名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

羽鳥慎一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

羽鳥慎一のプロフィール

羽鳥慎一、はとり・しんいち。日本のアナウンサー。埼玉出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、早稲田予備校講師を経て、日本テレビに入社。プロ野球中継の実況、ニュース番組、バラエティ番組で司会を務めた。その後、フリーアナウンサーとして独立。主な出演番組に、『ズームイン!サタデー(ズムサタ)』『ズームイン!SUPER』『モーニングライブ』『情報満載ライブショー モーニングバード』など。

羽鳥慎一の名言 一覧

入社1、2年は何をやっても上手くいきませんでした。でも、心のどこかでチャンスが来ると信じていました。


マンネリを感じたことはありません。日々新鮮な情報に触れることができるし、それがまた嬉しくてたまらない。だって僕はそういう状態に身を置きたくて、テレビ局を選んだのですから。おそらく、10年経っても飽きないと思います。


僕はもともと人のことを嫌いにならないのです。人を嫌いになると今度は自分が嫌われて、やりたい仕事ができなくなるので、人の好き嫌いはあまりない方がいいですよ。上司から何か言われても、違うと思ったら流しておけばいい。縦社会の理不尽さも、高校時代の野球部で慣れているので、あまり苦になりません。人間関係ではホントに悩まないんです。


『ズームイン!SUPER』は福澤朗さんが15年くらいやるものだと思っていたので、もし僕に回ってくるとしてもずいぶん先のことだろうと、漠然と考えていました。だから話が来たとき、心構えなんてもちろんできていませんでした。結局は、それがよかったのだと思います。「大きな壁を前にしたら、上手くやろうと思わない」という教訓を学びました。


「羽鳥はしゃべりすぎてうるさい」と書かれた苦情を目にすると、さすがにそのときはへこみますが、あまり引きずらないようにしていました。数が多すぎていちいち引きずっていられなかったというのが真相ですが(笑)。そのうち、最初は山のようだった批判も徐々に減ってくると、今度は仕事がどんどん楽しくなってきたのです。


入社当時、自信が揺らぎそうになれば、どこかにいい部分があるから会社は採用してくれたんだと、自分に言い聞かせました。それから、根拠はなくても、いつかは必ずチャンスが回ってくると信じる。そのときに備え、ビデオで自分の喋りや動きをチェックすることだけは怠りませんでした。


入社してしばらくは、僕はこの仕事に向いていないんじゃないかと、かなり真剣に悩みました。実況放送を任されても、言葉が出てこない。頑張って喋れば、「なぜそこでそんなことを言う」と先輩に怒られる。しかも怒られる理由が理解できないのです。入社2年目ぐらいまでは本当につらかった。


羽鳥慎一の経歴・略歴

羽鳥慎一、はとり・しんいち。日本のアナウンサー。埼玉出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、早稲田予備校講師を経て、日本テレビに入社。プロ野球中継の実況、ニュース番組、バラエティ番組で司会を務めた。その後、フリーアナウンサーとして独立。主な出演番組に、『ズームイン!サタデー(ズムサタ)』『ズームイン!SUPER』『モーニングライブ』『情報満載ライブショー モーニングバード』など。

他の記事も読んでみる

菰田正信

旧来の倉庫だと、eコマースヘの対応は難しい。こういった物流施設は足りていないので、需要があります。立地についても産業構造の転換の中で、使わなくなった工場の跡地などを利用できます。新型の物流施設のニーズがどこにあるのか、適した土地がどこにあるかを把握する必要が生じています。


北城恪太郎

7階層あった営業部門を3階層に減らしました。私もそうでしたが、いちいち上の了解をとりながら進むより、自分の責任で走ったほうが早いし、達成感もある。すると社員の意思決定が速くなり組織の中で埋もれていた考える力が芽を出した。ミドルが思い切ったことに挑戦し始め、会社全体の活力になりました。


青木豊彦

社員のモチベーションのバロメーターは、社員が自宅で会社の話をするかどうかだと思います。会社の話をすれば、家族も応援してくれるし、家族の力を借りんと何ができますか?それがモチベーションを上げ、現場力になっていくと思います。


新将命

結果を信じて努力を続ければ、実力は必ずついてくるのに、途中で諦めてしまうのは実力アップを実感できないという理由もあるのではないでしょうか。努力によって実力がついても、それを自覚できるまでにはタイムラグがあります。その間はちょうど階段の踊り場にいるようなものです。諦めずに続けていけば、やがて階段を上る実感を持てる瞬間が必ずやってきます。


山本晶(経済学者)

クチコミを広めるには2つの要素が必要です。雪だるま作りになぞらえると「雪質(クチコミ情報)」と「雪玉(知覚認知率)」です。雪だるまを作るときは、初めに小さな雪玉を作り、それを転がして雪を付着させることで、雪玉を大きくしていきます。大きな雪だるまを効率よく作るには、「雪質」と「最初の雪玉の大きさ」が重要になります。さらさらとして湿度の低い雪は固まりにくいため、雪だるま作りには向きません。また、雪玉が小さすぎると、雪だるまを作るのに時間がかかってしまいます。クチコミが広がるプロセスは、雪だるま作りのプロセスに似ています。雪質が適切で、適度な大きさの雪玉があれば、その情報が消費者の間を駆け巡ることで、新たな消費者の関心をひきつけ、大きなうねりとなっていきます。


若林正恭

M-1グランプリで準優勝して、自分の中で世界が反転しました。それから忙しくなって、仕事と睡眠を繰り返す毎日でキツかったけれど、そうやってたくさん番組に出させてもらったことが財産になっています。いまでも仕事をくれる人って、あの当時に出会った方々が多いですから。


加藤久統

店舗数を増やし、事業の拡大を図るとき、全社で事業への思いを共有しなければなりません。どうしても、会社が拡大すると経営者の目は届かなくなります。そのために、グッドスピードにおける社員の行動規範を記したクレド(信条)をつくるなど、様々な取り組みを行っています。


中原淳

リーダーシップは誰にでも他人事ではない。


大坪清

会計の話として語ると面白くもなんともないのですが、エピソードとして頭に入ると血が通った知恵になる。


伊藤洋之輔

中抜きを排除したことで、業者から中傷を受けることもありますが、全く気にしていません。顧客にとって良い事業を行っていれば必ず報われる。そう信じています。


前澤友作

会社の短期的な数字とか業績とか効率とかを見たら、実力主義にした方がいいのかもしれません。でも、僕がやりたいのは「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を」ってことなので。そういう状況を作るってことから逆算して考えると、いま、実力主義を経営に採用するっていうのは間違っているっていう判断なんですよ。企業が競争すること自体に精を出せば社員も社内で競い合うし、「カッコいい」っていう価値観の多様性なんて生まれるはずもありません。


杉本昌弘

誰も続けていなかった研究だったから、競争相手がいなかった。「いけそうだ」と皆が動いている方向に進んでも競争相手が多いだけ。「ムリ」「ムダ」なんて言われてる分野にこそ、チャンスが隠れています。その分、エネルギーも必要ですけどね。