織田幹雄の名言

織田幹雄のプロフィール

織田幹雄、おだ・みきお。日本の陸上選手(走り幅跳び、三段跳び)。アムステルダム・オリンピック三段跳びで優勝し、日本初の金メダリストとなった人物。広島県出身。学生時代から様々な大会で優勝。パリ・オリンピックで入賞(6位)。アムステルダム・オリンピックで日本選手団主将を務め、三段跳びで日本人初の金メダリストとなった。早稲田大学卒業後、朝日新聞社に入社。競技名「トリプルジャンプ(当時はホップ・ステップ・アンド・ジャンプ)」を「三段跳」と訳した人物としても知られている。

織田幹雄の名言 一覧

オリンピックやアジア大会を見ていると日本の選手は体つくりや技術作りはやっていることがわかる。しかしスポーツは勝負であるということを忘れがちだと思うことがしばしばある。陸上競技でいくら記録がよくても、いかに勝負するかを考えて相手に当たらない限り勝機をつかむことはできない。マラソンの記録などはコースに違いがあるのだから、単なる参考記録にすぎないと考えるべきだ。


織田幹雄の経歴・略歴

織田幹雄、おだ・みきお。日本の陸上選手(走り幅跳び、三段跳び)。アムステルダム・オリンピック三段跳びで優勝し、日本初の金メダリストとなった人物。広島県出身。学生時代から様々な大会で優勝。パリ・オリンピックで入賞(6位)。アムステルダム・オリンピックで日本選手団主将を務め、三段跳びで日本人初の金メダリストとなった。早稲田大学卒業後、朝日新聞社に入社。競技名「トリプルジャンプ(当時はホップ・ステップ・アンド・ジャンプ)」を「三段跳」と訳した人物としても知られている。

他の記事も読んでみる

朝倉千恵子

今の日本で本当に大切なのは、古きよき時代の教えをあらためて見直し、そこから学ぶこと。


陰山英男

海外の人たちが歴史や文化の話題に詳しいのは地理的な背景が大きく関係しています。とくにヨーロッパのように隣国と地続きになっている地域の人たちは、他国に攻め入られ、支配されるリスクを常に背負ってきました。だから自分たちを守るための知恵として、自国はもちろん、他国の歴史や文化を理解する必要性があったのです。一方、日本は島国です。他国に支配される可能性も少なく、自国のなかの価値観だけで生きていくことが可能でした。グローバル化が進んだ現在になって、その差が現われてきたわけです。


長谷川穂積

新人の頃はさほど苦ではなかった減量が、いまは筋肉量も増えて本当にしんどい。でも、俺の知る限り、世界戦で計量に失敗した日本人ボクサーはいない。そこで、「失敗しました」「落とせませんでした」なんて恥はかけないですよ。約束が守れん人間は、人として駄目ですからね。最後は筋肉をそぎ落としてでも、クリアします。それに、減量は自分の中にあるハングリーさを沸き立たせてくれるもの。仮にいま、「減量なしで試合に向かえ」と言われたら、ムリやと思う。


中山讓治(中山譲治)

我々日本人はすごくホモジニアス(均質)です。世界市場に打って出るには、もっと社内のあちこちで違う思想がぶつかり合う会社になることが必要です。


川村隆

会社は機能体でなければならない。機能体のトップは老化した事業を見極めて迅速に畳み、そこで人材と金を作って成長分野に振り向けるのが役目。平均値を追い求めているようではできない。


坂本孝

企業として理念を共有することが重要になります。人のため、仲間のために汗を流すのです。これを何回も繰り返し言うと、次第に伝わっていきます。互いに理念を共有し、お酒を飲み明かし、同じ屋根の下で同じ釜の飯を食うということです。


内藤忍

投資における大事なポイントは「下がったところでやめない」ことです。途中の下げで狼狽売りをしないためには、損失を一定以上に大きくしないことです。そのための手法が分散投資なのです。世界的にマーケットがクラッシュしても資産を分配していれば、なんとか修復できます。


小笹芳央

オフィスは社内外にメッセージを発信する強力なメディアです。そこで、我々の規模や、社会的影響力や、貢献度合いを高めていこうという覚悟を人々に感じてもらう場所だと捉えています。


フランシス・ベーコン

金銭は肥料のようなものであって、ばら撒かなければ役に立たない。


高原豪久

メソッドとは、日本語でいえば「型」です。剣道などの武道には型の稽古がありますが、優れたスポーツ選手は皆、きちんと型を習得しています。型を習得する際に重要なのは、決して型を疑わないこと、自己流を排して徹底的に真似をすることです。世阿弥の言葉に置き換えれば、守破離の守です。師の教え、すなわち型を一切疑わず、徹底的に真似る。これは、学びのスタートにおいて、極めて重要なことです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

避けるべきなのは自分の親の成功体験から学ぶことです。収入と土地の値段が右肩上がりで上がった親の世代の成功体験は参考にならないどころか、そのまま真似するのは危険でさえあります。


松下幸之助

人間には短所がたくさんある。その短所をあげつらって直すよりも、その人の長所を伸ばしてやることのほうが、人間を成長させる。


逸木裕

改稿を重ねるにつれて、曖昧だった理子のキャラクターも固まっていきました。彼女を書ききれたことは、今回の作品(『少女は夜を綴らない』)の大きな収穫だと思います。女子中学生という、自分からはかなり遠いところにいる立場の主人公に寄り添って、「彼女はどんな人なのかな」と書いていく。それがいい経験になりました。


湖中謙介

ファストファッションとオーダースーツは対極の存在かもしれませんが、どちらが正解というものでもありません。むしろ、ファストファッションが定着しているからこそ、服装による自己表現ができるオーダースーツの存在も際立っていると言えるでしょう。


大橋光夫

企業のグローバリゼーションが進展する現在においては、自国企業のみならず、他国企業、他国文化との接触は避けられません。そこで摩擦や軋轢が生じれば、企業は打撃を被ります。合弁や合併、提携においても、内部の異文化との抗争にエネルギーを使ってしまうと、企業は疲弊してしまいます。しかし、異文化とうまく融合できれば効果も大きくなり、有益な多くのものを手に入れることができます。


ページの先頭へ