名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

羅怡文の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

羅怡文のプロフィール

羅怡文、ら・いぶん。中国人経営者。「ラオックス」社長。中国・上海出身。上海財経大学卒業、上海第一百貨店勤務を経て来日。中文産業、ラクラクコミュニケーションズ、上海新天地(のちの日本観光免税)などを設立。日本観光免税がラオックスの主要株主になったことを機に社長に就任。そのほか、日本中華総商会副会長、世界華商大会組織委員会副主席などを務めた。

羅怡文の名言 一覧

社長就任当初、厳しい状況が続いていた。だが常に前を向いて経営にあたり、免税品の販売という競争力あるビジネスモデルを確立できた。


家電の販売から始まったラオックスの歴史には誇りを持っているが、売り場で理想とする商品構成比率のイメージはない。あくまでも、お客様のニーズに合わせて変わっていくものだと考えている。


羅怡文の経歴・略歴

羅怡文、ら・いぶん。中国人経営者。「ラオックス」社長。中国・上海出身。上海財経大学卒業、上海第一百貨店勤務を経て来日。中文産業、ラクラクコミュニケーションズ、上海新天地(のちの日本観光免税)などを設立。日本観光免税がラオックスの主要株主になったことを機に社長に就任。そのほか、日本中華総商会副会長、世界華商大会組織委員会副主席などを務めた。

他の記事も読んでみる

早川徳次

良いアイデアの生まれるのは、儲からなくて何とかしようと苦しんでいるときである。だから私は、儲かることをあまり喜んでいない。


宇佐美進典

次世代ベンチャーに伍していくには、スピード感が非常に大切になります。しかし当社の場合、事業規模が大きくなるにつれ、社内で調整という言葉がはびこり、スピードが削れつつありました。そういった背景から、この会社を徐々に事業開発会社という形に変えていきました。「事業をどんどん作っていくことが事業内容」だという考え方です。


北尾吉孝

「志」には二つの要素が必要です。一つは言うまでもなく世のため人のためという強固な意志を持つことで、もう一つは世のため人のため何を為すかという明確なビジョン、及びそれを達成するための戦略が求められるのです。


林耕平

当社は中古車流通において車を売りたい人と買いたい人の間に、中間業者が非常に多く何段階もの流通マージンが発生してしまうことに疑問を感じ、インターネットを活用して中間業者の数を減らしても、車の売買が成立するビジネスモデルを確立しました。既存の中古車流通を手掛ける会社にはできない当社のだけのビジネスモデルと言えるでしょう。


西成活裕

知らない分野の専門書を読むときには、友達と話をするのが大事ですね。専門書をただ読んでいてもわからないときには、その分野を専攻している人に直に話を聞けばすぐに解決することも多いですから。幸い私は東京大学にいたので、まわりには本当にすごいなと思える友達がゴロゴロいました。その問題なら自分は2年か3年は悩んでいたから、それについて困っている人がいたら、コツを伝えてあげたいと思っていたんだ、なんて教えてくれる。ありがたいですよ。


寺田千代乃

女性経営者として「自分が女性だからできなかった」とは絶対に言わない、考えないようにしてきました。昔は銀行に行ってもお金が借りられないことがありましたが、その理由を「私が女性だから」と考えたら、二度と借りに行くことはできません。そうではなく、「銀行がお金を貸してくれるような会社にしよう」と考えを切り替えたのです。むしろ女性だから得をした場面もたくさんありますので、女性経営者だから損をしたとか、男性よりも不利だということはなかったと思いますよ。


常盤文克

社長を務めていたときから、「環境が変わるのだから、自分たちも一緒に変わろう」と言ってきました。もっとも、従来あるものを変えるということには、どうしても抵抗があります。「昨日も上手くいっていたから、明日だって上手くいく」と思いたいのです。しかし、ものごとというのは、変わるからこそ生きているのです。変化こそ、成長・発展の源泉になります。


中埜和英(八代目・中埜又左衛門)

私が結婚した当時、義理の父とよく話す機会がありました。そのときに聞いた彼の家業についての話に影響を受けたのです。江戸時代に藍商人として活躍していた8代目の話です。当時、藍商人は阿波藩(のちの徳島県) と密接なつながりで商売をしていたのですが、その8代目は阿波藩との関係で、ほかの地に行かなくてはならなくなった。そこで琴平(香川県)の酒造会社を買ったそうです。当時としては、リスクを分散しながら、色々なことを考えてやっていたんですね。その話を聞いて、私が思ったのは、資産をどう分散化して、資産から収益を上げていくかということです。


森本智子

バラエティ番組が思いのほか上手くいき、スタッフの方から「バラエティもいいんじゃない」などと褒められて、それまで気づかなかった新たな自分を発見することもあります。バラエティ番組に限らず、様々な仕事に取り組む中で、自分でも気がついていなかった自分の可能性に気づくということは、とても大切なことだと思います。


瀧本哲史

私は人を惹きつけるにはストーリーが重要だと考えています。ビジョンと言ってもいい。国や自治体がひとつのプロジェクトだとすれば、そこに懸けてみたいと思えるようなストーリーが必要だと思うんです。


水越豊

最初から「この数字さえ見ておけばいい」というものはありません。どの数字を見るかはその時々の課題によって変わります。重要なことは「どのように数字を見るか」であり、その前提になるのが「定量化」です。


菅野宏三

定年になれば退職金も入るし、しばらくは妻と旅行したりゴルフをしたりして休もう。仕事のことはそれからだ。そう思っている人も多いでしょう。しかしそれは大間違い。今の再就職事情を考えれば、職歴に空白をつくると「現役感がない」「社会と断絶している」と見なされて、「使いものにならない人」という烙印を押されてしまう。再就職先はまず見つかりません。だからこそ、定年後の再就職のことは早めに考えておく必要があります。