名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

細田収の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

細田収のプロフィール

細田収、ほそだ・おさむ。日本の営業戦略プロデューサー。埼玉県出身。早稲田大学卒業後、住友不動産に入社。マンション開発事業に携わったのち、東京海上日動あんしん生命にヘッドハンティングされる。1年目は新人賞を獲得するも、2年目から売れなくなり真剣にセールスについて学び始める。その後、好成績を挙げ、マネージャー職を経て独立。セールスパーソン育成を行った。著書に『見込み客が勝手に増え続ける仕組み』ほか。

細田収の名言 一覧

いかなるときも常に「聞く姿勢」を最優先させることこそ、信頼関係構築のポイントです。


経営者にとっては、自分自身も商品です。周囲に自分の人柄や夢を伝えれば、その分、「あなたから買いたい!」と言ってくれる人を増やせます。営業が苦手でも、決して人任せにしてはだめ。特に独立して問もない時期は、営業力を磨いて自らお客さまを開拓すべきです。


集客して販売する力がなければ、商品が優れていることも伝えられません。それなのに、営業力の大切さに気づいている起業家は、恐らく半分以下だと感じます。


いくらニーズを知りたいからといって、尋問調でずけずけ聞いては台無しです。むしろ、相手が自然と話したくなるような雰囲気を作りたい。雑談などを通じて相手の趣味や関心事を知り、そこをきっかけに会話のキャッチボールをすればいいでしょう。


営業未経験者は最後の一押し=クロージングが苦手という人が多い。きっと、決断を迫ったら煙たがられ、顧客に逃げられるのではないかと考えるからでしょう。でも、それは杞憂です。目の前のお客さまがこちらに関心を持っていれば、クロージングに嫌悪感を持たれる危険性は小さいのです。ぜひ、お客さまの背中をしっかりと押し、商談を締めくくりましょう。


商品の利点をわかりやすく説明できたり、好感を持たれる話し方が身についていれば確かに有利です。ただ、それは営業力の一要素にすぎません。もし、相手の話を聞かず、自分の都合ばかりを話していたら、どんなに話し上手な人でもうまく営業できないでしょう。逆に、相手が潜在的に欲していることを上手に引き出したり、ニーズに合った商品を提案できれば、話し下手でも十分にカバーできます。


取引先を訪ねたら、受付やオフィスなどをじっくり観察しましょう。きっと、野球大会のトロフィー、社訓が書かれた額、新製品のポスターなどが見つかるはずです。これらから、経営者や相手企業の関心事やニーズを見抜くことが可能。また、相手を和ませるための話題作りにも、大いに役立つはずです。


メルマガやフェイスブックで宣伝ばかりするのは感心しません。読者から反発を食らい、かえって逆効果になるからです。自社商品の宣伝などはせいぜい3割にとどめ、残りは雑談やお役立ち情報を発信しましょう。また、ツイッターは柔らかめ、企業サイトは堅めなど、場に合わせて文章のトーンを変えることも大事です。


メルマガの開封率は1割以下とされています。だから、中身を「凝った内容」にする必要はありません。むしろタイトルで興味を引き、「彼は○○の専門家なんだな」と継続的に印象づけられれば十分でしょう。


悩み相談をされることがあるかもしれません。そのときには長々とアドバイスをするのは禁物。こちらがその場で思いついたアイデアなど、相手にとっては「もう検討済み」である確率が高いからです。ここは、「あなたはどうしたい?」と聞いて、相手に考えさせ、答えさせること。これだけで、「親身になってくれた」という印象になるのです。


人は誰しも、自分に関心を持って接してくれる人に好感を持つもの。「あなたに関心を持っています」という姿勢を持つことが必要です。そのうえで、それを相手にきちんと伝えること。これが本当の意味での外づら力です。


細田収の経歴・略歴

細田収、ほそだ・おさむ。日本の営業戦略プロデューサー。埼玉県出身。早稲田大学卒業後、住友不動産に入社。マンション開発事業に携わったのち、東京海上日動あんしん生命にヘッドハンティングされる。1年目は新人賞を獲得するも、2年目から売れなくなり真剣にセールスについて学び始める。その後、好成績を挙げ、マネージャー職を経て独立。セールスパーソン育成を行った。著書に『見込み客が勝手に増え続ける仕組み』ほか。

他の記事も読んでみる

岡崎慎司

足元を見つめて、目の前のことに集中する。「今を生きる」という感じで、コツコツと積み重ねていくのが僕のスタイル。最初から「自分は弱い」というスタンスで臨み、自分が今やれることをやる方が力を出せる。


大久保恒夫

私の経験上、ディスカウントをして売上が伸びたことはありません。価格を下げると確かに一時的には売上は上がります。値下げすると、その直後は売れます。しかし、数量はそのうち元に戻り、売上は下がっていくのです。要は将来の売上を先食いしただけで、ディスカウントで需要拡大はできないのです。


柳弘之

モノ創りはお客様への価値に直接関与することです。お客様の価値は現場でしか創れません。従ってモノ創りで大事なのは現場主義です。


加来耕三

歴史小説を読むときには、腰をじっくりと落ち着けて、登場人物になったつもりで「自分ならどうするか」と意識しながら読んでほしい。簡単なことではない。だが、そこで得られた気づきがきっかけになって、日常生活の自分の行動に変化が出ればしめたものだ。


西野精治

24時間営業のコンビニや飲食店、街のネオンでまるで不夜城。「眠らない」街は、「眠れない」日本人を多く生み出している。大人の睡眠時間減少に引きずられ、子供の睡眠時間も減っています。満員電車はイライラとキレる大人であふれ、学校では情緒不安定や居眠りし続ける子が増えている。うつ病や不登校などの問題も、睡眠と無関係ではありません。


藤田恭嗣

内定者研修の2日目には必ず私の生家に社員を招いて、皆で母の手料理を振る舞います。すると社員も影響を受けて、親に手紙を書き始める人もいます。親孝行しなさいと強制してはいけません。私はこうなんだと背中を見せるだけです。なぜ親を大切にするかといったら、家族を大切に出来ない人が社員や仲間、地域の人を大切に出来るとは思いません。恥ずかしがらずに実践して見せることが一番ですね。


千眼美子(清水富美加)

私にとって大事なものも、誰かにとってはどうでもいいものかもしれないけれど、それはそれで全然いい。そこから「自分だったらどうだろう」ってちょっとでも想像してもらえたら嬉しい。


岡本行夫

有史以来、何千年もかかって最初に10億人に達したのが1800年。20億人になったのが130年後の1930年。30億人になったのが60年。40億人になったのが75年。さらに50億人になったのが87年。これに伴い、市場も幾何級数的に変わってきました。そうなると、一番大事なのはスピードです。シリコンバレーでは1日2日で返事が来ることが、日本では早くて1、2か月かかる。


坂本幸雄

その上司は、僕の2年間の在米中、一度も声を荒げたことがなく、常に褒めてくれました。僕が何か判断すると、これはいいねえ、君じゃなければできないね、と。そう言われると人間って、すごく頑張るんです。
【覚書き|テキサス・インスツルメンツの米国本社勤務をしていたときのアメリカ人上司について語った言葉】


岡本和久

国や勤務先は老後まで面倒を見てくれない。将来の自分を支えられるのは現在の自分だけだ。


佐々木常夫

出世はしないよりしたほうが良いに決まっています。課長より部長、部長より取締役、取締役よりも社長のほうが面白いに決まっているんです。だって、社長になれば、誰もが自分の命令を聞いて、誰よりも高い給料がもらえるんですよ。こんなに良い仕事は他にないでしょう。


伊佐山元

アメリカ人はみんなリスクを取ってすごいといわれますが、向こうは失敗してもすぐ再トライできる環境があります。