名言DB

9419 人 / 110788 名言

聖徳太子の名言

twitter Facebook はてブ

聖徳太子のプロフィール

聖徳太子、しょうとく・たいし。6世紀末から7世紀初頭、飛鳥時代の皇族、政治家。推古天皇のもとで蘇我馬子とともに政治を行い、遣隋使の派遣、冠位十二階や十七条憲法の制定などを行い、国際情勢が緊張する中で日本を中央集権化し強力な国家体制を作り上げた。日本銀行券(日本の紙幣)の100円札、1000円札、5000円札、一万円札に肖像が使われた。

聖徳太子の名言 一覧

物事はひとりで判断してはいけない。必ずみんなで論議して判断しなさい。些細なことは、必ずしもみんなで論議しなくてもよい。ただ重大な事柄を論議するときは、判断を誤ることもあるかもしれない。そのときみんなで検討すれば、道理に適う結論が得られるだろう。


嫉妬の気持ちを持ってはならない。自分がまず相手を嫉妬すれば、相手もまた自分を嫉妬する。嫉妬の憂いは果てしない。だから、自分より英知が優れている人がいると喜ばず、才能が勝っていると思えば嫉妬する。それでは500年たっても賢者に会うことはできず、1000年の間に1人の聖人の出現を期待することすら困難である。聖人・賢者と言われる優れた人材がなくては国を治めることはできない。


功績・過失をよく見て、それに見合う賞罰を必ず行いなさい。近頃の褒賞は必ずしも功績によらず、懲罰は罪によらない。指導的な立場で政務にあたっている官吏たちは、賞罰を適正かつ明確におこなうべきである。


これがよい、これが悪いと、だれが定めることができるだろう。お互いに誰も賢くもあり愚かでもある。それは耳輪には端がないようなものだ。こういうわけで、相手がいきどおっていたら、むしろ自分に間違いがあるのではないかと恐れなさい。自分ではこれだと思っても、みんなの意見に従って行動しなさい。


心の中の憤りをなくし、憤りを表情にださぬようにし、他の人が自分と異なったことをしても怒ってはならない。人それぞれに考えがあり、それぞれに自分がこれだと思うことがある。相手がこれこそといっても自分はよくないと思うし、自分がこれこそと思っても相手はよくないとする。自分はかならず聖人で、相手がかならず愚かだというわけではない。皆ともに凡人なのだ。


真心は人の道の根本である。何事にも真心がなければいけない。物事の善し悪しや成否は、すべて真心のあるなしにかかっている。真心があるならば、何事も達成できるだろう。群臣に真心がないなら、どんなこともみな失敗するだろう。


早くから出仕し、夕方遅くなってから退出しなさい。公務はうかうかできないものだ。一日中かけてもすべて終えてしまうことが難しい。したがって、遅く出仕したのでは緊急の用に間に合わないし、早く退出したのでは必ず仕事を残してしまう。


世の中には、生まれながらにすべてを知りつくしている人はまれで、よくよく心がけて聖人になっていくものだ。事柄の大小にかかわらず、適任の人を得られればかならず治まる。時代の動きの緩急に関係なく、賢者が出れば豊かにのびやかな世の中になる。これによって国家は長く命脈をたもち、あやうくならない。だから、いにしえの聖王は官職に適した人を求めるが、人のために官職を設けたりはしなかった。


人にはそれぞれの任務がある。それにあたっては職務内容を忠実に履行し、権限を濫用してはならない。賢明な人物が任にあるときは褒める声がおこる。邪な者がその任につけば、災いや戦乱が充満する。


悪をこらしめて善をすすめるのは、古くからの良いしきたりである。そこで人の善行は隠すことなく広め、悪行を見たら必ず正しなさい。へつらいあざむく者は、国家を覆す効果ある武器であり、人民を滅ぼす鋭い剣である。また媚びへつらう者は、上役の者に好んで下の者の過失を言いつけ、下役の者と会うと上の者の過失を誹謗するものだ。これらの人たちは君主に忠義心がなく、人民に対する仁徳も持っていない。これは国家の大きな乱れのもととなる。


政府高官や一般官吏たちは、礼の精神を根本にもちなさい。人民を治める基本は、必ず礼にある。上が礼法にかなっていないときは下の秩序は乱れ、下の者が礼法にかなわなければ、必ず罪を犯す者が出る。群臣たちに礼法が保たれているときは社会の秩序も乱れず、庶民たちに礼があれば国全体として自然に治まるものだ。


和をなによりも大切なものとし、いさかいをおこさぬことを根本としなさい。人は徒党を組みたがり、悟りきった人格者は少ない。それだから、君主や父親の言うことに従わなかったり、近隣の人たちともうまくいかない。しかし、上の者も下の者も協調・親睦の気持ちをもって論議するなら、自然とものごとの道理にかない、どんなことも成就するものだ。


聖徳太子の経歴・略歴

聖徳太子、しょうとく・たいし。6世紀末から7世紀初頭、飛鳥時代の皇族、政治家。推古天皇のもとで蘇我馬子とともに政治を行い、遣隋使の派遣、冠位十二階や十七条憲法の制定などを行い、国際情勢が緊張する中で日本を中央集権化し強力な国家体制を作り上げた。日本銀行券(日本の紙幣)の100円札、1000円札、5000円札、一万円札に肖像が使われた。

他の記事も読んでみる

他力野淳

これからは世の中から必要とされることのみが生き残れる時代。期待に応えなければならない。我々の頑張りが社会の直接的な価値になるよう心に留めて、これからも走っていきたい。


雲川俊夫

僕は電車通勤なんですよ。車だと会議に遅れた時、必ず道路事情のせいにする。こんな卑怯なことはないと僕は思っているんです。だからほとんど車には乗りません。杉並区から本社のある大手町まで毎朝、地下鉄で通勤しています。


大場智康

資料に使う数字は、相手が吸収できる情報量に合わせて選ぶことで説得力が増します。相手が3つのデータまでしか数字を把握できなければ、100も200もデータを見せても伝わりません。資料として見せるのは、結論を示す3つに絞り、あとは必要に応じて出していくというスタンスでいいと思います。


國分文也(国分文也)

厳しいときは楽観し、順調なときは楽観しないことが大切。人間の本性はその逆で、順調だと楽観しやすい。


齋藤孝(教育学者)

コミュニケーションは「能力」と言うより「技」。「能力」と言うと持って生まれたものが大きいイメージがありますが、「技」は学習して練習することで誰でも身につけることが可能。コミュニケーションも技であり、体系的、理論的に学べば誰でも身につけることができる。じつは私も学生時代はコミュニケーションがお世辞にも上手だとは言えない学生でした。友達も少なく孤高を気取っていましたが、これではいけないと。社会人になって意識的に訓練し、自分自身コミュニケーション力を高めてきたという経験があります。


中井戸信英

健康経営を開始し、少なくとも業界の常識を覆したという自負はありますが、それ相応の覚悟がいりました。業績が伴わなければ、経営者としては失格なわけですから。でも「それはそれで、ええやないか」と腹をくくった。


西成活裕

企業会計は、ある時点で丸めた数字を示すものです。丸めたデータを時間軸上で分解できれば、変化がより見えてきます。現実はスタティック(静的)ではなく、ダイナミック(動的)なはずです。数字の変遷を頭に入れると、現時点の数字も異なる意味を持つようになるはずです。


林野宏

かつて上司だった堤清二さんには、「時間をかけて考えてもロクなものはできない」ということを学びました。30代と若かった堤さんはあれをやれ、これをやれともの凄い球をどんどん投げてきた。最初は空振りばかり。そのうちファールになり、何回かは当たるようになる。何もせずじっくり見送るのが一番ダメで、とにかく手を出して、多くの空振りやファウルを経て初めてヒットが生まれるんだということを部下に教えてくれたと思います。


長谷川武彦

私は中国から学んだことがあります。彼らはバイクをコピーして半値以下で作ります。最初、私はこんな半値以下の製品はバイクとは呼べない、そのうち駄目になると思っていました。ところが一向に駄目にならないんですね。なぜか。我々が考えているCS(顧客満足)と中国のCSは異なるからです。安いコピーバイクは品質が良くないから簡単に壊れます。日本人だったら不良品だと文句を言うでしょう。ところが中国では最初から高品質の壊れないバイクなど期待していない。壊れたら直せばいいと考えている。


坂根正弘

以前はお客さんのニーズを聞いて、それに合ったものを作れと言われたものですが、今はいい意味でのプロダクトアウト時代、メーカー側がビジネスモデルを考える時代に来ています。ビジネスモデルで先行して現場力勝負に持ち込むには、雇用関係というのはすごく大事なんですよ。