名言DB

9412 人 / 110637 名言

緒方健介の名言

twitter Facebook はてブ

緒方健介のプロフィール

緒方健介、おがた・けんすけ。岡山県出身。同志社大学経済学部卒業、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科修了。大学卒業後、第一勧業銀行(のちのみずほ銀行)、投資・戦略コンサルティング会社インスパイアなどを経て、投資会社Oakキャピタル取締役などを務めた。著書に『どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術』ほか。

緒方健介の名言 一覧

管理職になったら褒めるマネジメントをしなければならないのだから、肩書のないうちから、人を気持ちよく褒める技術を磨いておくと将来役立ちそうです。


上司は部下を査定し評価します。その内容次第で部下の賃金や将来の可能性も決まってくる。極論すれば、どんな上司でも顧客、言葉は悪いですがメシの種なのです。


内弁慶タイプの上司場合は、その習性を利用して、部下が外部の人に入れ知恵して、自分の提言や企画を代弁してもらうといいでしょう。


上司を、何でも教えてくれる親や学校の教師のように勘違いする人は多いですね。そういう人はつい上司に依存して、何か与えてもらえないと駄々っ子のように反感を持ち、ストレスがたまってしまうのです。


ダメ上司に対しては、忠誠を演じるしかありません。エリートコースを走る上司なら尊敬の対象になりますが、そうでなければ業務時間内はこちらが役者になり切るのです。上司の指示が趣旨とズレていても、とりあえず「Yes, sir!」。本心でなくてもよし。上司の方針や考えを聞いてすぐに反発する部下がいますが、いいアイデアではありません。戦っても、得るものはありませんね。不毛なだけです。


上司の指示を全部鵜呑みすると、心中する羽目になります。大事なのは上司の上司など、上層部とパイプをつくり、確かな情報


実は偉くなるほど「褒め業務」は増えます。その一方、自分は褒めてもらえなくなる。きちんとやって当然となってしまうんですね。上司も人の子です。例えば、自分の決断で仕事がうまくいったら、その貢献度を誰かに認めてほしいわけです。だから、部下はすかさず言うべきです。「○○さん、さすがですね!」と。本当は部下の粘り強い交渉がよかったのかもしれないけれど、その「さすが」の一言を伝えた部下に対して上司は「俺のことをよく見ている」と高く評価し、「いや、君のおかげだよ」と返答するかもしれません。


エリートコースを歩めるのはごく一部の人だけ。逆にいえば、ビジネスマンの多くは非主流派(非主流部署)に属しているといえます。そして、そんな傍流の上司には「ついていってはいけない人」が少なくないのも事実ですね。有能とは言えない上司とともに没落しないようにすること、そして傍流からなんとか抜け出すことが大切です。


緒方健介の経歴・略歴

緒方健介、おがた・けんすけ。岡山県出身。同志社大学経済学部卒業、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科修了。大学卒業後、第一勧業銀行(のちのみずほ銀行)、投資・戦略コンサルティング会社インスパイアなどを経て、投資会社Oakキャピタル取締役などを務めた。著書に『どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術』ほか。

他の記事も読んでみる

三宅裕司

僕は、28歳で劇団スーパー・エキセントリック・シアターを結成し、常に「東京の笑い」を追求してきました。今の若い人達には、面白いものに大阪も東京もないという感覚があるかもしれません。しかし、大阪と東京の笑いには、違いがあって、それぞれの良さがあります。たとえば、大阪は芸人さんの生き様そのものが、みなさん面白い。一方、東京の喜劇人は、ちょっと気取っているというか、かっこ良さと、ずっこけるかっこ悪いバカバカしさの落差で笑いを作り上げていく。


山内溥

アメリカの大きな会社が金でソフトメーカーを囲い込んで同じことをやろうとしているが、うまくいかないだろう。来年にはゲーム機を発売するようだが、再来年の年明けには答えが出ているだろう。


大前研一

私はもう10年ほど前から新聞をとっていない。新聞は一面トップ記事の決め方など、紙面での取り扱い方によっていくらでも重要度や印象が操作されるし、世界中を飛び回っているとしばしば「旧聞」になってしまうからだ。またテレビは、NHKのニュースなど人畜無害で何の役にも立たない。見るならBSでやっているアルジャジーラなど世界の放送局のサマリー(要約)だけで十分だ。


戸塚隆将

TODOを整理するときには、「(1)優先度」「(2)完成に要する時間」の2つの軸で目の前の仕事を分類します。順序としては、まず(1)の優先度の高低で分類した後、(2)の完成に要する時間の長短で整理します。すると、抱えている仕事が4つに分類できますね。すぐやるべき仕事とは、「優先度が高く、完成に要する時間が短い仕事」です。これにすぐ着手して片づけてしまえば、時間的にも気持ち的にも楽になる。だからこそ、「優先度が高く、完成に要する時間が長い仕事」にじっくり取り組めるのです。


泉谷直木

少子高齢化や景気低迷という平均値で物事を語ってはダメで、もっとメッシュを小さくして市場をつぶさに見ていけば、ものすごいチャンスが出てくる。


城繁幸

理解に苦しむ昇進劇は、中小企業はもちろん、大手企業でも見られます。どの会社でもとくに管理職に昇進する際は、仕事の実力以外の部分に大きく左右されるからです。仕事の実力が考慮される割合は10%程度。大きくモノを言うのは、「上司の政治力」なんです。政治力の弱い上司の下にいたら、いくら実績を積んでも、昇進なんて夢のまた夢ということです。


谷口義晴

適正価格を確保しなければ、お客様に納得していただけるような商品は作れません。最高の製品を適正な価格で提供することが、私たちの使命です。


白河桃子

私は「働き方改革」の一環として「時間の質を上げる」ことを提唱していますが、そのためには「自分の仕事に集中できるスペース」が必要です。ある企業で、社員が段ボールで机を囲っているのを見たことがあります(笑)。空間を仕切って個人のスペースを作れるパネルなど、もう少し「集中」に投資してほしい。


アリストテレス

高潔なる人物は恩恵を施すことを好むが、恩恵を施されることを恥じる。人々に恩恵を施す者は、他人より愛されるよりも多く、自分を愛する。孤独を愛する者は野獣、もしくは神である。


森本智子

私は心配性なので、事前にたくさん準備をするほうです。相手と対等に話ができるくらいの知識を持たないと会話になりませんから。相手の思考にすばやく反応できないと、より深い話へ到達することができません。


藤森義明

私ができないと思ったら、部下は絶対に目標達成などできません。自分が信じていないものを部下に納得させることはできないからです。そのまた部下も目標達成ができなくなり、組織はどんどん弱体化していきます。


アリストファネス

賢者は、すべての法が破棄されようとも、破棄される前と同じ生き方をする。


豊田章男(モリゾウ)

私が考えるクルマの味つけには先味、中味、後味の3つの味があります。先味は、そのクルマを見たときにオーラのような衝動を感じて「ああ、乗ってみたいな」という感覚です。見た目のデザインや広報宣伝などの刺激も先味の一種です。中味は、実際に乗って運転した感覚です。たとえば、カーブを曲がるにしても、ドライバーがこっちに曲がりたいなと思う方向に気持ちよく曲がってくれる。まさに快感、快適な乗り心地のよさで、今回発表の新型クラウンの中味はズバリそのものです。後味は、乗り終わったあとも乗り心地のよさの余韻が続き、「もっと乗っていたい、もう一度乗りたい」という感覚です。先味、中味、後味の三拍子揃ったクルマこそが本物のよさにつながります。これは、本物の美味しい料理を食べることと同じです。


寺田親弘

飛び込み営業してみるも、うまくいかずに落胆しているところに、隣の部署の同僚がやってきて、「あの会社のあの人、よく知ってるよ」といって名刺を見せる。前職時代によくあった光景です。社内の誰が誰といつ名刺交換したのかという情報がデータベース化されていれば、このような非効率なことをなくすことができ、ビジネスのチャンスが広がります。


香山リカ(精神科医)

「ほかの人に仕事を振るのはサボっているようで嫌だ」と頑なに仕事を抱え込む人も少なくありません。こうした考え方をする人は要注意です。頑張りすぎて、自分を心身ともに傷つけてしまう危険があります。どうして頑なに自分で仕事を抱え込もうとするのか。それは責任感の強さゆえではなく、根底に不安を抱いているからでしょう。