもが楽しんで使えるもの、親が子どもに買い与えたくなるようなものが選ばれます。ほかにはシルバー層に向けたもの、介護や看護の現場で使いやすいものなど、利用者のニーズに合わせた商品開発が重要になってきます。


実はリーマンショック以降の傾向なのですが、オフィスユースでは、会社がまとめて買うのではなく、個人が買うという傾向があるのです。使用する人が自分で買うので、カラーバリエーションや着せかえパーツのような工夫をしています。


当社は日本ではスタンプメーカーというイメージですが、海外に行くと実は筆記具メーカーのイメージになっています。それぞれの国にハンコ事情というものがあって、それに応じてスタンパー事業を展開しています。


舟橋正剛の経歴・略歴

舟橋正剛、ふはなし・まさよし。日本の経営者。「シヤチハタ」社長。愛知県出身。米リンチバーグ大学経営大学院修士課程修了後、電通を経てシヤチハタ工業に入社。取締役、取締役執行役員、常務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

嶺脇育夫

「音楽が好き」ではダメ。もっともっと好きにならなければいけないし、仮に嫌いなジャンルがあっても、好きになる努力を続けることが求められる。個人的な「好き」と、仕事の成果につなげられる「好き」は全然違うんです。


勝間和代

いまの自分にとって何を勉強すれば得になるかを把握できないなら、ビジネスマンの最大公約数で、かつ昇給や昇進に直結するものを選ぶべきです。


茂木友三郎

私やキッコーマンのビジョンだけでは駄目だったでしょう。地域に貢献できること、それが一番のポイントだったと思います。
【覚え書き|アメリカ工場建設時を振り返って】


松本光一(経営者)

自分を信じて行動し続ければ夢は叶います。必ず叶うとは言わないけれど、何もしないと叶いません。まずは自分の信念を信じて行動しましょう。


キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)

我々は今、人種差別撤廃という約束の地への境界線上に立っています。古い秩序は過ぎ去り、新しい秩序が訪れようとしています。我々はみなこの秩序を受け入れ、世界社会のなかで兄弟として生きることを学ぶべきです。でなければ、みな滅ぶしかないのです!


大串哲史

自分の店舗にPOSシステムを導入しました。すると、とんでもないことがわかりました。POSシステムでは、スタッフの情報も管理しています。そのデータから、私が大きな勘違いをしていたことに気づいたのです。当時、私の店には色白で太ったAさんというスタッフと、色黒で精悍な風貌のBさんというスタッフがいました。私はそれまで、Aさんをよく叱っていました。きびきびした動きのBさんに比べると、仕事が遅く、何事にもモタモタしていると感じていたからです。ところが、POSデータを見ると、ほぼ毎日、AさんのほうがBさんよりも多くのお客様を担当していたのです。私はAさんに謝り、大いに反省しました。自分の主観にとらわれて、間違った評価をしていた。働いているときに自分が納得できなかった評価を、自分でもやってしまっていた、と。そのことに、POSデータが気づかせてくれたのです。


月岡隆

思い出に残っている仕事は40代初め、出光がプエルトリコで買収したガソリン販売会社の経営者として一人で赴任した3年間だ。中間管理職になり、上と下に挟まれて悩み、ぐらついていた時期で、「行ってからでも辞められる」と赴任したら、一人で何でもやらないといけない。完全に吹っ切れた。


樺島弘明

プロフェッショナルサービス会社のつくり方としては、戦略コンサルのように規模よりも影響力重視のやり方と、会計・システム系コンサルのようにグローバルで大量の人員を使うやり方などがあると思いますが、我々はどちらでもなく、プラットフォームを持ちながら、我々の力を活用してもらえる領域をビジネスパートナーと共に創って広げていくという第3の道で成長していこうと考えています。


大西洋

やはり、何もしなければお客様にご来店いただく回数は減っていく。お客様との接点をどれだけ持てるか。


高井伸夫

謝罪の場面では、自分に負い目があるため、相手の要求に安請け合いしがちですが、そこは慎重に対処すべき。謝ることと新たな約束をすることは、まったく別物だと割り切ったほうがいいですね。下手をすると、謝罪自体が責任追及の対象となり、泥沼化してしまいます。


前田知洋

会話で肝心なことは「あなたのことが知りたい」という気持ちを伝えることではないでしょうか。会食でワインが出てくれば、ワインのうんちくを傾けるのではなく、まず相手の好きなワインを聞く。いつ飲んだのか、誰と飲んだのか、なぜ好きなのか。自然と会話は弾んでくるはずです。好奇心や共感力があれば、うんちくは必要ありません。


安保拓朗

どれだけコストを抑えて出店できるかが重要です。ですので、物件は居抜きを使い、内装はほぼ手作り。すだれ、看板を立てて、壁紙はメニュー表やポスターなどを貼ります。カウンター、椅子はもともとあったものを流用しますので、内装費用は100万円程度に抑えられます。


河瀬直美(河瀨直美)

まず思いを伝えることが大切。自分から働きかけて初めて、相手から信頼してもらうことができる。


田中辰巳

法の下の平等という憲法の大原則は、じつは時を超えると当てはまらない。いままでは大丈夫とされていたものが、あるときから罪に変わってしまうのだ。


茂木健一郎

現代の社会は、人々が結びついて、協力しあうことで仕事が進んでいく。以前からそうであったが、特に、インターネットの発達によって、その傾向が強くなった。このような時代に必要とされる人材は、特定の能力に長けていることはもちろんだが、むしろ、人と人とを結びつけることができる人だろう。