名言DB

9419 人 / 110788 名言

織田幹雄の名言

twitter Facebook はてブ

織田幹雄のプロフィール

織田幹雄、おだ・みきお。日本の陸上選手(走り幅跳び、三段跳び)。アムステルダム・オリンピック三段跳びで優勝し、日本初の金メダリストとなった人物。広島県出身。学生時代から様々な大会で優勝。パリ・オリンピックで入賞(6位)。アムステルダム・オリンピックで日本選手団主将を務め、三段跳びで日本人初の金メダリストとなった。早稲田大学卒業後、朝日新聞社に入社。競技名「トリプルジャンプ(当時はホップ・ステップ・アンド・ジャンプ)」を「三段跳」と訳した人物としても知られている。

織田幹雄の名言 一覧

オリンピックやアジア大会を見ていると日本の選手は体つくりや技術作りはやっていることがわかる。しかしスポーツは勝負であるということを忘れがちだと思うことがしばしばある。陸上競技でいくら記録がよくても、いかに勝負するかを考えて相手に当たらない限り勝機をつかむことはできない。マラソンの記録などはコースに違いがあるのだから、単なる参考記録にすぎないと考えるべきだ。


織田幹雄の経歴・略歴

織田幹雄、おだ・みきお。日本の陸上選手(走り幅跳び、三段跳び)。アムステルダム・オリンピック三段跳びで優勝し、日本初の金メダリストとなった人物。広島県出身。学生時代から様々な大会で優勝。パリ・オリンピックで入賞(6位)。アムステルダム・オリンピックで日本選手団主将を務め、三段跳びで日本人初の金メダリストとなった。早稲田大学卒業後、朝日新聞社に入社。競技名「トリプルジャンプ(当時はホップ・ステップ・アンド・ジャンプ)」を「三段跳」と訳した人物としても知られている。

他の記事も読んでみる

山下勝(経営学者)

得られる情報量から言えばメールは貧弱で、最も豊かなのは直接顔を突き合わせた関係です。情報量が乏しいメール頼みでは十分なマネジメントはできません。メール頼みで部下の人数も増えた結果、ベースとなる上司と部下の人間関係が構築できていないのです。


湯川れい子

私がどんなに会いたいと願っても、向こうが会いたいと思ってくれなければ実現しません。その夢を叶えるには、ものすごいエネルギーがいるんです。若い頃、大好きだったエルビス・プレスリーに会うまでに15年かかりました。


中山雅史

最近思うのは、「あきらめるために頑張る」ということ。この「あきらめる」は「明らかに極める」って意味で使っています。自分が極めたいと思うものがあるから、工夫するし、高い意欲を持ち続けられる。これからもサッカーを極めるために、全力で取り組んでいきたい。


今野敏

キーワードを紙に書いているうちにアイデアに発展することが多いですね。執筆はパソコンですが、ストーリーを練るときは紙にキーワードを書くんです。


清水久三子

課題とは何かといえば、「現状」と「あるべき姿のギャップ」を把握した上で、「あるべき姿」に近づくためにすべきことです。つまり、課題を設定することは、「あるべき姿」へ近づくための問題点をあぶり出す作業と言えるでしょう。


川口能活

サッカーを続けているということだけは全員に共通している。だったらその原点を共通項に気持ちよく接して、いい雰囲気を作っていこうと。サッカーはひとりの力では勝てませんし、仲間との絆がなければ良い結果も出ない。戦ううえで、みんなに同じ方向を向いてもらうことがいかに大切かを痛感する1年でした。


永持孝之進

夢と志を持って、やってやるぞという気炎を上げて頑張ると、周囲からの応援も得られる。


高橋ゆき(髙橋ゆき)

怒りや悲しみといった感情が、人の心を豊かにしてくれる。


牧野正幸

世界が驚くような新しい価値を、イノベーションを創造するような戦略を描き実行しなくては生き残ることは難しい。


ボブ・パーソンズ

昨日のことを思い出して後悔したり、翌日のことを考えて心配したりしても、いい結果にはつながらない。今、楽しく仕事ができているということにフォーカスすることが重要。