名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

織田幹雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

織田幹雄のプロフィール

織田幹雄、おだ・みきお。日本の陸上選手(走り幅跳び、三段跳び)。アムステルダム・オリンピック三段跳びで優勝し、日本初の金メダリストとなった人物。広島県出身。学生時代から様々な大会で優勝。パリ・オリンピックで入賞(6位)。アムステルダム・オリンピックで日本選手団主将を務め、三段跳びで日本人初の金メダリストとなった。早稲田大学卒業後、朝日新聞社に入社。競技名「トリプルジャンプ(当時はホップ・ステップ・アンド・ジャンプ)」を「三段跳」と訳した人物としても知られている。

織田幹雄の名言 一覧

オリンピックやアジア大会を見ていると日本の選手は体つくりや技術作りはやっていることがわかる。しかしスポーツは勝負であるということを忘れがちだと思うことがしばしばある。陸上競技でいくら記録がよくても、いかに勝負するかを考えて相手に当たらない限り勝機をつかむことはできない。マラソンの記録などはコースに違いがあるのだから、単なる参考記録にすぎないと考えるべきだ。


織田幹雄の経歴・略歴

織田幹雄、おだ・みきお。日本の陸上選手(走り幅跳び、三段跳び)。アムステルダム・オリンピック三段跳びで優勝し、日本初の金メダリストとなった人物。広島県出身。学生時代から様々な大会で優勝。パリ・オリンピックで入賞(6位)。アムステルダム・オリンピックで日本選手団主将を務め、三段跳びで日本人初の金メダリストとなった。早稲田大学卒業後、朝日新聞社に入社。競技名「トリプルジャンプ(当時はホップ・ステップ・アンド・ジャンプ)」を「三段跳」と訳した人物としても知られている。

他の記事も読んでみる

石渡美奈

ホッピーは、ある有名な歌手が「苦しい時代を支えてくれた」思いでの飲み物と語ってくれたように、夢を語り合える飲み物、頑張っていた自分を思い出せる飲み物として、昔からファンも多くいたのです。ところが、会社は壊死状態。誰も夢を持って働いていませんでした。築き上げた財産を食いつぶし、いまがよければいいという考えが蔓延していました。


ピーター・リンチ

生涯、投資についてはなんら経験もなく、あるとき、突然のように退職金を受け取って、それを株式市場の注ぎ込むのです。配当と弁当の区別も付かないのに。
【覚書き|ベビーブーマーが退職金を勉強せずに株式市場につぎ込む危険性を忠告した言葉】


木暮太一

「大量のインプットをきちんと整理して生かせるのか?」と思われるかもしれませんが、実は、そこにはコツがあります。本の中で出合った、覚えておきたい箇所にラインを引き、さらにその文をワードに書き出して、キーワードとして頭に留めておくのです。このプロセスを通ると、自分の思考を客観的にたどりつつ、内容を咀嚼できます。覚えていないものは、ないと同じ。読んだ本の知識を確実に吸収したい方にはお勧めの方法です。


蛭子能収

とにかく自分に与えられた仕事を文句を言わずにやることが大事。オレ、テレビの世界で、自分からセールスしたことは一回もないですから。プロデューサーや演出家の言われたとおりにして、「ここはこうした方が……」なんて、一切言わない。だって相手は番組づくりのプロですよ。言われたことをマジメにやる。不平不満を言ってちゃダメですよ。


泉谷直木

極めて泥臭い話かもしれませんが、各国でビジネスをやる場合は、その国のローカルの人たちと心を一つにすることが非常に大事。みんなで現地へ行き、現場を見て、現場の人と一緒にやる。


早河洋

AbemaTVはスタートのアイデアからしても、インターネットの世界だと思っていたので、テレビ朝日のAbemaTV関係のスタッフには「すべて藤田(晋)社長の指示に従うように」徹底させました。ですので、私はAbemaTVの支援会議のようなものを組成してサポートに徹しています。


ウィリアム・ジェームズ

苦しいから逃げるのではない。
逃げるから苦しいのだ。


鎌田實

たんにサービスを手がけるだけでなく、もう少しでもお客さんにしてあげられることはないかと考える。この「もう少しでも」の姿勢が、サプライズにつながるんだと思います。


宇佐美進典

落ち目になってから業態を変えるよりは、まだ売上も伸びていて、メンバーのやる気もあるタイミングで動き始めた方がいい。


塚越寛

会社ごとにそれぞれ固有の事情があったとはいえ、「なぜ不正が起きたのか」を突き詰めて考えると、理由は次の1点に絞られるように感じる。経営者が社員たちに、人としての基準を教えてこなかったことだ。


村井史郎

価格だけを考えると、人件費の安いところでつくるべきで、もしそこの人件費が高くなれば工場を移転する。そういう考えの会社もたくさんあります。でも当社は違います。日本国内もそうですが、海外でも工場を自社所有するとともに、終身雇用を基本としています。会社と従業員が信頼し合えば、取引先も信頼してくれる。そういう人間関係ができれば、価格競争にも巻き込まれなくてすむわけです。


野本弘文

お客様はお金という最も貴重な対価を払って、サービスや商品を買ってくれるのです。そのためにはサービスや商品を選んでいただき、満足していただかなければなりません。その場合、お客様という相手の立場に立ち、その気持ちに添うように動かなければ商売として長続きすることはない。これは時代が変わっても、ビジネスの形態が変わっても商売の本質だと思います。