名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

綾小路翔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

綾小路翔のプロフィール

綾小路翔、あやのこうじ・しょう。日本の歌手。千葉県出身。ロックバンド「氣志團」を結成。同バンドのメインボーカルとして活躍。

綾小路翔の名言 一覧

メーンディッシュに憧れたこともあった氣志團だけれど、今はどんな素材とも相性がよく、数多くの調理法がある「ニンニク」でいようと。人生、誰しも上ばかり向いてはいられないけど、下を向いたらいつだって俺たちがいる。辛いことや嫌なことがあったら氣志團のライブに行こう、そう思ってもらえたら最高です。


氣志團は今年で結成20周年。思えば遠くへ来ましたね。もっと音楽性で認められたいとか、伝説になりたいとか、それなりに葛藤もありました。でもここ数年は、各界のトップをお招きして主催するロックフェス「氣志團万博」が楽しい。素晴らしい音楽でお客さんの笑顔が見られたら幸せで、自分たちが主役でなくても、どんな立ち位置でも全然構わないんです。


綾小路翔の経歴・略歴

綾小路翔、あやのこうじ・しょう。日本の歌手。千葉県出身。ロックバンド「氣志團」を結成。同バンドのメインボーカルとして活躍。

他の記事も読んでみる

出雲充

この後も失敗をたくさんするかもしれない。しかし、何回失敗しても諦めない。諦めたら、本当に無駄になる。今、経営規模も大きくなってきましたが、やることは変わらない。絶対に諦めない。この精神で臨みます。


宇野康秀

結局は何を大事にして、何を残すかを決めることが重要。


カリン・ドラガン

統合当初から、40代の中間管理職300人を中心に、社員に「将来どういった会社であってほしいか」を尋ねました。ビジョンを共に作り、各社員が自分の関与を意識することがとても重要です。


奥正之

会議では資料の一項目に問題点、議論のポイント、結論をまとめます。子細な資料作りで無駄な時間を使う必要はありません。進行でも私自身がファシリテーター(司会進行)役です。議論に深く入り込むと、ときには目線がどんどん下がり、視野が狭くなっていきます。そんなときあえて横串を入れたり、目線をあげさせて経営陣としての議論に戻させたりします。また、「君、何か言いたいことがあるのでは」とあえて水を向けることもあります。


松重豊

ついこの間まで、ドラマ『バイプレイヤーズ』という作品に出演させていただいていたのですが、10~15年くらい前からバイプレイヤー(脇役)として活躍してきた同世代の俳優が集結する、とても楽しい仕事でした。10~15年前はちょうどみな40代くらい。今もみな最前線で頑張っていますが、それはやはり、40代の頃の頑張りがあったからだと思います。


上野和典

「これをやろう!」と決断したときにすぐに投資しないと他社に持って行かれます。資金的には常に余裕がある状態を保っておきます。


馬渡晃

経営理念は、失敗して弱気になったとき、いままでのやり方が間違っていたのかなと迷ったときの「道しるべ」になります。また、それを従業員や家族と共有しておけば、ひとりで悩みを抱え込まず、アドバイスや意見を求めることもできるでしょう。起業には、周囲の家族の理解と支えが必要不可欠です。


日野晃博

最も大切なことは、クリエイターが自ら作り上げたゲームを「自分の作品である」と実感できる仕組みを整えること。


ジム・ローウェン

我々の技術と企業文化、ビジョンをもってすれば、成功すると信じている。しかも、我々には今や時代遅れの巨大なディーゼルエンジン工場といった遺産は何もない。それらを維持しようと思ったら、とてつもないコストだ。一方、我々は電池やモーター、そして独自の製品を市場に投入することに完全に専念できる。既にEVの開発に数百人のエンジニアが関わっている。歩みは順調だ。


相澤賢二

客様の値引要求に対して「いや、できません」と、いきなりNOといったら気分を害しますよね。そこで私は、「わかりました」とまず受けたうえで、「その代わり、こういう条件を受けていただけますか」と提案するようにしていました。たとえば、法外な値引き要求に対しては、「わかりました。その代わり3台買っていただけますか」と返すわけです(笑)。すると、「こいつなかなか面白いな」と思ってもらえる。商談というのは利益を確保するための条件の取り合いであり、ゲームなんです。だから本来は、お互いに楽しいものなんですよ。ところが、お客さんの要求を一方的に聞くだけで、自分の条件をいわないから、嫌になってしまうんです。


山内孝

2005年ごろになるとマツダがどう輝くかを考えるようになった。マツダは年間1000万台売れる企業にはなれないし、なるつもりもない。それでも存在感を持つには、技術と顧客満足度を追求するしかない。


日高利美(日髙利美)

姿勢や表情、声のトーンやスピードは、言葉以上に雄弁。そこまで気を配れてこそ一流。