名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

緒方知行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

緒方知行のプロフィール

緒方知行、おがた・ともゆき。日本の流通ジャーナリスト。早稲田大学卒業後、「商業界」に入社。「販売革新」誌編集長、商業界取締役、編集局長、「商業界」編集長などを経て独立。流通ジャーナリストとして活躍した。

緒方知行の名言 一覧

商売で成功したいなら、とにかく人と会え。本を読め。


緒方知行の経歴・略歴

緒方知行、おがた・ともゆき。日本の流通ジャーナリスト。早稲田大学卒業後、「商業界」に入社。「販売革新」誌編集長、商業界取締役、編集局長、「商業界」編集長などを経て独立。流通ジャーナリストとして活躍した。

他の記事も読んでみる

西田厚聰

企業の成長にスピードとタイミングは必要の条件です。グローバリゼーションとは、日本から世界へ市場が広がったと同時に、日本市場にも世界の企業が参入することを意味します。つまり、グローバリゼーションによって市場の競争原理が導入され、日本の伝統的な組織の動かし方が通用しない時代が到来したということです。


伊藤正裕(起業家)

必ずしも、目標にストレートに進めるとは限りません。というか、ほとんどの場合、まっすぐには進めません。ヨットと一緒ですよね。ヨットは風向きに合わせてジグザグ走行をします。人生も同じで、「家庭を大事にしたい」という人だって、時期によっては家庭よりも仕事を優先しなくてはいけないときもあるでしょう。しかし、目標を見失っているわけではなく、ジグザグを繰り返しながらも、少しずつ目標に近づいているのです。ところがなんとなくヨットに乗ってしまった人は、ジグザグ走行をしているうちに、違う目標があれこれみえてしまう気がします。私の友人にも、「これをやろうと思ったけれども、やっぱりあっちだな」というふうに、頻繁に目標が変わっている人がいます。けれどもこれでは、小さな湾のなかをグルグルと回っているだけで、結局どこにもたどり着けないことになります。


松本晃(経営者)

いま、私はカルビーの社内で「もう一度基本に戻ろう」と言い続けている。手前味噌だが、私が会長兼CEOに就任して以来、当社は業績をかなり伸ばしてきた。売上高は1.8倍、営業利益は6.5倍となった。しかし、ここ2~3年は成長速度が鈍っている。売上高も利益も伸びてはいるが、不安だらけなのだ。なぜ、成長が鈍化しているのか。原因の一つは基本が忘れられようとしていることにあると私は思う。


小暮真久

様々なことをやりながら、自分が本当にやりたいことを見つけ、実現するための力をつける。20代のうちにやっておかなければならないのは、こういうことだと思います。


倉持淳子

目標管理の最大の障害になるのは、「どうせ無理」「そんなことをして何になるの」とささやいて足を引っ張る人です。こういう人の話に耳を貸していると、自分の中の言い訳の虫が反応して行動にブレーキがかかります。このタイプの人に余計なエネルギーを奪われないようにするためには、とにかく数字に集中することが大切です。自分で決めた数値目標だけを見て、それを達成すすることに注力するのです。それによって、目標達成の邪魔をする人たちを視界の外に追いやってしまうのです。


渡辺健太郎(経営者)

チャレンジが特別なことだと思っている限り、いくら頑張ってもきっとうまくいかない。


戸松遥

10代から20代前半は仕事ができればそれでいいという考えで、オフがあれば寝てるという生活でしたけど(笑)、仕事もプライベートも全力で走った方が見識も広がるし、単純に楽しいと思うようになりました。


榊巻亮

なぜ会議が「グダグダ」になってしまうのか。それは「会議が終わったときにどのような状態をつくるべきか」という目的、「会議の終了条件」を決めないまま、会議を開いているから。


本広克行

一番印象に残っているのが、太閤検地の撮影。ある時、ディレクターから「滋賀のほうに、太閤検地で区分された田んぼがまだ残っているらしいから、日帰りで撮ってこい!」と言われて。「太閤検地って画になるのかな……」と思いつつも、カメラクルーと3人で撮りに行ったんです。土砂降りの雨の中、なんとか滋賀の米原の辺りの田んぼで、太閤検地の跡を見つけまして。でも、どうやって撮ったらいいんだろうと試行錯誤しながら、VTRに収めて帰って、先輩に見せたら「おまえ、よくこの角度で撮ってきたな」「さすが、映画学校上がりだね」と褒められたんですね。すごく嬉しくて。「もっと何でも言ってください、撮ってきますよ!」と思えた。そうしたら、きつくてひとつも先が見えないと感じていたADって仕事が、がぜん面白くなっていった。人に頼られるってこんなに気分のいいことなんだなって気づけたんです。


ショーンK

話し下手の人の方が商談向きかもしれません。自分の話はせず、興味深く相手の話に耳を傾ける。適切な質問を挟み、話を途切れさせることなく、ひたすら聞き続ければいい。その結果、本音を引き出すこともできるでしょう。


原田泳幸

事故が起こったとき最もやってはいけないのは、事実を隠蔽することです。もし意図的に隠していたことが表に出れば、会社の信用は地に落ちます。


山本正已

いま社内で言っていることは、「チャレンジ&スピード」です。もともと富士通は、ともかくやってみようという会社でした。もう一度、そのDNAを呼び戻したい。