名言DB

9412 人 / 110637 名言

舛田光洋の名言

twitter Facebook はてブ

舛田光洋のプロフィール

舛田光洋、ますだ・みつひろ。日本のそうじ力コンサルタント。「そうじ力インターナショナルカレッジ」代表。北海道出身。掃除と心の関係を研究。著書『そうじ力シリーズ』は250万部を超えた。

舛田光洋の名言 一覧

仕事ができる人のカバンの特徴は、「モノが少ない」「整理整頓されていてモノを取り出しやすい」「カバンの中身や道具類が小ぎれい」の3点。


優れたアイデアを出すには、頭の切り替えが重要。気持ちをリセットできるアイテムは不可欠。


汚い部屋で過ごしていると、運気は確実に落ちる。カバンも同様です。中をキレイにして使える道具に絞ることで、仕事も人生も好転していくでしょう。


カバンの整理は第一に取り組むべきこと。なかなか実践できない人は、帰宅後、カバンをひっくり返してください。そうすれば必然的に整理しなければならず、毎日必要なモノを持っていくようになります。


カバンの中のアイテムは仕事の武器といえます。優秀な人は使える武器を厳選し、必要なモノしか入れません。成績が悪い人はその逆。


カバンの中にいらないものが入っているというのは、時間と心に余裕がない表れかもしれません。「本当に必要か?」と毎日モノに問いかける習慣を持ちましょう。


カバンの中を定期的にリセットするのは重要なこと。中身が同じだと悪い流れは変わりません。


カバンを見れば仕事に対する態度がわかります。ゴミを入れっぱなしで気づかないなんて、カバンを持っている意味がないですね。また、高級カバンを使うということは、ビジネスを大事にしているというアピールになります。自分のモチベーションも上がりますしね。


カバンにモノをたくさん入れていることで、「仕事をしている気」になるんです。しかし、実際には成果が出ていないケースがほとんどです。仕事ができるビジネスマンは共通して(持ち物を厳選しているので)カバンが軽いのが特徴です。


明日は○○さんに会う、では△△を持って行こうと頭を働かせることが重要。頭の中が整理できれば、カバンの中も整理されます。そして次の日のことを想定して準備するので、ダンドリ力もつくのです。


舛田光洋の経歴・略歴

舛田光洋、ますだ・みつひろ。日本のそうじ力コンサルタント。「そうじ力インターナショナルカレッジ」代表。北海道出身。掃除と心の関係を研究。著書『そうじ力シリーズ』は250万部を超えた。

他の記事も読んでみる

オグ・マンディーノ

あなたの人生のゆく先を決定するのは、あなたがどんな仕事をするかではなく、「どのように仕事をするか」なのだ。金鎚の一振りに細心の注意を払わない者は、決して宮殿を建てることはできないだろう。


糸井重里

アイデアが足りないと周りを巻き込めない。巻き込めた仲間こそが、「最初の顧客」なんです。次々と社内の人を巻き込むことができる企画は、成功する確率が非常に高い。みんなが応援するから。つまり、社内顧客をどれだけ創造できるかがプロジェクト成功の決め手になってくる。自信を持って入社してきた人でも、社内顧客を作るのは結構大変です。だから、入社してすぐに結果を求めなくても大丈夫と、僕は社員に言います。チャンスは絶えずある環境にしている。苦労して社内顧客を開拓した人ほど、強いですよ。


五木寛之

自分で考え、ケアしないで、いったい誰が助けてくれるのか。


魚谷雅彦

「部下に恵まれないなぁ」と思っている管理職がいたら、マーケティングの考え方を応用し、部下との関係を再考してみることをお勧めします。部下とのつながりをどうやって強めていくか、自分の求めているものと部下の求めているものをどうやって一致させていくか、ということです。


広岡等(廣岡等)

きれいごとを言っているように聞こえるかもしれませんが、目先の損得を考えないほうが、結果的に仕事はうまくいくし、楽しく生きられます。移り変わる人の心にいつも素直に応え、機嫌よく一日一日を生きていく。その手本になっているのは、番傘つくり職人の父親です。


出口治明

世の中のことを考えると、経済も政治も文化も常に変わり続けている。たとえば、ダウ平均の発足当時から現在まで同一名称で採用されている銘柄はGEただ一社。ほかは全部入れ替わっています。それが世の中の常なのです。


五十嵐健

プレゼンでは言葉と動きが一致していなければなりません。熱弁をふるいながらよそ見をしていたら、信用されるわけがありません。立ち居振る舞いが重要です。


篠塚孝哉

使わないモノを捨てるときは、とにかく恐れないこと。「いつか使うかも」は、「使わない」と同じと考えてください。そもそもいまの時代、捨てるとあとで困るモノというのは意外と少ないのです。なぜなら、企画書や資料などはほとんどがデジタル化されているからです。捺印された契約書など原本が必要な書類を除き、複製不可能な書類はほとんどないのではないでしょうか。


弘兼憲史

生き残れる上司と生き残れない上司。その差を決めるものは何だろう。ずっと突き詰めていくと、好奇心ということになると思う。それもそこそこの好奇心ではなく、極めて旺盛な好奇心だ。意欲とかやる気というのは煎じつめていけば好奇心と責任感という要素から成っていると思う。旺盛な好奇心があれば知らない分野に取り組んでいける


吉田忠裕

ジーンズの米リーバイ・ストラウスはかつて、部材については自社商品の生産に支障を来さないように2~3社から同等のモノを仕入れることができるようにする方針だった。ところが、当社からファスナーを購入するようになってからは当社1社にしたいと言ってきた。いいモノを責任を持って供給してくれるので、リスクヘッジのため複数社に発注するよりもYKK1社の方がいいという判断だった。


土橋章宏

人を信じてほしいと思うんです。誰も助けてくれない状況なんてきっとない。自分からちゃんと手を伸ばしさえすれば。


上條努

入社10年目にサンフランシスコ支店長として赴任しました。英語には苦労しました。私の拙い英語を米国人の現地社員が、取引先に対して「通訳」してくれるといったレベルからスタートしました。それでも遠方の取引先とも、直接会うようにして、手探りで市場を開拓していきました。


池田貴将

ある木材運送業者の積載状況を調べたところ、平均で最大積載量の60%しか積んでいないことがわかりました。その後、「積載量は上限の94%に」と具体的な数値を示したところ、9か月後には積載量は90%にまで上昇したそうです。目標は「具体的」な数値で示すことが重要です。人は求められる以上のことはなかなかしませんが、具体的で受け入れやすい目標を提示されるとやる気を出します。「頑張れよ」という抽象的な言葉よりも、「あと10件分お願い」などと言うほうが行動につながるのです。


富野由悠季

僕がガンダムという作品を生み出せたのは、3カ月後に入金がない生活の怖さを回避するためにロボットアニメを利用させてもらったからだ、という言い方もできるわけです。「こういう(ロボットアニメを作る)仕事がしたいからここまでやってきた」と言えるほど、僕は能天気にアニメの仕事をやってきませんでした。生き方の基本とはまず「普通に生きながらえる」ことを目指す。そして、そこを目指すために意志と力を持つべきだとも言えるでしょう。


笹沼泰助

デジタルカメラメーカー・ザクティの経営再建では、まずコスト改善に取り組みました。施策の結果、継続的に利益を出せるようになり、より抜本的な経営改革に取り組む時間を稼ぐことができました。