義家弘介(ヤンキー先生)の名言

義家弘介(ヤンキー先生)のプロフィール

義家弘介、よしいえ・ひろゆき。ヤンキー先生の名で知られる教師、政治家。長野県出身。明治学院大学法学部に入学。在学中にオートバイ事故で生死の境をさまようが、恩師の励ましの言葉に感動し、教師を志す。大学卒業後、塾講師を経て母校北星学園余市高校の教師となる。同校生活指導部長、横浜市教育委員会教育委員、東北福祉大学特任講師、内閣官房教育再生会議担当室室長などを務めたのち自民党の参議院議員となる。主な著書に『不良少年の夢』『ヤンキー先生の教育改革』など。

義家弘介(ヤンキー先生)の名言 一覧

まず子供と「自分のなりたい未来予想図は何なの?」という点を話し合うべきです。たとえばリストカットや不登校にしても、どうやってやめさせるかではありません。その行為の原因となったものと向き合うことで解決するかもしれません。それと同じで夢や希望、目的を持たせるためには、夢や希望、目的を持てない原因は何なのかをきっちりと話し合い、子供と一緒にその原因と向き合ってあげることです。


やりたいことが見つからない子供に、私は必ず「いま、君にできることは何?」と聞くことにしています。するとほとんどの子が、「何もできない」と答えます。私はそれに「それはそうだよ。だから学んでるんだろ」と語りかけます。できないで終わるのではなく、できることをどう増やしていくのかが重要です。その先に見えてくるのが職業で、その原点にあるのがどう生きていきたいかという夢なんだと思います。


私の教師経験からすると、落ちこぼれにはふたつのタイプがあります。ひとつは勉強が人よりもできないという意味の落ちこぼれ。もうひとつは豊かな感受性のために集団に溶け込めず学校教育の枠から浮いてしまう「浮きこぼれ」です。


人間の価値は机と黒板の世界でいい成績を残すという、単純で短いタームで判断するものではありません。いまの我が子は、周りや社会と自分とに違いがあることを受け入れ、夢に向かいどう整合性をつけるかトレーニング中だと教え、信じ、励ますことです。


親や教師が、子供と一緒に行く、一緒に頑張る、そのことによって一緒に育つ。これが教育です。その子がいじめで悩んでいるとしましょう。解決のために正解なんてありません。場合によっては、自分が出ていっていじめの加害者と対決しなければならないかもしれない。要は大人が必死になっている姿を見せることで、子供自身に問題解決能力を身につけさせるということです。そういうことをせずに「辛いことは向き合わなくていいよ」と、逃げ場所ばかりを与えているようでは、親も教師も教育者失格だと思います。


大事なことは一方的に「やれ!」と押し付けるのではなく、親や教師が子供と一緒になって頑張ることです。あることで苦しんでいる子が、自分に心の内をすっかり打ち明けてくれたことがありました。しかし、その子の周囲には親やカウンセラーがいます。自分は時々会うだけなのに、なぜ心を開いてくれたのかと問うと、その子はこう言いました。「先生だけは、『一緒に頑張ろう。一緒に行こう』と言ってくれました。周囲の大人は『頑張れよ』とか『もう頑張らなくていいよ』と口当たりのいいことを言いますが、みんな他人事です。周囲の大人は誰も信じられません」と。


自分は「子供たちを真に自由な人間へ成長させること」が教育の目的だと考えています。真の自由とは、自分自身の人生を責任を持って選択していく自由のことです。不良だったころの自分のように、好き勝手をやって自由を謳歌したつもりでいても、高校を追い出され家から勘当されてしまえば、職に就くにしても何にしても、ちゃんとした選択肢なんかどこにもありません。それに気が付いたからこそ、自分は本当の自由を得るために、高校へ通い直し、大学でも勉強に打ち込みました。それを教えるためには、愛情に裏打ちされた強制が必要なのです。


「押し付けはいけない」という教師や親がいます。「子供の自主性を育むために強制ではなく支援すべきだ」というのです。でも、不良だった16歳の自分が「支援」なんてされていたら、もっとひどいことになったと思います。ぐれている子供は「そんなことをしてはダメだ!」と叱ってもらいたいのです。


いまは子供ときちんと向き合えない大人が多すぎます。どれだけ子供に手をかけるかという意味での意識格差が広がっていると思います。


いまは「一流大学から大企業へ入ることが一番」という旧来型の価値観が崩れ、格差社会の底辺にいたはずの者が上に這い上がるチャンスが増えています。だから、そういった中で強く生き抜いていくための力を与え、子供たちの成長に責任を持つことが親や教師の役割だと思います。


最近はみんなが格差、格差と騒いでいますが、格差はいつの時代にもあるものです。自分は子供のころ、母親がいなかったからお母さんのいる友達が羨ましかった。育ったのは長野の田舎で、大きな本屋はない。東京との情報格差を感じました。でも、こういった格差は決定的な問題ではないと思います。


義家弘介(ヤンキー先生)の経歴・略歴

義家弘介、よしいえ・ひろゆき。ヤンキー先生の名で知られる教師、政治家。長野県出身。明治学院大学法学部に入学。在学中にオートバイ事故で生死の境をさまようが、恩師の励ましの言葉に感動し、教師を志す。大学卒業後、塾講師を経て母校北星学園余市高校の教師となる。同校生活指導部長、横浜市教育委員会教育委員、東北福祉大学特任講師、内閣官房教育再生会議担当室室長などを務めたのち自民党の参議院議員となる。主な著書に『不良少年の夢』『ヤンキー先生の教育改革』など。

他の記事も読んでみる

林真理子

以前、一流と言われるホテルに泊まったときに、ひどい目に遭ったことがあるんです。あまりのことに、朝になって「文句言ったれ」と思って、部屋に備え付けてあった苦情カードに書こうと思ったの。でも、「いいや、たぶん、チェックアウトのときに謝ってくれるだろう」と思って書かなかったんですね。ところが謝罪がなくて。私も結局言えなくて、そのままになっちゃったんだけど、以来10年くらい引きずっているの(笑)。そのホテルの「なんとかホテルのおもてなし」とか「心」とかっていう宣伝文句を目にするたびに、「何が心じゃ! おもてなしなんてふざけるな!」と思って腹が立つんです。私はそんなに恨みがましい人間じゃないと思っていたんだけど、なんであのとき言わなかったんだと思うと、今でも悔しい。


安田弘

いまはITの時代。ボタンを押せば知識はいくらでも入ってきます。だからこそ、逆に人間力が問われる時代だと感じています。


川原丈貴

物事を考えるときには、「長期的」「多面的」「根本的」という3つのこと念頭に置くようにしています。


宮本彰

「売れないのでは」と心配しながら開発すると、いつの間にか無難な改良品ばかりになります。着実なニーズをすくい取る方が、新しいモノを生み出すよりも簡単だからです。僕は発想を逆にして「ちょっとでも売れそうならGOだ!」と言っています。


林信秀

今後、ビジネスで勝ち残っていくには、「社員一人ひとりの多様なアイデアによって新しいものを創り出すこと」「失敗を恐れずに挑戦すること」「主体的に働くこと」が必要。


田原総一朗

成功するには、いい意味での鈍感さ、愚直さが必要。私は滋賀県の出身。近江商人の言葉で「運・鈍・根」という言葉があります。不器用にひとつのことを根気よく続ける。愚鈍に見えるかもしれないが、そういう人に運が向いてくる。


藤田晋

周りの声に惑わされることなく、自分の基準に基づいて判断できる人はとても魅力的に見えます。実際、それができる人は、仕事もできます。ネットが普及する前に比べると、現在は周りの声がノイズとしてたくさん入ってくるようになりました。そんな環境下だからこそ、より「自分基準」で判断する力が求められている。


生月誠

真面目な人が考える「適当さ」は、一般の人から見れば、ごくごく普通だったりするもの。「今回はまあこれでいいや」。この思考を身につけてください。それができるようになれば、昇進うつ病は回避できる。


おおたわ史絵

日の光に当たれば自然に目が覚めるように人間の身体はできています。目が覚めたら、カーテンを開ける。そうすれば、脳のなかの時計がリセットされるといわれています。さらに窓を開けて、5分でもいいので日照を浴びれば、すがすがしい朝を迎えることができるでしょう。


茂木友三郎

海外進出時に店頭のデモンストレーション(試食)でしょうゆの味がわかっても、どのような料理に使えばよいのかを伝えるには不十分です。使い方の幅が広がらなければ、売り上げも拡大しません。そこで米国進出時、「しょうゆのレシピ開発をしよう」と、サンフランシスコにある販売会社の中にテストキッチンをつくり、ホームエコノミストの女性を雇って、彼女達にレシピ開発をさせました。ホームエコノミストによって肉料理、魚料理、サラダドレッシング、スープ、その他数限りないほどのレシピが開発されました。


松下正幸

松下電器(現パナソニック)に入って、それなりの部門の経営を任されるようになってからは、年に二回ほど祖父(松下幸之助)に報告にまいりました。私は、「いま、私の部門はこういう状況で、次はこういうことを狙っています」ということを報告するわけですが、そのときにも、報告内容について、「そんなことはするべきではない」とか、「もっとこういうことを考えろ」というような指導は一切ございませんでした。ただ、ひたすらいろんな質問が出てくるのです。たいていの質問には答えられるのですが、なかには私が、「えっ、そんなこと聞くの?」と言いたくなるような思ってもみない質問が出てくることもあるわけです。こちらも一応、その部門の責任者として、あまり知らない知らないと言うわけにもいかないので、多少うろ覚えの数字を言ってみたりするわけです。そういうときは、「こいつ、このあたりは勉強不足だな、よく理解していないな」ということを、祖父は分かったと思うのですけれども、それについて叱られることもなく、そのときはそのときで済むわけです。ところが次に報告にいったとき、また同じ質問が繰り返されます。こちらも、前回答えられなかったところはしっかりと勉強していっていますので、そのときは答えられるわけです。一回目に答えられなかったとき、その場で叱ってしまえば、それまでのこと。そこを、私自身が答えられなかったと自覚し、その部分を勉強して今度は答えられるように仕向けてくれたのです。いわば、みずから気づかせ、悟らせる教育を、祖父はしてくれたのではないかと思っております。


柏木理佳

気をつけなければならないのは、「経験よりも資格が大事」と勘違いすることです。「有利そうだから」といったあいまいな動機で資格を取得していると、かえって邪魔になることだってあります。


高宮敏郎(髙宮敏郎)

社会が大きく変わっていて、やはり知識だけでは答えが出ない時代になっている。


イーロン・マスク

テスラは完全に製造を外部に委託する計画は持っていません。テスラは、商品の企画・設計に特化し、製造を完全に外部に委託するアップルモデルに踏み込むことを考えていません。テスラは、メーカーであることに非常にこだわっており、製造技術の革新も続けていきます。私は個人的に製造業が好きで、それは素晴らしいと思っています。製造業では数多くのイノベーションが実現可能です。


古市幸雄

「自分のために」と考えると、人間はなかなかストイックになれません。「彼女や家族、将来生まれてくる子供のために頑張ろう」と、周囲の人を意識するのもひとつの手です。周囲を意識することで、思わぬ馬力が出るものなのです。


ページの先頭へ