緑川洋一の名言

緑川洋一のプロフィール

緑川洋一、みどりかわ・よういち。日本の写真家、歯科医。大正時代、岡山県出身。日本大学専門部歯科医学校在学中、カメラと出会い写真撮影を開始。歯科医師試験に合格し、東京の総合病院に勤務したのち、岡山に横山歯科医院を開業。歯科医師のかたわら、緑川洋一の名で写真家として活動を開始。郷里の瀬戸内海の写真を撮り続けた。

緑川洋一の名言 一覧

作家は真空の中では育たない。よい土壌、つまりいい友達、よく話し合える人たちが周囲にいないと育たないよ。なにもない無の世界で育つ作家がいたらそれは天才だ。


緑川洋一の経歴・略歴

緑川洋一、みどりかわ・よういち。日本の写真家、歯科医。大正時代、岡山県出身。日本大学専門部歯科医学校在学中、カメラと出会い写真撮影を開始。歯科医師試験に合格し、東京の総合病院に勤務したのち、岡山に横山歯科医院を開業。歯科医師のかたわら、緑川洋一の名で写真家として活動を開始。郷里の瀬戸内海の写真を撮り続けた。

他の記事も読んでみる

古賀伸明

信頼と共感は一朝一夕で培うことはできません。重要なのが対話やコミュニケーションです。多様な価値観の調整に向け、対話を根気強く繰り返すことでベクトルを合わせていく。


小川仁志

真の教養とは、単なる知識を言うのではなく、自分の頭でしっかりと物事を考えることを指しているのではないでしょうか。単にクイズが得意なだけの人を、教養があるとは言いません。それよりもむしろ、ある事柄について、深い考えを示すことのできる人を、私たちは教養人と呼ぶのだと思います。


鷲田小彌太

何か一つ仕事をやると、またもう少しやりたくなる。軽い仕事をしたら、本格的なこともやりたくなる。慣れた仕事の合間に、長いものを書きたくなる。そういう振り幅があると、ずっと続けられるもんです。


中畑清

「監督」という職業にありがちな選手との距離感を詰めることを一番に考えた。堅い雰囲気を払拭したい。プロは実力主義のシビアな世界だけれど、チームは家族でもある。その柱になりたかった。


小宮一慶

大事なことは、「情報通」と呼ばれるほど情報を持っている人が優れた人だと限らないことです。情報をたくさん持っていても、それで物事がよく見えるというわけではないからです。情報があっても、それを深く解釈できているかどうか、それを使える思考力があるかどうかです。きちんと理解ができていれば、ほかのものと関連付けて話すことができるはずです。


松山淳(コンサルタント)

自分は大学からラグビーを始めた初心者なので、初心者がキャプテンに指名されるとは思いませんでした。でもラグビーの実力では勝負できないからこそ、おバカでスキだらけの自分のキャラを、武器にしていこうと思えた。開き直って素のバカな自分をそのまま出したら、かえってチームがまとまって部の歴史に残る戦績になった。


天坊昭彦

周囲の雰囲気に流されると、気づかぬうちに物事の本質が見えなくなる。「歴史観」を失っていないか、常に自問しています。


金昇浩(キム・スンホ)

薬も、一般の品物も一緒ですが、クオリティーが大切なのです。その次にくるのがマーケティングです。いくら我々が頑張ったって、売る商品が良くなければ何も始まりません。商品そのものがいいことがベースにあるわけです。


北沢利文

国内の人口減少に伴い、保険市場も縮小すると言われて久しいですが、私はそうは思いません。新しい技術やビジネスが普及すれば、新しいリスクも見つかり、それをカバーする新しい保険の需要が生まれるからです。


佐藤可士和

うまくいった仕事を振り返ってみると、「あの打ち合わせの5分が決め手だった」と気づくことがあります。それが「小さな奇跡」です。物事が決まっていく過程にはいろんな奇跡的要因が重なっています。どんな会社もプロジェクトも商品も「その場にどんな人がいて何を言ったか」の集積でできあがっているのです。


横田南嶺

お釈迦様の最期も、沙羅双樹(さらそうじゅ)があったとか、時ならぬ花が咲いたとか、後の人が美しく書き残しましたが、おそらく旅先で苦しみながら亡くなったのではないでしょうか。三代前の管長であった朝比奈宗源老師が「死ぬ時までカッコつけるな」とおっしゃいました。死はどういうものかを考えても、答えが出るものではありません。それを見つめ続け、坐禅をし続けて、最後にバタンと逝く。こういうものではないかと思います。頭で考えて死に対抗しようとしても、それは無駄でしょうね。


江上剛

会議は極力少なく、短く。時間を区切ることも大切です。


久保正行

たとえば「刑法犯の検挙率は80%」と報告されると、何となく成果があったように感じますが、そこで納得するのはセミプロ。一言で検挙といっても、刑事が捕まえたのか、市民が捕まえたのか、それとも自首してきたかで話は全然違ってきます。企業においても、売り上げや利益を報告された際、何を根拠にした数字なのかを確認し、数字の内容と重みに考えを巡らさなければなりません。


稲盛和夫

売上の10%くらいは税引前利益がなければ事業とはいえない。


井伊直政

逃すべきでない敵と見たならば、敵がいると答えるよりも早く、相手に討ちかかるべき。


ページの先頭へ