名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

紺野登の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

紺野登のプロフィール

紺野登、こんの・のぼる。早稲田大学理工学部卒業建築学科卒業。博報堂マーケティング・ディレクターなどを経てKIRO(知識イノベーション研究所)代表、多摩大学大学院教授などを務めた。

紺野登の名言 一覧

顧客にとって本当に良いものを作るために、いろいろな可能性を早く試すことを優先すべきだ。


紺野登の経歴・略歴

紺野登、こんの・のぼる。早稲田大学理工学部卒業建築学科卒業。博報堂マーケティング・ディレクターなどを経てKIRO(知識イノベーション研究所)代表、多摩大学大学院教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

楠木建

追い風がやんだら前に進まず逆風で沈む恐れのある帆船より、規模は小さくても、強力なエンジンを積み、逆風でも前に突き進むクルーザーの方に、私は投資する。


岩井俊憲

「一年の計」として手帳に書いていたとしても、せいぜい2カ月くらいで効力を失い、空中分解してしまうという経験はないでしょうか。それは、ほとんどの人が、目標設定のプロセスに「何のために」の問いに対する回答である「目的」を持たないまま取り組んでいるからです。


棚橋弘至

プロレスラーはプロレスを通して、生き様を見せているんですよね。人生って攻めるときもあれば、やられるときもあるし、勝つときも、負けるときもある。お客さんは、プロレスラーの見せるものを、自分の生活に置き換える。そして、最後まで諦めないプロレスラーを見て「今日はダメだったけれど、自分も明日はもうちょっとできるかもしれない」と、元気になるのだと思う。


古森重隆

人間は神ではないけれど、経営者になったとき神でありたいと思った。神のように間違えないでものごとが判断できれば、どんなに楽だろうと。


佐野健一

海外の通信会社とのやり取りには言葉の壁もありましたが、日本でお付き合いしている大手通信会社と、通信のロジックに関しては共通でした。「日本企業」であることに加え、当社がソフトバンクさんのトップディストリビュータークラスの会社ということで興味や安心感を持っていただけたことなどもあって、実現に近づいていきました。既存事業で積み上げてきたことが奏功した形です。


枡野俊明

仕事で失敗したという事実は、いくら悔やんでも、引きずっても変えようがありません。まずその事実を素直に受け入れて、原因を自分なりに明らかにすることが次の成果につながる。


岡田充弘(経営者)

求められるリーダー像は、チームが置かれている状況や部下の性格によって変わってきます。ワークスタイルや若手社員への仕事への意識が大きく変化している現在、求められるリーダー像はひとつではありません。ぐいぐい引っ張る上司ではなく、後ろから頑張ってこいとポンと背中を押してあげるようなリーダーをあなたの部下は求めているかも知れません。まずは自分が「リーダーとはこうあるべき」というこだわりを捨てることが必要です。


小川善美

創業期には事業アイデアや営業力など、プレイングマネジャーみたいなところが必要なので、そういう資質のある人は、そのステージの会社に望ましいと言えるでしょう。また、ある程度会社も事業も形ができてきて、社員数も増えてくると、今度はその人間たちを組織としてマネージメントして動かしていくという、また別の資質も必要になってくると思います。


石川康晴

私自身がクロスカンパニーという会社の中でやってきたことを捨て去りたかったのです。最終的にはその想いが背中を押した。
【覚え書き|社名変更について】


伊藤瞭介

得意分野だけでは目指す規模に達しないという理由で、多角化を進めてしまう。こうなったら、専業メーカーの強みは失われてしまいます。


大屋晋三

卒業当時の私は相変わらずチビで、色の白く弱々しい吹けば飛ぶような少年だった。大して運動もせず、乱暴はもとよりせず、勉強だけは熱心にする平凡な少年だった。しかし表を一枚むくと心の中は、父の極貧による辛酸にもまれて、これに対し反発に反発を重ねて、必ず偉いものになってこの貧乏を克服してみせるぞと、心中の内部燃焼は実に激しいものだった。


小山薫堂

学生たちには、僕は窓なんだと言っています。僕という窓を通して、社会から何かをつかんでほしい。そのために僕を利用してほしいのです。