能村光太郎の名言

能村光太郎のプロフィール

能村光太郎、のうむら・こうたろう。日本の経営者。大型膜面構造物メーカー「太陽工業」社長・会長。

能村光太郎の名言 一覧

今後は、ナンバーワンの会社からオンリーワンの会社を目指して、新技術や素材の開発に一層の努力をしていきたい。


灼熱の中東から極寒のカナダまで、世界中いろいろなところで仕事を行っていますが、その度に壁にぶつかることが何度もあります。そんな時、この言葉、「日新、日日新(ひにあらた、ひびあらたに)」を見て自分を奮い立たせることがあります。


能村光太郎の経歴・略歴

能村光太郎、のうむら・こうたろう。日本の経営者。大型膜面構造物メーカー「太陽工業」社長・会長。

他の記事も読んでみる

若生正廣

最初の10年くらいは思うようにいかなかったですね。春の甲子園に3回出場しましたが、いずれも初戦で敗退。夏は県予選を突破できず、どうしたらもっと強いチームを作れるのかと悩みました。その末に考えたのは、監督である自分が先頭に立って指導するそれまでのやり方ではダメだということでした。


宮沢俊哉

お客様には「物理的クレーム」だけでなく、「心のクレーム」もあります。最初は「ここに隙間がある」という物理的なクレームから始まる。こちらが相手の意を汲み取らずに「それは隙間ではありません」と反論すれば、段々「この担当者は私の言うことを聞かない」と心のクレームに変わっていく。お客様の立場になって気持ちを感じて対応すれば、やわらいでいきます。


佐々木常夫

鈍感力は人生を生き抜くうえで欠かせないと思います。他人に何をされても気にしない。失敗してもいちいち気に病まない。他人と自分を比較して悩まない。そうした「鈍さ」が、些細なことで揺るがない強さにつながるのです。


池田潤一郎

小さいかもしれないけど、相対的ナンバーワンである事業の集合体を作りたい。ナンバーワンになるためには、顧客からの信頼を得なければいけない。要するに長期的に付き合いたいと、思ってもらわなければいけない。そのときに鍵になるのは、顧客にとって使い勝手のいいサービス、ソリューションを提供するということ。


平井伯昌

怪我などで不調に陥った時、早く復活する選手と、復活できない選手の違いは、選手が「怪我の功名」と考えて、自らの意志で次の行動に移れるか。その時にできることを考え、マイナス面をプラス面に変える発想を持っているか。


堀雅寿

我々が日本から送り出して現地で活躍している人材は、技術力を持った人が多いですね。海外でのビジネス、特にメーカーでは技術が求心力であり、それがないと組織も維持できません。それから、どこでも生きていけるたくましさも必要だと思います。英語は後から身につければ十分です。


高岡浩三

私自身、これまでの仕事でさまざまな実験を行い、そのうち9割は失敗してきた。しかしその実験と検証を繰り返した経験によって「このような市場の状況のときには、この手が有効なはずだ」と、机上の論理ではない本質的なマーケティングの感覚が身につき、戦略の力を磨くことができた。


山極清子

指示を出すのが下手な上司が多い。経営側の意図を誤って伝えたり、まったく伝えずに「これ頼むね」と単なる作業として指示したり。部下が腐心して立てた企画書も、経営陣から「意図がまったく違う!」と突き返されて、また白紙からやり直しとなるわけです。


原田泳幸

アメリカでなぜイノベーションが生まれるかといえば、人材流動性があり、違う産業を見比べることで新たな発想が生まれるからです。たとえば流通と通信とコンピュータの間に生まれたのが電子商取引。ひとつの分野しか知らない人材からは出てこない発想です。


藤原洋

相手の立場に立ってみたら、怒られるのが好きですか? 甘やかして褒めてばかりではちゃんと育たないと言いますが、それは子供の話。皆さん大人だから大丈夫です。


鹿島守之助

私は北海道開発庁長官として公明正大に行うことが必要だと考えたので、鹿島建設に対する北海道開発局関係の請負工事の指名停止を命令した。これには、次官もまったく前例がないと困った顔をしていたが、とにかく指名停止をすることにした。だからのちに私が大臣を辞めたとき、一番喜んだのは鹿島建設の札幌支店長であった。


柳川範之

5章からなるテキストを単純に5分割して、「1週間に1章勉強する」というような、一見計画的で、その実、無計画なやり方は非効率。まずはテキストをざっと読んで、ぼんやりとでも全体像やゴールをつかみ、苦手な部分を把握しましょう。


小林一三

成功の道は信用を得ることである。どんなに才能や手腕があっても、平凡なことを忠実に実行できないような若者は将来の見込みはない。


ウォーレン・バフェット

今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうが、私にはどうでもいい。その会社が10年、50年経っても欲しいと皆が思うものを作っているかどうかが重要だ。


長島一由

一番になるプロセスを分析すれば、すべての点で一番にならなくても、ほかとの比較優位を目指せばよいのです。企業が自社の強み、弱みを分析して、経営戦略を練るのと同じです。努力は、闇雲に行うのでなく、きちんと状況分析をしたうえで、戦略的にすべきです。


ページの先頭へ