名言DB

9419 人 / 110788 名言

緒方健介の名言

twitter Facebook はてブ

緒方健介のプロフィール

緒方健介、おがた・けんすけ。岡山県出身。同志社大学経済学部卒業、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科修了。大学卒業後、第一勧業銀行(のちのみずほ銀行)、投資・戦略コンサルティング会社インスパイアなどを経て、投資会社Oakキャピタル取締役などを務めた。著書に『どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術』ほか。

緒方健介の名言 一覧

管理職になったら褒めるマネジメントをしなければならないのだから、肩書のないうちから、人を気持ちよく褒める技術を磨いておくと将来役立ちそうです。


上司は部下を査定し評価します。その内容次第で部下の賃金や将来の可能性も決まってくる。極論すれば、どんな上司でも顧客、言葉は悪いですがメシの種なのです。


内弁慶タイプの上司場合は、その習性を利用して、部下が外部の人に入れ知恵して、自分の提言や企画を代弁してもらうといいでしょう。


上司を、何でも教えてくれる親や学校の教師のように勘違いする人は多いですね。そういう人はつい上司に依存して、何か与えてもらえないと駄々っ子のように反感を持ち、ストレスがたまってしまうのです。


ダメ上司に対しては、忠誠を演じるしかありません。エリートコースを走る上司なら尊敬の対象になりますが、そうでなければ業務時間内はこちらが役者になり切るのです。上司の指示が趣旨とズレていても、とりあえず「Yes, sir!」。本心でなくてもよし。上司の方針や考えを聞いてすぐに反発する部下がいますが、いいアイデアではありません。戦っても、得るものはありませんね。不毛なだけです。


上司の指示を全部鵜呑みすると、心中する羽目になります。大事なのは上司の上司など、上層部とパイプをつくり、確かな情報


実は偉くなるほど「褒め業務」は増えます。その一方、自分は褒めてもらえなくなる。きちんとやって当然となってしまうんですね。上司も人の子です。例えば、自分の決断で仕事がうまくいったら、その貢献度を誰かに認めてほしいわけです。だから、部下はすかさず言うべきです。「○○さん、さすがですね!」と。本当は部下の粘り強い交渉がよかったのかもしれないけれど、その「さすが」の一言を伝えた部下に対して上司は「俺のことをよく見ている」と高く評価し、「いや、君のおかげだよ」と返答するかもしれません。


エリートコースを歩めるのはごく一部の人だけ。逆にいえば、ビジネスマンの多くは非主流派(非主流部署)に属しているといえます。そして、そんな傍流の上司には「ついていってはいけない人」が少なくないのも事実ですね。有能とは言えない上司とともに没落しないようにすること、そして傍流からなんとか抜け出すことが大切です。


緒方健介の経歴・略歴

緒方健介、おがた・けんすけ。岡山県出身。同志社大学経済学部卒業、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科修了。大学卒業後、第一勧業銀行(のちのみずほ銀行)、投資・戦略コンサルティング会社インスパイアなどを経て、投資会社Oakキャピタル取締役などを務めた。著書に『どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術』ほか。

他の記事も読んでみる

新宅祐太郎

テルモはグローバル企業に伍して戦える会社に今、変わろうとしています。いや、変えなければならない。


似鳥昭雄

人間、「褒めて欲しい、褒めて欲しい」と願っているうちが華で、褒められるようになったらおしまいです。いい気になって我流で進むようになったら、必ず失敗します。


石田衣良

効率的に仕事をする工夫はしています。たとえば切り替えです。僕の場合、ほかの原稿に移る際に、この小説はクラシック、この小説はロックと、流す音楽を変えるんです。そうすれば思考も切り替わります。


井筒和幸(映画監督)

まずはいいたいことの1つでも、相手の心に引っかかる部分をつくっておく。「商品の魅力はこの機能です」とかね。あれもいい、ここも魅力ですと多く売り込み過ぎると、逆に伝わりにくいもんです。でも、なにか強く引っかかる部分があれば、人間は他の部分も理解しようという気になる。そこを突破口にして、何回でも売り込む。どの仕事でも心が折れたら、ストップしてしまうからね。


吉川良三

世界市場に臨むにあたって最も重要なことは、意思決定を速くすることである。物事を速く決めて、とにかく先頭を走る。二番手ではダメなのだ。


アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)

8年前と比べると、ダウはもう、別の会社になっています。新しい技術を使って原油価格に依存しない製品を生み出してきたからです。この8年の間に、原油の価格動向にあまり左右されない製品ポートフォリオに作り替えてきた。


所ジョージ

先日、司会を務めたテレビ番組で子供の発明特集をやったんです。たとえば、トイレットペーパーを引っ張ると、その力によって滑車を使った装置が動き出す。どれだけの紙を使ったかの量がひと目でわかる発明品とかね。どれも自由な発想で面白いんですよ。きっと大人は作らないだろうなってシロモノばっかり(笑)。「特許取得はムリだから」とか、「類似商品があるだろうな」とか、頭の中で想像してなんかやりませんよ。でも、子供は一途に集中して取り組むんですね。自分の発想を形にできただけで大満足なんです。私は、その行為がタネになって、いつか花を咲かすと思っています。


森本智子

ニュース番組も人が出て話しているわけですから、アナウンサーの人となりが画面を通じて視聴者に伝わるわけです。それを観て視聴者の方は、番組に興味を抱いたり、親近感を抱いたりすると思うんです。でもそう感じてもらうためには、アナウンサーに人間的な幅というか、魅力がなくてはいけません。その人間としての魅力を磨くために、いまはいろんなことに挑戦して、自分の能力や可能性を開拓しようとしているところなんです。


伊藤隆行

普段から「面白いことはないかな」「あれは何だろうか」と意識を活発にしておくことが、着眼点を磨く近道だと思います。とくに意識を向けたいのが、嫌いな人・相性が悪いと感じる人の言動。そういう人は往々にして、自分にないものを持っているもの。ですから、上手に交流すれば、自分が持っていないアイデアや着眼点が得られるのです。


西澤ロイ

スピーキングに関しては、最初のうちは身の回りのことを英語で表現してみるのがよい方法です。たとえば電車に乗る際に、「I got on a train.」とつぶやいてみる。このとき、「自分でつぶやくだけでは、文法が正しいかどうかわからない」と思うかもしれませんが、ここでは文法の正しさよりも、間違ってもいいので表現してみることに重きを置きます。最初のうちは理想的な正解を求めずに、自分に可能な表現をしてみればいいのです。