名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

舛田光洋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

舛田光洋のプロフィール

舛田光洋、ますだ・みつひろ。日本のそうじ力コンサルタント。「そうじ力インターナショナルカレッジ」代表。北海道出身。掃除と心の関係を研究。著書『そうじ力シリーズ』は250万部を超えた。

舛田光洋の名言 一覧

仕事ができる人のカバンの特徴は、「モノが少ない」「整理整頓されていてモノを取り出しやすい」「カバンの中身や道具類が小ぎれい」の3点。


優れたアイデアを出すには、頭の切り替えが重要。気持ちをリセットできるアイテムは不可欠。


汚い部屋で過ごしていると、運気は確実に落ちる。カバンも同様です。中をキレイにして使える道具に絞ることで、仕事も人生も好転していくでしょう。


カバンの整理は第一に取り組むべきこと。なかなか実践できない人は、帰宅後、カバンをひっくり返してください。そうすれば必然的に整理しなければならず、毎日必要なモノを持っていくようになります。


カバンの中のアイテムは仕事の武器といえます。優秀な人は使える武器を厳選し、必要なモノしか入れません。成績が悪い人はその逆。


カバンの中にいらないものが入っているというのは、時間と心に余裕がない表れかもしれません。「本当に必要か?」と毎日モノに問いかける習慣を持ちましょう。


カバンの中を定期的にリセットするのは重要なこと。中身が同じだと悪い流れは変わりません。


カバンを見れば仕事に対する態度がわかります。ゴミを入れっぱなしで気づかないなんて、カバンを持っている意味がないですね。また、高級カバンを使うということは、ビジネスを大事にしているというアピールになります。自分のモチベーションも上がりますしね。


カバンにモノをたくさん入れていることで、「仕事をしている気」になるんです。しかし、実際には成果が出ていないケースがほとんどです。仕事ができるビジネスマンは共通して(持ち物を厳選しているので)カバンが軽いのが特徴です。


明日は○○さんに会う、では△△を持って行こうと頭を働かせることが重要。頭の中が整理できれば、カバンの中も整理されます。そして次の日のことを想定して準備するので、ダンドリ力もつくのです。


舛田光洋の経歴・略歴

舛田光洋、ますだ・みつひろ。日本のそうじ力コンサルタント。「そうじ力インターナショナルカレッジ」代表。北海道出身。掃除と心の関係を研究。著書『そうじ力シリーズ』は250万部を超えた。

他の記事も読んでみる

後藤忠治

社内ではスタイルアップキャンペーンを実施しており、いま以上に健康的で周りから憧れとなるカラダを手に入れることで、「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」という当社の企業理念に一層の説得力を持たせるよう努力しています。


山本晴義

「忙しくて、運動をしている暇がない」と言う人もいるかもしれませんが、アメリカのジョージ・ブッシュ元大統領は、大統領の任期中、一日たりともジョギングを欠かさなかったそうです。空いた時間に運動するのではなく、意識して時間を作るといいでしょう。


原孝(組織戦略コンサルタント)

論理力がいくらあろうと、自分を開くことのできない人間に人は心から寄ってきません。論理は困難という名の壁に弱いのです。壁にぶち当たったとき、リーダーに人間力がないとメンバーは次々と逃げていきます。


松井道夫

結局、自己満足なんです。その意味で、絵画の創作と会社の経営は似ていますね。こうでなくちゃいけない、という正解はない。経営に必要なものは感性です。追求すればきりがない中で、決断を下す根拠となるのは自分の感性ですから。


筒井義信

社長就任を請われたとき、正直、ビックリしましたね。お話をいただいたときは、とりあえず持ち帰ってまた返事をすることも含めて、数分間は逡巡しました。ただ、いろいろ話を聞くうちに、これはもう天命だと受け止め、その場で潔く覚悟をして腹を決めました。


宮本彰

「売れないのでは」と心配しながら開発すると、いつの間にか無難な改良品ばかりになります。着実なニーズをすくい取る方が、新しいモノを生み出すよりも簡単だからです。僕は発想を逆にして「ちょっとでも売れそうならGOだ!」と言っています。


三澤千代治

私の人生を振り返ると、つくづく私だけでやってきたことはたいしたことはなく、教えていただいたことばかりであったと痛感している。


宮原道夫

研究の成果を「従来にない価値を持つ新商品」という形でお客様に提供するためには、研究で得た知見をどう商品に応用するかという商品開発力、また前例のない商品を量産していくための生産技術も欠かせません。それらを有機的につなげることで、私たちは一歩一歩前進してきました。


伊藤正文(経営者)

言葉が適切かどうかわかりませんが、「アマノジャク戦略」ということに尽きます。たしかに海外に生産を委託して国内で安く製品を売るのも、ひとつのビジネスモデルの成功例です。しかし当社では、しっかりした技術や素材に裏打ちされた最高の製品をお客様に届けていくことが、私たちの使命だと考えています。そこで当社では、日本国内におけるモノづくりを大切にしています。


竹村富士徳

人が出すアウトプットは量×質で表現されます。ですが、同じ量×質を出せるとしてもAさんは30分、Bさんは60分かかれば2人の生産性は2倍も違います。つまり生産性=(量×質)÷時間であり、生産性を考えていくときに時間は欠かせない要素です。


齋藤孝(教育学者)

肝心なのは、師を間違わないということ。


西尾維新

アイデアのストックはなるべくもたないようにしています。アイデアは温めたら温めただけ古びていくし、本当に書きたいものはその場で書きたくなるはずですから。