名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

織田信長の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

織田信長のプロフィール

織田信長、おだ・のぶなが。戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。尾張の守護大名の家老でしかなかった織田家を強大な勢力に育てた人物。天下統一を目前に部下の明智光秀に暗殺される。鉄砲隊の導入、楽市楽座制、南蛮貿易などを行い、自国の発展を一気に推し進めた人物。有能な部下を多数抱えた

織田信長の名言 一覧

臆病者の目には、敵は常に大軍に見える。


およそ勝負は時の運によるもので、計画して勝てるものではない。


功名は武士の本意とはいっても、そのあり方によるものだ。いまその方の功名は軽率な動きである。大将となろうとする者は、そのような功名を願ってはならぬ。身の危ういのをかえりみないのは、それほど手柄と言うことはできない。今後はこの心を忘れるな。


生まれながらに才能のある者は、それを頼んで鍛錬を怠る、自惚れる。しかし、生まれつきの才能がない者は、何とか技術を身につけようと日々努力する。心構えがまるで違う。これが大事だ。


人は心と気を働かすことをもって良しとするものだ。用を言いつけられなかったからといって、そのまま退出するようでは役に立たない。その点、お前は塵に気付いて拾った。なかなか感心である。【覚書き|あるとき信長が、近習たちを呼びつけたのに用事を言わずに退席させた。その中の一人が塵が落ちているのを見つけ、退席するついでに拾った時の発言。言われたことをやるだけでは不十分で、それ以上のことに気を使えという教訓】


俺が見事な弓矢をとることができたのは、皆、平出政秀が諌死(かんし)したからだ。【覚書き|平出政秀は信長の教育係だった人物。奇妙な格好と行動で大うつけと呼ばれていた信長を諌めるため自ら切腹した。以後信長は家の再興と天下統一に邁進する。「見事な弓矢をとる」とは、「武士として成長できたということ」を意味している】


人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり
一度生を享け、滅せぬもののあるべきか
【覚書き|上記は幸若舞の『敦盛』の一節。敦盛は源平合戦での平敦盛と源平方の熊谷直実との一騎打ちを描いた舞曲。信長は同舞曲を好んで歌い舞ったといわれている】


藤吉郎(秀吉)は何が不足なのか。浮気など言語道断です。あんな禿げネズミ、どこをどう探したってあなたのような女性には二度と巡り合えないというのに。しかし、やきもちはいけない。夫の世話をちゃんとして、言いたいことがあっても言わない方がいいでしょう。【覚書き|夫に対する愚痴を信長にぶちまけた秀吉の妻ねね(おね、高台院)に送った手紙より】


お前たち(佐久間信盛親子)は、数年の間ひとかどの働きもなく、未練者であるから、その詳細を人びとに布告する次第である。ことに、信長に対して口答えをするなどとは、前代未聞の振る舞いであるから、この恥をそそいで、どこかの敵を討ち平らげるか、または、討死をするか、二つに一つを今すぐにも実行しないとならば、その罪は、天下に対する信長の面目にかけて、許すことはできぬ。


武道が不甲斐なかったならば、調略でも仕掛け、それでもうまく行かないようであったならば、我々に相談して処理すべきであるのに、5年の間まだ一度も相談もしかけてこないというのは、けしからぬ怠け者である。
【覚書き|茶の湯に熱中しすぎて武士の本分を疎かにしていた部下の佐久間信盛を叱った言葉】


お前たち(佐久間信盛)親子が5年在城の間に、善にも悪にもなんらの働きがないということを、世間で不思議がっているが、自分などもそれに気がついて、なんともいいようのない嫌な気持ちがしている。大坂の石山に頑張っている本願寺門徒を大敵と思って、ことさらに戦いも仕かけず、そうかといって、また、講和しようともせず、ただ、石山と向い合っているお前たちの居城天王寺の砦を堅固に構えて、幾年も日をすごしたならば、相手は武人ならぬ長袖のことであるから、ゆくゆくは信長の威光をもって退去するであろうからと、そう思って手加減をしているのであろうか。しかし、武者の道は、また別段なものであるから、このようなときに、勝負の道理をよく考え、一合戦やったならば、ひとつは信長のために、またひとつにはお前たち親子のために、下々の兵卒どももかえって苦労をまぬがれ、まことに思うようになることであろうに、思い切った分別もつかずにいたことは、未練の振る舞いに相違ない。


備えず構えず、機をはかって応変。すなわち間合いこそ肝要なり。


太刀の下は地獄よ、生死は一定(いちじょう)の定め事、この期(ご)に及び迷い相(あい)なし。


加勢が来ると敵が予測しているところに加勢を出さずに敵に骨を折らせ、加勢が来ないと考えているところに軽く加勢を出すことで戦いを有利に進めることができる。


織田信長の経歴・略歴

織田信長、おだ・のぶなが。戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。尾張の守護大名の家老でしかなかった織田家を強大な勢力に育てた人物。天下統一を目前に部下の明智光秀に暗殺される。鉄砲隊の導入、楽市楽座制、南蛮貿易などを行い、自国の発展を一気に推し進めた人物。有能な部下を多数抱えた

他の記事も読んでみる

イチロー(鈴木一朗)

強いチームというのは、個人があってチームがあると思うんです。個々が持っている力を発揮して、役割をはたして、それが結果としてチームとしての力となる。でも、弱いチームは、個々が持っている力を発揮されない。だから勝てない。「チームのために」という言葉でごまかして個人の力を発揮できないことへの言い訳を探す、そうしたらもっと勝てなくなる。悪循環ですよね。


小野憲史

ニンテンドースイッチの特徴は大きく二つある。一つは可搬性。家庭用ゲーム機でありながら持ち運びが可能で、画面も備えているため戸外でも遊べる。もう一つは、高性能センサーを搭載したコントローラーである。「コップに水を注ぐ」ような微細な触感を伝えられる「HD振動」や、物の形や距離を認識することができる「モーションIRカメラ」が装備され、今までなかった感覚で遊べるようになった。そして、この「今までなかった」体験を提供することこそ、任天堂のお家芸と言える。


山田進太郎

無理だと言われても、挑戦してみたら意外にできることもあります。世界で成功するコツをつかむまでは大変でしょうが、僕らは粘ってみせますよ。


南佳孝

実は僕もこの2~3年、ちょっと萎えていたんだ。けど去年、書こうと思って書きだしたら、また出始めて。不思議なもんだよね。テニスのフェデラーもあれだけの人なのに「勝ちたい気持ちがまた増してきている」んだって。すげえな、このおっちゃんと。諦めたらそこで終わりなわけだから。


酒巻久

会議の場で、自分の提案ではなく、同僚の提案が通ったとします。なぜ上司がその提案を採用したのかを、自分なりに分析してみるんです。上司が心を動かされる提案と、そうでない提案の違いがどこにあるのか。どうしてもわからなければ、上司に聞けばいい。失敗を活かして、次の会議で出席しているメンバーの心を動かす提案をすればいいんです。


宮迫博之

嫁には、よく「働き過ぎや」と言われますよ。多分、働いていることが日常になっているので、休んでいるときが一番困るというんでしょうか。といっても、休まないと身体がもたないですし……。そのバランスをどうとるか? 会社にも「休みくれ」っていうてる割には、変に長い休みがあったりすると、休み明けの手前ぐらいに大風邪ひいたりしますからね(笑)。逆に体調壊して。


林文子

ほんの一瞬のことであっても、人の印象とは人生の積み重ねからにじみ出るものです。いわば、その人の立ち居振る舞いです。それを感じ良くするには、若い頃から積極的に語りかける習慣を身につけておくことが大切です。


竹内一郎

役割を演じればいい。たとえばアメリカ人と接するなら、アメリカ人のロールプレイングゲームに参加すると思えばいいだけです。言い方を変えると、アメリカのビジネス界のコミュニケーションはこうである、というコモンセンスに合わせればいい。


貝原益軒

体気弱く、飲食少なく、家に病多くして、短命ならんと思う人、かえって長生きする人多し。これ弱きをおそれて、つつしむによれり。


田中健介(経営者)

私は若い頃、相場で失敗したことを、肥やしにしています。当時は友人が大儲けしたので、私も闘争心に煽られて、友人と一緒に買ったら、大損しました。それ以降、投機は二度としないと固く誓ったのです。それ以降、転売目当ての投機は絶対に行いませんでした。


鈴木治雄

私は困難にぶつかるたびに、一つの言葉を自分に言い聞かせてきました。「絶えず努力する者は救われる」これはゲーテのファウストに出てくる言葉です。若いときに出会ったこの言葉が経営者としての私と、人間としての私の心の支えでした。「最善の努力をしてみよう。その結果は努力しないよりもはるかに良い結果が得られるはずだ」と。


クリス・ベンハム

変化の激しい昨今、3時間のタイムラグが非常に大きな違いを生む。ビジネスでは未来を見通して準備をすることがとても大事になる。