羽鳥成一郎の名言

羽鳥成一郎のプロフィール

羽鳥成一郎、はとり・せいいちろう。日本の経営者。エスエス製薬社長。茨城県出身。東京国際大学商学部卒業後、オハイオ大学東南アジア研究修士課程修了。化粧品会社のエイボン・プロダクツ・マーケティング部・製品企画部、日本ロレアル百貨店ブランド事業部長、日本ベーリンガー・インゲルハイム会長付顧問などを経てエスエス製薬に入社。同社で会長付顧問、長付顧問、営業本部長、マーケティング本部長、人事総務本部担当などを経たのち社長に就任。

羽鳥成一郎の名言 一覧

勝ち組組織をつくるには、「遂行能力」と「戦略思考」という二つの力が必要だと考えています。残念ながらエスエス製薬には戦略思考が欠けていました。社長就任当時は業界全体の縮小に比例して、毎年売上が落ち続けるというジリ貧状態でした。なぜなら去年と同じ仕事は無難にこなせるものの、新しいことに挑戦して課題解決を図る能力が劣っていたからです。


指示待ち社員に戦略的思考を身につけさせるために、私は消費者目線に立つことの大切さを説きました。たとえばドラッグストアの利用客の8割は女性なのに、パッケージは地味なものばかり。「製薬会社は中身を磨けばいい」という考え方が支配的でした。そこで、マーケティング本部を新設し、異業種の女性を何人も送り込みました。


社長就任時から社員とのコミュニケーションの機会も増やしました。たとえば月に1回程度、管理職以外の社員と対話する場を設けています。参加者は10人程度、上司は同席しないのでじっくり話ができます(笑)。独身社員の寮を訪問して深夜まで意見交換をしたこともあります。意識改革の進み具合が生々しくわかりました。


目安としては全体の5%の人間とベクトルを合わせられれば、残りの指示待ち社員も動くようになるのではないでしょうか。


社員への働きかけでは、私にも失敗があります。社長就任直後、身近にいた役員を飛び越して、社員全員に改革をアピールしました。ところが、疎外感を抱いた役員との間で軋轢が生じ、状況はより悪くなってしまいました。改革は一人ではできません。全員とコミュニケーションをはかるのは物理的に不可能ですが、直属の部下を無視してはいけません。


社内の空気を変えようと、私自身が常に笑顔でいるようにしました。「もう社長は怖くない」という印象を持ってもらい、「失敗を恐れなくてもいいんだ」という価値観を育むためです。遂行能力は高いわけですから、指示待ち社員の動き始めるきっかけを作ればよかったのです。


外資系だったこともあり、前の職場では上司だろうと誰もが「WHY?」を連発します。誰に言われても、納得できない限りは動かない。一方、エスエス製薬の場合、上司からの命令であれば、いちいち疑問を挟むことなく、何事もスピーディに仕事が進みます。しかも、遂行能力は高い。そのかわりに多くが指示待ちでした。


化粧品は効能や効果以上にイメージで売上が変わる商品です。自由な発想を尊び、挑戦をいとわない風土があります。一方、医薬品は法律の縛りがあるため、安易なイメージ戦略はとれません。安全性や品質にも化粧品とは段違いの厳格さが求められます。エスエス製薬ではイノベイティブな発想は歓迎されず、リスクを嫌う企業文化がありました。


指示待ち社員が絶対にダメかというと、そんなことはありません。むしろ指示を忠実にこなしてくれる社員はありがたい。


羽鳥成一郎の経歴・略歴

羽鳥成一郎、はとり・せいいちろう。日本の経営者。エスエス製薬社長。茨城県出身。東京国際大学商学部卒業後、オハイオ大学東南アジア研究修士課程修了。化粧品会社のエイボン・プロダクツ・マーケティング部・製品企画部、日本ロレアル百貨店ブランド事業部長、日本ベーリンガー・インゲルハイム会長付顧問などを経てエスエス製薬に入社。同社で会長付顧問、長付顧問、営業本部長、マーケティング本部長、人事総務本部担当などを経たのち社長に就任。

他の記事も読んでみる

孫正義

セスナ機ではどう逆立ちしても太平洋は渡れない。私はジャンボ機で太平洋を渡り、将来は宇宙に飛び立ち、シャトル経営をめざしたい。


渡瀬謙

私は無口な営業マンには3つの強みがあると考えています。

  1. まじめで誠実に見られる。
  2. 警戒されない。
  3. 聞き上手である。

この3つの素質を上手に活かせば、内向的で人と話すのが苦手な人のほうがむしろ、お客様から信用されやすいため、売れる営業マンになりやすいんです。口ベタも見せ方しだいです。


遠藤功

何かを感じ、気づくことが起点となり、問題意識が生まれ、疑問を持ったり、「なぜだろう?」と考え始める。そして、それが自分にとっての新たな「発見」となり、「発想の芽」となる。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

私はたくさんのことを松下(幸之助)さんから学びました。ですから松下さんの著作を読み解きながら本質を学ぶことはとても大事なことだと思います。しかし、それだけではなく、常に自分が目の前にしている現実の商売や経営に立ち返って考えることが大切です。


林浩喜

周囲のアドバイスを聞きすぎては駄目。私は悩んでも人に相談しません。自分で答えを出す。その結果に対して誰のせいにもできないから、腹をくくれますよ。


安岡正篤

ものを評するは己を告白することだ。深い人は何でもないことを深く解釈し、つまらぬ人間は深いことを浅く解釈する。心暗ければ世暗し、心明るければ世明るし、心深ければ世深し、心浅ければ世浅し。


橘右之吉

いつか認められるように、売れるようにってみんなで夢を語りながら酒を酌み交わした。だから仲間の一人が売れ始めると、こっちも負けまいと仕事に力が入る。先に売れた人から仕事をもらうこともありました。これがまたうれしくてね。


村上太一

中途採用の面接では、前職の経営者の意思決定について意見を聞くようにしています。「なんであんな決定をしたかわからない。とにかくダメだった」と言うのではNG。どんな経営者でも、考えに考えたうえで意思決定をしているものです。経営者の真意を汲み取る訓練をすれば、思考力は高まると思います。


三木雄信

仕事で計画が大切であるように、人生においても、計画をきっちり定めておくことはとても大切です。


佐野恵一

株式会社となって4年を過ぎていますが、その間のお客様のリピート率は83パーセントです。14回ご利用いただいているお客様もいらっしゃいます。リピート客が多いといっても、初めは、これが最後の旅行だと思って申し込まれる方がほとんど。でも、一度旅行を経験すると自信がついて、「また行きたい」という思いがふくらむようです。それに、私たちスタッフがたんに介助をするというだけではなく、第二の家族のように接することを心がけていることも、プラスに働いているのでしょう。私たちが家族のように接するからこそ、安心してお一人で参加される方が大半なのです。


吉永泰之

当社のような小規模メーカーが生き残るには、差別化と集中しかない。でも、例えばハイブリッド車を、他社に先駆けてゼロから開発するようなことはできない。だから「安心と愉しさ」という部分で特徴を明確にした。


中島武

サラリーマン生活は十数年続けましたが、自分が好きな仕事に打ち込んでいるという感覚は最後まで持てませんでした。しかし、嫌いな仕事でも「術」を学ぶチャンスだと思いました。不動産の仕事では、とにかく営業術を身につけようと思って働きました。売れないのは、強引さが足りないのか、説明が足りないのか、そもそもコミュニケーションスキルが問題なのか。それを徹底的に分析しました。


新将命

優れた経営者は例外なく、自責の人である。「責任転嫁は成長機会の自己否定である」という言葉がある。問題に対して当事者意識を持ち、まず自分は何をやるのかを考える。必要があれば、人に協力を仰いだりサポートを要請したりするのはよいが、基本的に自分の責任で、自分が解決していくのだという意識を持つことが大事なのである。


南部靖之

社員だけでなく、当社への入社を志望してくれた方にも積極的にお会いします。たとえば、新卒採用のときは、最終面接ではなく、一次面接で一人一人と会います。1000人を超えますから、なかなかたいへんですけどね。もちろん中途採用の面接も、同様に全員と会いますよ。


中神康議

コーポレートガバナンスが良くできているからといって、その会社に投資するわけではない。ガバナンスが良くても、それですぐに競争上、優位に立てるわけではないからだ。それでも、経営の隅々まで配慮した経営をしているかどうかを測る、一つの重要なシグナルである。


ページの先頭へ