名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

緒方健介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

緒方健介のプロフィール

緒方健介、おがた・けんすけ。岡山県出身。同志社大学経済学部卒業、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科修了。大学卒業後、第一勧業銀行(のちのみずほ銀行)、投資・戦略コンサルティング会社インスパイアなどを経て、投資会社Oakキャピタル取締役などを務めた。著書に『どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術』ほか。

緒方健介の名言 一覧

管理職になったら褒めるマネジメントをしなければならないのだから、肩書のないうちから、人を気持ちよく褒める技術を磨いておくと将来役立ちそうです。


上司は部下を査定し評価します。その内容次第で部下の賃金や将来の可能性も決まってくる。極論すれば、どんな上司でも顧客、言葉は悪いですがメシの種なのです。


内弁慶タイプの上司場合は、その習性を利用して、部下が外部の人に入れ知恵して、自分の提言や企画を代弁してもらうといいでしょう。


上司を、何でも教えてくれる親や学校の教師のように勘違いする人は多いですね。そういう人はつい上司に依存して、何か与えてもらえないと駄々っ子のように反感を持ち、ストレスがたまってしまうのです。


ダメ上司に対しては、忠誠を演じるしかありません。エリートコースを走る上司なら尊敬の対象になりますが、そうでなければ業務時間内はこちらが役者になり切るのです。上司の指示が趣旨とズレていても、とりあえず「Yes, sir!」。本心でなくてもよし。上司の方針や考えを聞いてすぐに反発する部下がいますが、いいアイデアではありません。戦っても、得るものはありませんね。不毛なだけです。


上司の指示を全部鵜呑みすると、心中する羽目になります。大事なのは上司の上司など、上層部とパイプをつくり、確かな情報


実は偉くなるほど「褒め業務」は増えます。その一方、自分は褒めてもらえなくなる。きちんとやって当然となってしまうんですね。上司も人の子です。例えば、自分の決断で仕事がうまくいったら、その貢献度を誰かに認めてほしいわけです。だから、部下はすかさず言うべきです。「○○さん、さすがですね!」と。本当は部下の粘り強い交渉がよかったのかもしれないけれど、その「さすが」の一言を伝えた部下に対して上司は「俺のことをよく見ている」と高く評価し、「いや、君のおかげだよ」と返答するかもしれません。


エリートコースを歩めるのはごく一部の人だけ。逆にいえば、ビジネスマンの多くは非主流派(非主流部署)に属しているといえます。そして、そんな傍流の上司には「ついていってはいけない人」が少なくないのも事実ですね。有能とは言えない上司とともに没落しないようにすること、そして傍流からなんとか抜け出すことが大切です。


緒方健介の経歴・略歴

緒方健介、おがた・けんすけ。岡山県出身。同志社大学経済学部卒業、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科修了。大学卒業後、第一勧業銀行(のちのみずほ銀行)、投資・戦略コンサルティング会社インスパイアなどを経て、投資会社Oakキャピタル取締役などを務めた。著書に『どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術』ほか。

他の記事も読んでみる

国分良成

我々の仕事というのは、前面にでるのではなく、陰で支えるような仕事が多いんですね。そこには二つの重要なポイントがあって、一つは組織がきちんとしていること、もう一つは人間性がしっかりしていることです。


岩田松雄

できるだけ二者択一で考えるのではなく、「両方を満たすにはどうすればいいのか」という考え方をする必要があります。


伊藤雅俊(味の素)

海外で活躍している味の素の営業マンは、アジアだけでも3000人います。彼らの営業スタイルは極めて地道です。味の素の営業マンは現地に徹底的に入り込むため、市場のおばさんと話して食べてもらったり、村の集会場を借りて娯楽の会などを開催し、集まってくれた人々に試食をしてもらうといったキャラバンを何百回も繰り返します。完全にネクタイ不要の仕事です。


須田健太郎(経営者)

成人式のあと、中学の同窓会に初めて出席しました。すごくおもしろかったのですが、その晩「あれ、成人式って人生に一度しかない。こんな楽しい日は二度とないのか」と気づいて、はじめてリアルに将来や人生について考えたんです。人間の平均寿命は80年。その間、五感を通じてさまざまなデータを脳みそに溜めていきますが、死ねば脳が腐ってなくなってしまいます。そう考えると、人が生きていることに大して意味はないんだなと。どうせ生きるのなら、地球に爪痕を残せるようなことをしたい。そこで出た答えが起業だったんです。


中沢光昭

会社の仕事は、チームプレーで進めるものです。1人の力だけで成否が決まることなど、めったにありません。ごく一部の例外を除き、個々のビジネスパーソンの能力に大差はありません。仕事のチャンスをつかみ、評価されるのは、周囲から「一緒に働きたい」と思わせる人です。


松本晃(経営者)

ビジネスの世界はすべて約束であり、それは必ず守らなければいけない、そして結果に対しては責任を取らなければいけない。


和田秀樹

最初のチャンスを待っているときから、それに続くチャンスもモノにできるように、十分に勉強や準備をして実力を磨いておかなければ、あきらめずに持っていることでチャンスは必ず訪れるし、そのチャンスを見事にモノにできるはずだ。


大前研一

太平洋戦争を例にとるまでもなく、日本人は変なところで楽観的で、将来に対しての見通しが甘いところがある。そして表面の現象だけ見て一喜一憂する。


土井英司

収入が高い人は、社会をリアルに理解するために専門書を読んでいます。現実を知って正しい努力をすれば結果はついてくると考えているからです。


加地倫三

テレビ界に入ってくる新人によくいうのは、「人の企画をパクるな」ということ。パクリって、癖になると本当にまずいんです。脳というのは使わないと、どんどん退化していきますから。


酒巻久

課長職の人は、それぞれが豊富な経験をもっています。それゆえに、若い部下からの提案を自分の判断で却下してしまいがちです。もちろん、部下からの提案のなかには稚拙なものもあるでしょう。ダメ出しをするほうがラクでしょう。でも、それではチームのなかから新しいものが何も生まれてこない。だから、弊社では課長職に部下の提案を却下する権限を与えていないのです。その代わり、課長の責任を問うこともしません。


安田隆夫

「禍」の風の強さだけ考えて嘆いてもしょうがない。「これは次の大きな福の風が吹く予兆なんだ」くらいに思わなければ。