名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

羽鳥由宇介(羽鳥裕介)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

羽鳥由宇介(羽鳥裕介)のプロフィール

羽鳥由宇介、羽鳥裕介、はとり・ゆうすけ。日本の経営者。「IDOM(イドム)」社長。福島県出身。北海道東海大学国際文化学部後、父が創業したガリバー(のちのIDOM)に入社。札幌店ほか複数の店舗で店長を務めたのち常務、専務取締役などを経て社長に就任。

羽鳥由宇介(羽鳥裕介)の名言 一覧

時間をかけた会社の基礎工事は終わった。これからは会社の価値観を共有できる社員たちと業界革新に挑んでいく。トヨタの「KAIZEN(改善)」のように、「IDOM(挑む)」文化を国内外に広げていきたい。


時代ごとに必要なビジネススキルは変わっても、経営理念の「挑み続ける」姿勢は変わらない。うちには体育会系の営業社員、技術系の社員、海外で働く社員もいる。その多様性を受け入れつつ会社として一本筋を通すために、社員の価値観の共有により多くの時間を割いている。


どんなに有能なビジネススキルを持っていても、会社の業績に貢献していても、「挑まない社員」はいらない。困難は必ず解決できる。社員は「挑む」プロセスを楽しんでほしいし、そこで成長してほしい。会社も結果ではなくプロセスを見ている。


面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、他社との差別化につながる。


我々が狙うのは、日本の自動車流通に変革をもたらすこと。


我々が参考にするのは、イケアやユニクロ、コンビニなどの異業種だ。コンビニは日々、お客さんの動線や陳列の仕方を研究し、進化し続けている。ガリバーにも同じことができるはずだ。


今は英語の「BUSINESS」と日本語の「商い」を良いところ取りした組織づくりに努めている。仕組みや制度、最新のテクノロジーを取り入れるだけでなく、日本の伝統的なマネジメントも必要。


どんなサービスであっても、最終的には実在する拠点と、フェース・トゥ・フェースの対応ができる営業スタッフが必要になる。逆にいえば、店舗というインフラさえあれば、そこで売買でもライドシェアでもレンタカーでも何でもできる。


ビジネスモデルは必ず陳腐化する。しかも、そのスピードが速まっている。我々はビジネスモデルを考え出すのではなく、どんなビジネスモデルが自動車業界の主流になっても対応できるようなインフラを持っている会社でありたい。


どの産業でも、市場が成熟段階に入ると、小売りのプレーヤーが変革を起こしてきた。ヤマダ電機などの家電量販店や、イオン、セブンイレブン、ユニクロなどがその代表選手だろう。その点、自動車だけは進化が止まっていた。日本には世界一の製品が揃っている。ただ、これまでメーカー支配が強すぎたためか、流通では旧態依然とした構造が残されている。だからこそガリバーが消費者視点を貫くことで、変えていく余地が残されている。


社名を変えたのは、我々がもはや「ガリバー」という単一のチャネルで中古車を扱う会社ではないという決意を、社員や取引先に伝えたかったからだ。これからは小売りの販売チャネルを増やす。ネットを活用した新規事業にも取り組むし、海外事業も本格化させる。自動車という領域で、時代とともに様々な分野に挑んでいく。そんなメッセージを込めたつもりだ。


父・羽鳥兼市が会社を設立したのは1994年のこと。最初の10年はとにかく無我夢中で、泥だらけになって規模を広げ、ブランドを確立させていくという時代だった。私が社長に就いた2008年以降は「元気なベンチャー企業」からの脱却を迫られた。お客さんにとって欠かせない、永続的に成長する会社をいかに作るのかに力を入れた。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)の経歴・略歴

羽鳥由宇介、羽鳥裕介、はとり・ゆうすけ。日本の経営者。「IDOM(イドム)」社長。福島県出身。北海道東海大学国際文化学部後、父が創業したガリバー(のちのIDOM)に入社。札幌店ほか複数の店舗で店長を務めたのち常務、専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

飯田勧

私の発想の原点は「いやだなと思うことはしないこと」です。小売業には無理・無駄や非合理的な習慣が存在します。とりわけお客様に説明できないことはやめるべきだと思うのです。


堀場厚

買収に応じようという会社は、何らかの障害があって経営に支障をきたしている、だから買収に応じるわけです。たとえば、いい技術はあるもののマーケティング面が弱いとか、資金調達がうまくいっていないといったことです。私の経験から申しますと、100億円で買収した会社が機能するまでには、キャッシュで100億円の用意をしておかなければなりません。買収金額はこうした事情も踏まえて決定されなければいけない。


小笹芳央

「30歳だから、もう英語の勉強は遅い」「40歳だから、もう起業は遅い」などと溜息をつく人が少なくありません。でも、50歳の私から見れば、彼らは「まだこれから」ですし、羨ましいとも思います。自分の年齢で限界があると思っていても、自分より歳を重ねた人から見れば、「まだまだ」「羨ましい」と感じるのです。年齢によって自分の限界を決めてしまってはいけません。


岡林理

ニッチというのは、世界中にある小さいマーケットという意味だけではありません。大きいマーケットでも、要求ごとに細分化したマーケット・セグメントに分けられます。大手企業が提供する標準品では個々のセグメントの要求を完全に満たすことは難しく、当社は技術的に高い難易度が求められる特定のセグメントをワールドワイドで狙っています。


林成之

仕事をしていれば、嫌なことでも考えなくてはいけないことが当然出てくるでしょう。そのときに大切なのは環境の「統一」や「一貫性」を保つことです。つまり自分の脳がよく働く一定の環境をつくってあげる。その環境のことを私はマイゾーンと呼んでいます。トイレや布団の中、場所は人様々でしょうが、マイゾーンに入っていると集中力が高まって考え続けることができるようになります。


張富士夫

細かい技術は分からないのですが、こういうことが出来ないのかと思って翌日会社へ行って技術がよく分かっている人に、こういうことはできないか、ああいうことは出来ないかと言うと、ではやってみましょうかということで結構うまくいったりすることがある。


小室淑恵

いま日本では長時間労働が当たり前ですが、朝から晩まで会社にいる人だけが集まって、企画会議で新製品を考えようとしても、みんな引出しが空っぽだからアウトプットのしようがありません。でもそれが慣例化しています。労働生産性で日本が先進国中の最下位に甘んじているのは、その辺に原因があるのではないでしょうか。


碓井孝介

新書は、ただ読むだけではなく、「まとめると」「要するに」といった言葉や、太字や赤字、あるいは「7つのポイント」など数字を使っている箇所、その周辺に書かれていることに注意しながら読んでいくと、覚えるべき情報を判断しやすくなる。


出口治明

ビジネスのほとんどは基本「儲かるかどうか」で合理的に答えが出るもの。


弘兼憲史

もしあなたが自分の手柄などという目先の利益を捨て、チーム力をつけることに全力を傾けたとする。すると部下の中に必ずあなたに将来を託してみようという人材が現れてくる。これは親分子分の関係とは違うものだ。部下と競い合ってあなた自身の実力を高めていけるということだ。義理とか人情とは異質の世界で、部下と上司の信頼関係が築ける。そんな時代がもうそこまで来ているように思えるのである。


宇佐美進典

事業環境が変わり、テクノロジーも進化をしているが、変わらないもの。それは人。いかに働く人がモチベーション高く、組織にコミットする人たちが集まれる組織を未来においても、どう作っていくかが重要。


プラユキ・ナラテボー

「タンブン」とはタイ人がよく口にする言葉で、「徳を積む」という意味だ。タイ人にとって、托鉢僧に食事を施すことはタンブンの代表的な行為であり、与えることによって幸せの種まきができると信じられている。それは、ブッダによって説かれた「布施」の教えからきている。