名言DB

9490 人 / 112001 名言

羽田登喜男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

羽田登喜男のプロフィール

羽田登喜男、はた・ときお。日本の染織家。人間国宝。石川県出身。加賀友禅、京友禅を学んだのち独立して工房を構える。国内外から高い評価を得た。社団法人日本工芸会理事を務めた。

羽田登喜男の名言 一覧

最初から上手な人なんておりません。地味な練習の繰り返しのなかでキラリと光る持ち味を見つけ出し、それを伸ばし育てる。才能なんて言葉に惑わされてはいけません。才能には限りがあるが努力は限りがない。一生懸命に物事に取り組めば必ず誰かが見ているものです。


羽田登喜男の経歴・略歴

羽田登喜男、はた・ときお。日本の染織家。人間国宝。石川県出身。加賀友禅、京友禅を学んだのち独立して工房を構える。国内外から高い評価を得た。社団法人日本工芸会理事を務めた。

他の記事も読んでみる

堀場厚

「これまで誰も思いつかなかった技術を」「世界になかった製品を」と自ら楽しみ、情熱をもってつくられたものには、それが工業製品であっても必ず“味”が出る。そして、その味わいはきちんと受け手に伝わりますし、求めてもいただけます。


河野英太郎

対顧客にも言えることですが、意識的に相手と言葉を揃えることが大切です。つまり、相手の方言を真似ることです。その人の口癖や、その会社で流通する独特な社内用語、業界用語を自分のものにするだけでコミュニケーションは飛躍的に向上し、一体感・連帯感が高まります。


ケン・テリオ

日本での業績は右肩上がりに伸びています。広告は一切していません。すべてクチコミです。高級品の商品を安く提供することで、楽しんでもらえる店舗にしています。そうすれば、お客様がお客様を呼んでくれるのです。


瀧本哲史

生き残るためには、答えが分からないことに挑戦していかなければいけません。部署でも企業でも、既存の組織を横断するような形でリソースや知恵を集めないと解決できないような問題が増えていきます。プロジェクトごとに離合集散を繰り返す、目的志向で集まる集団が必要となっていきます。


富野由悠季

自分と同年齢の人に一番言いたいんです。僕と同年齢の人たちに、気持ちいいよという経験をたくさん持つ人がいっぱい出てきてくれれば、若い人たちもそういう年寄りの人を見て、あ、そうか、と思ってくれるかもしれないから。いま、若い人がどうのこうのって言われている意見で一番危険なのは、それを言っているお前が大人としてちゃんとやっているのか、ってことなんです。そこがすごく気になる。


正力松太郎

最も重要なことは、自分一人で決めることだ。


北島素幸

苦労をしてつらいことに耐えておかなければ、いざ勝負という時にそれだけのことができないんです。ちょっとのずるさで進路は変わってしまうのだから、自分にウソをつかず、自分に負けないようにしなければ。


小倉広

助けてあげたいと思わせる人は、弱みをさらけ出せる人。自分の弱みを素直に認め、「困っているんだけど、どうしたらいいかな」と謙虚に助けを求める。そんな人に対して、周囲の人も素直な姿勢に親近感を抱き、「仕方ないな」と手を差し伸べる。


宗次徳二

たとえば、多くの中小企業で悩んでいる後継者問題ですが、経営が右肩上がりならば、跡を継ぎたいという人は必ず出てきます。どうも先行きが不安だという状況だから、後継者がいないんです。社員教育や待遇の問題、社会貢献をどうするかなど、悩みはたくさんあっても、経営が右肩上がりなら、なにかしらの手立てはある。だから、経営者の最大の役割は、会社を右肩上がりで成長させることです。私は経営者としては能力不足ですから、とにかくそこだけにこだわってやってきたと言えるかもしれません。


鈴木宗男

やる気のない者は言われた通りにしか動かない。うちの秘書を見ても、私が指示したことをちゃんとやる人はいるが、それ以上のことをするかどうかは、その人の将来を大きく左右すると思う。


寺畠正道

様々なプロジェクトに関わってきましたが、1994~98年に買収した英マンチェスタータバコ社の経営に携わった経験が、私の原点とも言えるものです。というのも、そこで手痛い失敗をしたからです。新工場の建設で、私が現地の意見を取り入れて立案した計画は日本の本社に受け入れられず、結局、本社の案を採用しました。その案は高コストになる可能性が見えていたのですが、現地の意見を十分に伝えられず、結局うまくいかず工場を閉鎖しました。当時、私はまだ30歳前後と若く、経験不足で、日本と現地の双方を納得させる計画を作れなかったのです。その教訓は、RJRナビスコの買収に生かすことができました。頭ごなしに指示を出すのではなくて、議論してJTと被買収企業の双方が納得できるソリューションを見いだすことができました。その手法が、現在のJTのグローバル化に生きています。


藤岡頼光

私は『DUOセレクト』を覚えるとき、見出しになっている例文だけひたすら反復して、解説や類語などは読み飛ばしました。あわせて覚えたほうが応用力がつくという意見もありますが、最初の暗記はできるだけ負担を減らすことが大事。頭をできるだけ使わず、身体で覚えるほうが得策。