名言DB

9425 人 / 110833 名言

羽鳥由宇介(羽鳥裕介)の名言

twitter Facebook はてブ

羽鳥由宇介(羽鳥裕介)のプロフィール

羽鳥由宇介、羽鳥裕介、はとり・ゆうすけ。日本の経営者。「IDOM(イドム)」社長。福島県出身。北海道東海大学国際文化学部後、父が創業したガリバー(のちのIDOM)に入社。札幌店ほか複数の店舗で店長を務めたのち常務、専務取締役などを経て社長に就任。

羽鳥由宇介(羽鳥裕介)の名言 一覧

時間をかけた会社の基礎工事は終わった。これからは会社の価値観を共有できる社員たちと業界革新に挑んでいく。トヨタの「KAIZEN(改善)」のように、「IDOM(挑む)」文化を国内外に広げていきたい。


時代ごとに必要なビジネススキルは変わっても、経営理念の「挑み続ける」姿勢は変わらない。うちには体育会系の営業社員、技術系の社員、海外で働く社員もいる。その多様性を受け入れつつ会社として一本筋を通すために、社員の価値観の共有により多くの時間を割いている。


どんなに有能なビジネススキルを持っていても、会社の業績に貢献していても、「挑まない社員」はいらない。困難は必ず解決できる。社員は「挑む」プロセスを楽しんでほしいし、そこで成長してほしい。会社も結果ではなくプロセスを見ている。


面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、他社との差別化につながる。


我々が狙うのは、日本の自動車流通に変革をもたらすこと。


我々が参考にするのは、イケアやユニクロ、コンビニなどの異業種だ。コンビニは日々、お客さんの動線や陳列の仕方を研究し、進化し続けている。ガリバーにも同じことができるはずだ。


今は英語の「BUSINESS」と日本語の「商い」を良いところ取りした組織づくりに努めている。仕組みや制度、最新のテクノロジーを取り入れるだけでなく、日本の伝統的なマネジメントも必要。


どんなサービスであっても、最終的には実在する拠点と、フェース・トゥ・フェースの対応ができる営業スタッフが必要になる。逆にいえば、店舗というインフラさえあれば、そこで売買でもライドシェアでもレンタカーでも何でもできる。


ビジネスモデルは必ず陳腐化する。しかも、そのスピードが速まっている。我々はビジネスモデルを考え出すのではなく、どんなビジネスモデルが自動車業界の主流になっても対応できるようなインフラを持っている会社でありたい。


どの産業でも、市場が成熟段階に入ると、小売りのプレーヤーが変革を起こしてきた。ヤマダ電機などの家電量販店や、イオン、セブンイレブン、ユニクロなどがその代表選手だろう。その点、自動車だけは進化が止まっていた。日本には世界一の製品が揃っている。ただ、これまでメーカー支配が強すぎたためか、流通では旧態依然とした構造が残されている。だからこそガリバーが消費者視点を貫くことで、変えていく余地が残されている。


社名を変えたのは、我々がもはや「ガリバー」という単一のチャネルで中古車を扱う会社ではないという決意を、社員や取引先に伝えたかったからだ。これからは小売りの販売チャネルを増やす。ネットを活用した新規事業にも取り組むし、海外事業も本格化させる。自動車という領域で、時代とともに様々な分野に挑んでいく。そんなメッセージを込めたつもりだ。


父・羽鳥兼市が会社を設立したのは1994年のこと。最初の10年はとにかく無我夢中で、泥だらけになって規模を広げ、ブランドを確立させていくという時代だった。私が社長に就いた2008年以降は「元気なベンチャー企業」からの脱却を迫られた。お客さんにとって欠かせない、永続的に成長する会社をいかに作るのかに力を入れた。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)の経歴・略歴

羽鳥由宇介、羽鳥裕介、はとり・ゆうすけ。日本の経営者。「IDOM(イドム)」社長。福島県出身。北海道東海大学国際文化学部後、父が創業したガリバー(のちのIDOM)に入社。札幌店ほか複数の店舗で店長を務めたのち常務、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

オグ・マンディーノ

我々は皆、生まれた瞬間から刻一刻と死に近づいている。このことを悟り、すべてのものごとを正しく把握すれば、あなたの目は開かれ、あなたを脅かす巨大な山もアリ塚にすぎず、あなたを貪り食おうとする獣もブヨにすぎないことを見通せるようになる。死をあなたの友として生き、決してそれを恐れてはならない。多くの人々は死を恐れるあまり、本当の意味で生きていない。


太田彩子

営業とはただの「売り込む人」ではありません。お客様の話を傾聴し、共に悩み、一緒に問題を解決するパートナーである、というスタンスを忘れないようにしましょう。


セネカ

真の幸福は現在を楽しむことだ。希望や不安で気を散らせ、ひたすら将来に望みを託すのではなく、無欲であることで自分がすでに十分に持っているもので満足し、泰然自若として暮らすことだ。人間が神から恵まれたものは、我々の内にあり、手の届くところにある。賢者はいかなる運命であれ、おのれの運命に満足し、自分が持っていないものを乞い願わない(ルキウス・アンナエウス・セネカ、ローマ帝国時代の哲学者、政治家、詩人、ローマ皇帝ネロの家庭教師、ストア派学者)


鎌田和樹

テレビはマスが足かせになっているんじゃないですか。老若男女みんなにウケなければいけないとなると、どうしても無難なものになる。それに対してユーチューブは、自分のファンだけに向けて動画をつくれます。べつにモラルに反するという意味で過激なことをしなくても、特定の層にフォーカスすることでテレビがやらないことを思い切ってできる。(勢いがあるかないかは)その差じゃないかと。


本田宗一郎

日本一になるなどと思うな。世界一になるんだ。
【覚書き|ホンダが東京に進出したとき社員に向かって言った言葉】


三浦友和

俳優同士は波長が合うかどうかが大事。キャストが決まった後は、自分が置かれた場所で仕事をするわけですからね。今回は、人間関係に恵まれた現場で嬉しかったですね。どんな仕事も人間同士で作り出すものですから。


葛西敬之

今の世の中で一番弱くなっているのは人間同士の接点です。それを何とかしようという目的から、全寮制の学校を作ろうと考えました。そして、06年にトヨタ自動車や中部電力、JR東海の3社が中心となり、愛知県蒲郡市に中高一貫の「海陽学園・海陽中等教育学校」を開校しました。約650人が共同生活をしながら学んでいます。特徴としているのが「フロアマスター制度」です。1棟に60人の生徒がいるハウスを、専任教員である1人のハウスマスターと、2、3人のフロアマスターが運営します。フロアマスターは私たちの学校に賛同する企業の独身男性社員です。毎年、企業から交代で派遣してもらい、各フロアの生徒の生活管理をしながら、人間力を育成してもらいます。


森川亮

大企業では肩書や権限が大事で、それがないとなかなか人は動かない。裏を返せば、肩書や権限さえあれば、その人がたとえ無能でも、部下は表面的には従うわけです。しかしベンチャー企業では、人は肩書きや権限では動かず、マインドで動く。そして成果重視です。


本田健

お金持ちになれない人は、自分の時間や労力を切り売りしてお金に換える。
お金持ちになれる人は、自分が現場にいなくてもお金が生まれる仕組みをつくる。


西本博嗣

もともと私自身の考え方や動き方が、ある意味ベンチャー的なのかもしれません。私自身、イメージング事業が厳しくなった後、この4年間で新しい市場にチャレンジしたり、自ら事業を起こしたり、あるいは製品を開発しています。人からも「ベンチャー的ですね」とよく言われます。