名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

能村龍太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

能村龍太郎のプロフィール

能村龍太郎。太陽工業株式会社会長。科学技術長官賞受賞。関西経済同友会、関経連の要職を務めた

能村龍太郎の名言 一覧

我四十にして初めて惑い、五十にしてますます惑い、六十にして惑いを極め、七十にして惑いを楽しみ、八十にして惑いを悟り、九十にして惑いを終わり、百にして惑わず。


私は現在200ほどの特許を持っています。もちろん私は企業家ですから、これらのアイデアを商業ベースに乗せようと考えて商品化しようとしてみます。ところが、実際に売ってみるとうまくいかないことが多い。正直言って儲からないのです。アイデアを商業ベースに乗せるには、いくつかの関門を通らなければなりません。(1)アイデアが画期的なものであるか、現段階のものより優れているかどうか。(2)実際にうまく作れるか。(3)はたして世の中のニーズに合っているか。


経営にとって一つの仕事に依存しすぎるのは危険なことです。当社は当時売れていたダイハツ工業の小型三輪トラック、ミゼットの幌を作る仕事を一手に引き受けていたのです。ダイハツの仕事は当社全売り上げの七割近くを占め、社業は順調でしたが、反対に私の胸の中には不安が芽生えていました。


人間は、とくに企業を動かす者は、考えるだけではだめです。どんなに良いアイデアを思い付いただけでは一文の値打もありません。また、思い付きをああだこうだと公言しているだけの人間は、単なる大ぼら吹きです。アイデアを実行に移し、それが世のため人のための役に立って、はじめて価値が生まれるのです。その価値が利を生み、商売が成り立つのです。


本当の安定というものは成長率がむしろ不安定であるほうがいつも緊張してよいのではないかと私は思います。ニーズは待っているのではなく、こちらから見つけ創り出すものです。これが経営の要諦であり、企業も人間も一つの安定の上に座していては成長はないのだと気付きました。エビは脱皮するから大きくなるのです。


第二次大戦直後の物さえあれば売れるという滅茶苦茶な商売の時代で、巷には闇成金と呼ばれる人たちが大勢いた。彼らは儲けた金を湯水のように使っていたが、私は利益を資金としてせっせとプールしておきました。商売をはじめたとき、資金も設備も持たない私が、日本一になるためには自分の努力と運と才覚に頼るしかありませんでした。


発明家の多くが貧乏なのは、世の中のニーズというものを考えてないからです。どんなに画期的な良いものでも、人が求めていないものは商品としての価値がないのです。会社の経営も発明も、その点では全く同じで、ニーズに敏感でないとやってはいけない。


能村龍太郎の経歴・略歴

能村龍太郎。太陽工業株式会社会長。科学技術長官賞受賞。関西経済同友会、関経連の要職を務めた

他の記事も読んでみる

高橋興三(経営者)

1年目を乗り切っても2年目で潰れる会社は多い。気を付けよう。


高橋俊介

いまのように時代の変化のスピードが速く、しかも複雑化した社会では、自分の仕事が最終的にどんな価値に結び付くのかが見えにくく、この仕事には何の意味があるのかと疑心暗鬼になりがちだ。だが、どのような仕事でも楽しんで成果を上げてくる人は、仕事に意味を持たせるのが上手い。


大橋洋治

社員との直接対話を始めた頃は、私が一方的に喋っていました。でもそれでは駄目だなと。私の話すことに賛同する人も、反対の人もいる。そこで双方向で話さないと駄目だなと感じるようになりました。


野老真理子

大人が本気で働いている姿を間近で見ることは、子どもたちの社会経験となり、人財育成の一翼を担うことにもなる。


篠原欣子

事業が世の中のためにならなくてはいけませんので、いつまでも企業理念に沿って歩み続けたいと思っています。具体的には「雇用の創造・人々の成長・社会貢献」ということを目指し、お客様に信頼されるものを持つ会社になるということです。この部分は経営者が変わっても、絶対に変わらずにありたいと思っています。


菅原美千子

話をするときは一方的に話すのではなく、相手の興味のあることや、変化に気づいたことなどをしっかり目を見ながらいってください。コツは「あなたをしっかり見ていますよ」ということを相手に感じてもらえるように話すこと。「私のことを認めてくれる人のためなら……」と自発的に動いてくれます。


北尾吉孝

小さな志なしに、大きな志は持てません。自分を律する気持ち、それから人の何倍もの努力が必要です。単に大きな志を持っているだけでは、夢想家になってしまいます。


坪内寿夫

何かの決断を迫られた場合、前もって情報を収集し、分析することは大切だが、考えすぎてはいけない。最後の最後は、自分の経験と運を信用して、ズバッと下すべきだ。私の経験では、頭でなく、肌で決断した場合の方が結果としてよかった。


小池利和

1500億円の新規事業創設やM&Aなどに使う社長直轄予算を公言したのは、社外以上に社内に訴えるためなんです。会社としてはこれだけ投資してでも成長したいから、皆で新しい事業を考えようということです。


井上弘

問題点があればそれを把握して、しっかりその対応をしていかなければ、これからは生き延びられない。


久水宏之

社員一人ひとりにとって、チャレンジを通して成長する機会が与えられることは充実感と元気のもとになる。


村田諒太

最後に逆転すればいい。そのために残り時間で何をすべきか考えた。