羽田登喜男の名言

羽田登喜男のプロフィール

羽田登喜男、はた・ときお。日本の染織家。人間国宝。石川県出身。加賀友禅、京友禅を学んだのち独立して工房を構える。国内外から高い評価を得た。社団法人日本工芸会理事を務めた。

羽田登喜男の名言 一覧

最初から上手な人なんておりません。地味な練習の繰り返しのなかでキラリと光る持ち味を見つけ出し、それを伸ばし育てる。才能なんて言葉に惑わされてはいけません。才能には限りがあるが努力は限りがない。一生懸命に物事に取り組めば必ず誰かが見ているものです。


羽田登喜男の経歴・略歴

羽田登喜男、はた・ときお。日本の染織家。人間国宝。石川県出身。加賀友禅、京友禅を学んだのち独立して工房を構える。国内外から高い評価を得た。社団法人日本工芸会理事を務めた。

他の記事も読んでみる

佐藤オオキ

僕は結果的に前倒しで仕事をすることが多いです。その理由は、締め切りに追い詰められるといいアイデアが浮かばないのと、その時のテンションや気分に応じ、やりたい仕事を自由に選びたいから。2週間以内という余裕を持った締め切りであれば、慌てることなく、どの作業でも選べるでしょう。


吉尾弘

山では人にできないことが自分の力でできる。努力さえすれば、それ相応に得られるものがあるのだ。目標とするルートの困難さが大きければ大きいほど、可能性を期待する楽しみも大きい。


内永ゆか子

企業のトップが事業を展開するうえで考えるべきことは、「現状」ではなく「将来」のはず。


大塚周一

我々は有力メーカーを相手にそれなりのシェアを持ってつき合いますが、基本的には特定の企業に依存しない、オープンな販売戦略を取っています。それでも顧客がくしゃみをすることはあります。その場合に備えて、日頃から固定費を下げて経営体力をつけておく努力が重要だと認識しています。


住谷栄之資

いくら話しても伝わらなければ駄目です。しかし、相手や状況によって異なるため、会話の方法に正解はないと思います。すべてはケースバイケースです。ただ、そのなかでも共通して言えることとして「相手のことを念頭に置く」「思っていることを正直に話す」。このふたつはどんな場面でも大事です。


豊田章男(モリゾウ)

トップにはトップにしか分からない苦しみがある。判断と責任を取ることが社長の仕事だ。


大八木成男

母に叱られた記憶はほとんどありませんが、「人様に恥ずかしいことはするな」ということだけは強く言われました。それが今でも私の責任感を支えているのかもしれません。「こうしなさい」「ああしなさい」とは言いません。ただ「恥ずかしくない生き方をしなさい」というのが母の教育でした。


高橋一生(俳優)

意図的に中立な目線で世界を見るようにはしています。ちょっと重心を置く場所を変えるだけで、世界の見え方は変わってしまう。素晴らしい世界とクソみたいな世界、俳優として、どちらを表現することになるかはわからないから、真ん中に立っていたい。常に「清濁ある」状態が、僕にとっていいのではないかと思います。


金美花

お菓子づくりは好きでしたが、あくまで趣味でした。自分は一生、教師でいると思っていました。ケーキ屋さんを開こうと思ったきっかけは2001年に友人4人と行ったヨーロッパ旅行です。高級ブランド店に行けば、いいなと思う商品がたくさんあります。でも値段が値段ですから買うことはできません。そこで、カフェに入り、ケーキを食べて、贅沢な気分に浸る。こんなことを繰り返しているうちに、スイーツが贅沢な気分を運んでくれる。こんな幸せな時間を多くの人に味わってもらえたら、と思ったのです。この想いが起業につながりました。


浦沢直樹

描いているときはものすごくテンション上がっているんですよ。クールじゃ作品なんて描けないですよ。


石ノ森章太郎

生意気なこと言ってんじゃないよ。おまえみたいな無名な役者に壁があるか。壁ってのはな、売れてから言うセリフだよ。俺が何を描いても「仮面ライダーと同じだ」って、言われたら壁だよ。おまえがどんな芝居をしているのか。どんな役をやったら上手いのかを誰が知ってるんだ? 絶対に売れるから。頑張ってやれ。


小宮一慶

私は、松下幸之助さんの『道をひらく』を数ページずつ読むことを20年以上「就寝前の儀式」にしています。本を読んだ回数は100回以上です。だから、何か仕事で悩んだとき、「松下さんなら、どう考えるか」と別の視点で状況を捉えられます。


西多昌規

先送りする自分を責め過ぎないことも心得ておきましょう。「こんなにだらしないのは自分だけ」と思うのは間違いで、先送りグセに悩む人は実は非常に多くいます。自分を責め過ぎるとかえって動きは鈍くなるものです。「皆、同じ苦労をしつつ頑張っている」と思えば、自然と「自分もやろう」という気持ちになれるでしょう。


岩田松雄

日本にはまじめなフォロワー(追随者)たる人材は多いけれど、真の経営者・リーダーが少ない。だからこそ、これまでの経験、ノウハウを惜しみなく提供しながら、真のビジネスリーダーを育てる活動に注力したいと思っています。今、私がこの世に生かされている意味、ミッションをこれからも考え続けたい。


大久保恒夫

小売業で言えば、仕入れと販売というような異なる立場で対立が生じがちです。こういう対立を招く責任は両部門の上に立つ人にあると基本的に思いますが、どちらの部門にしても目的はひとつ、お客様を喜ばせることです。だから、力を合わせなさいと、両部門の上に立つ人が言わなければダメです。


ページの先頭へ