聖徳太子の名言

聖徳太子のプロフィール

聖徳太子、しょうとく・たいし。6世紀末から7世紀初頭、飛鳥時代の皇族、政治家。推古天皇のもとで蘇我馬子とともに政治を行い、遣隋使の派遣、冠位十二階や十七条憲法の制定などを行い、国際情勢が緊張する中で日本を中央集権化し強力な国家体制を作り上げた。日本銀行券(日本の紙幣)の100円札、1000円札、5000円札、一万円札に肖像が使われた。

聖徳太子の名言 一覧

物事はひとりで判断してはいけない。必ずみんなで論議して判断しなさい。些細なことは、必ずしもみんなで論議しなくてもよい。ただ重大な事柄を論議するときは、判断を誤ることもあるかもしれない。そのときみんなで検討すれば、道理に適う結論が得られるだろう。


嫉妬の気持ちを持ってはならない。自分がまず相手を嫉妬すれば、相手もまた自分を嫉妬する。嫉妬の憂いは果てしない。だから、自分より英知が優れている人がいると喜ばず、才能が勝っていると思えば嫉妬する。それでは500年たっても賢者に会うことはできず、1000年の間に1人の聖人の出現を期待することすら困難である。聖人・賢者と言われる優れた人材がなくては国を治めることはできない。


功績・過失をよく見て、それに見合う賞罰を必ず行いなさい。近頃の褒賞は必ずしも功績によらず、懲罰は罪によらない。指導的な立場で政務にあたっている官吏たちは、賞罰を適正かつ明確におこなうべきである。


これがよい、これが悪いと、だれが定めることができるだろう。お互いに誰も賢くもあり愚かでもある。それは耳輪には端がないようなものだ。こういうわけで、相手がいきどおっていたら、むしろ自分に間違いがあるのではないかと恐れなさい。自分ではこれだと思っても、みんなの意見に従って行動しなさい。


心の中の憤りをなくし、憤りを表情にださぬようにし、他の人が自分と異なったことをしても怒ってはならない。人それぞれに考えがあり、それぞれに自分がこれだと思うことがある。相手がこれこそといっても自分はよくないと思うし、自分がこれこそと思っても相手はよくないとする。自分はかならず聖人で、相手がかならず愚かだというわけではない。皆ともに凡人なのだ。


真心は人の道の根本である。何事にも真心がなければいけない。物事の善し悪しや成否は、すべて真心のあるなしにかかっている。真心があるならば、何事も達成できるだろう。群臣に真心がないなら、どんなこともみな失敗するだろう。


早くから出仕し、夕方遅くなってから退出しなさい。公務はうかうかできないものだ。一日中かけてもすべて終えてしまうことが難しい。したがって、遅く出仕したのでは緊急の用に間に合わないし、早く退出したのでは必ず仕事を残してしまう。


世の中には、生まれながらにすべてを知りつくしている人はまれで、よくよく心がけて聖人になっていくものだ。事柄の大小にかかわらず、適任の人を得られればかならず治まる。時代の動きの緩急に関係なく、賢者が出れば豊かにのびやかな世の中になる。これによって国家は長く命脈をたもち、あやうくならない。だから、いにしえの聖王は官職に適した人を求めるが、人のために官職を設けたりはしなかった。


人にはそれぞれの任務がある。それにあたっては職務内容を忠実に履行し、権限を濫用してはならない。賢明な人物が任にあるときは褒める声がおこる。邪な者がその任につけば、災いや戦乱が充満する。


悪をこらしめて善をすすめるのは、古くからの良いしきたりである。そこで人の善行は隠すことなく広め、悪行を見たら必ず正しなさい。へつらいあざむく者は、国家を覆す効果ある武器であり、人民を滅ぼす鋭い剣である。また媚びへつらう者は、上役の者に好んで下の者の過失を言いつけ、下役の者と会うと上の者の過失を誹謗するものだ。これらの人たちは君主に忠義心がなく、人民に対する仁徳も持っていない。これは国家の大きな乱れのもととなる。


政府高官や一般官吏たちは、礼の精神を根本にもちなさい。人民を治める基本は、必ず礼にある。上が礼法にかなっていないときは下の秩序は乱れ、下の者が礼法にかなわなければ、必ず罪を犯す者が出る。群臣たちに礼法が保たれているときは社会の秩序も乱れず、庶民たちに礼があれば国全体として自然に治まるものだ。


和をなによりも大切なものとし、いさかいをおこさぬことを根本としなさい。人は徒党を組みたがり、悟りきった人格者は少ない。それだから、君主や父親の言うことに従わなかったり、近隣の人たちともうまくいかない。しかし、上の者も下の者も協調・親睦の気持ちをもって論議するなら、自然とものごとの道理にかない、どんなことも成就するものだ。


聖徳太子の経歴・略歴

聖徳太子、しょうとく・たいし。6世紀末から7世紀初頭、飛鳥時代の皇族、政治家。推古天皇のもとで蘇我馬子とともに政治を行い、遣隋使の派遣、冠位十二階や十七条憲法の制定などを行い、国際情勢が緊張する中で日本を中央集権化し強力な国家体制を作り上げた。日本銀行券(日本の紙幣)の100円札、1000円札、5000円札、一万円札に肖像が使われた。

他の記事も読んでみる

荻生徂徠

人を用ゆる道は、その長所を取りて短所は構わぬことなり。


松本大

レポートなどを書くときに人にわからせようと思うことで、データや情報をいかに取り扱えばいいのかを知る訓練になる。人にわからせようと思うと情報を活かさなければならない。漠然と情報を見ているよりも、情報を効率的に吸収できる。


宗次徳二

お客様からのクレームがあれば、それは成長のきっかけになります。


北島素幸

勝負はそれこそ料理学校にいるときからはじまっているんです。勉強も必死に、仕事も一所懸命に続けなければ、青春は一回だけですからね。若い人を脅すわけではないけど、その時期に目先の快楽を追ってのちのち地獄にはまった奴なら何人も見てきました。ただ、やりすぎもよくない。仕事は休んでばかりではいけないけれども、食事や睡眠時間を削りすぎたり無理をしたりというのでは、あとでガタが来ます。まあ、人生に近道はないよ。


植田統

「誰がなんと言おうと自分はこの基準に基づいて判断する」というモノサシを明確にして、それ以外はバッサリ切り捨てる勇気を持つべき。


出井伸之

人生には終わりがありますが、挑戦に終わりはありません。私はまだまだ挑戦し続けたいと思いますし、そうした越境へ挑戦することの大切さを両親から学んだような気がします。


海老根智仁

日記をつけ始めて8年ほどたちますが、その日の自分を振り返って反省したり、上手くいかなかったことがあるとその理由を自分なりに考えて書きとめています。ですから、基本的に自分の悪口だらけです。でも、1日10分でも、自分の感情の起伏に向き合ってみると、自分がどういう場面で失敗し、どういう場面で実力以上の力が発揮できたのか自ずと見えてきます。


大串亜由美

何でもロジカルであればいいというものでもない。人間は感情で動くもの。交渉に慣れている人ほど、ついそんなことを忘れてしまいがちなので注意してください。


佐々木隆(経営者)

お客さまはカウンターに座って「良いところを紹介してくれ」ではなく、はっきりと目的をもってやってくる。「フランスに行く」ではなく、「ルーブル美術館に3日間行く」など、限定しているのです。つまり、均一のクオリティーの商品を大量に供給すれば事足りるという時代は変わってしまい、昔のような「付和雷同型」商品の提案ではうまくいかない。


平野敦士カール

インターネット全盛時代だからこそ、リアルの出会いが重要性を増してくると思います。すでに構築した人脈のメンテナンスも大切です。同窓生や周囲の人、転職した人なら前の同僚とも親しく付き合っておくべきでしょう。


ゴードン・ムーア

私が1年半から2年ごとに半導体の性能が2倍に上がるという論文を書いてから30年以上がたちます。実際、半導体産業はその通りに進み、ムーアの法則という名前までいただきました。この間、いくつもの技術のブレークスルーがありました。ものすごい勢いで半導体が技術革新したからムーアの法則が成り立ったのです。


坂根正弘

大事なのは、現場に立脚していることです。現場を知っていれば、「何を言えば現場が動くか」が分かるはず。


粟田貴也

結果がみえるまでのあいだは、つねに問題意識を頭のなかにおいて、シミュレーションをしています。万全とはいえませんが、備えができるので、何もしないよりはしておいたほうがいい。


松井忠三

変革を起こすことは、当然、リスクを伴います。抵抗勢力も出てくる。その中で、勇気を持って徹底的にやりきり、成果を出す。実行力が不可欠です。


玄田有史

損得を計算して人脈を築くという行為は、ウィークタイズ(弱い結びつき)を築き、維持することと、全く似て非なる行為。


ページの先頭へ